やまけんの作家情報

基本情報

やまけんの写真
ぬし
作家ID 2
投稿数 0
★の数 0
活動度 4285
ぱろしょ管理人(システム担当)です。昔は小説を書いていましたが最近はさっぱりです。

もらった星の数 (0)

新作小説

人気小説

ついたコメント (0)

    表示できるコメントはありません。

つけたコメント (67)

やまけんの日記

2009年3月14日 10年とか
10年前と言えばインターネットとやらがようやくはやり始めていた頃の話です。管理人はまだ高校生(!)。北関東の片田舎で1時間くらいかけてチャリンコ漕いで学校に通っていたあの頃からもう10年も経ってしまったのか! と驚きを禁じ得えませんが、まあふと振り返れば飯の種は自分で稼ぐようになりましたし、なんか結婚もしてあれよあれよと言ううちに子供まで産まれちゃったりしてますから、大人どころか親と呼ばれる存在になってしまっている自分がいたりするわけで、これはこれで驚きを禁じ得ません。

のでまあ10年。どうやら本当に10年経ったみたいですね。うーん。感慨深いです。

そろそろぱろしょとは違う別の何かを始めてみようかな、とかそんなことを考えたりしますが、とりあえず泣いて乳飲んでウンコして寝ることしかできない小さいのがせめて自分で尻を拭けるようになるくらいまでは自分の時間などとれそうにないのでした。
2008年8月26日 庭には二羽鶏がいる
今週は夏休みなので、会社に行く必要がないのです。社会的な束縛から解放されたことにより、生来の自堕落な性格がここぞとばかりに前面に現れ、土・日・月とものすごい勢いでまったりだらだらしてしまったのでした。貴重な夏休みが無為に消費されていく恐怖に尻を突かれたので今日はぱろしょの管理作業などに手をつけてみたのですが、ちょっとの修正のつもりが予想外に時間をとられてしまい、気がつけば新聞配達のカブがうなりを上げる午前3時過ぎと相成りました。夜更かしと夜更かしからくる昼夜逆転生活は望むところではありませんが、一度気分が乗ったら途中下車は御法度なのです。なにしろ私は元来自堕落で、カブと違ってエンジンがかかるまでにはたいそう時間がかかるのですから。

というわけで水木金は京都旅行に行ってきます。主に庭園巡りです。枯山水に雨が降って水たまりができたらそれは枯山水と呼べるのでしょうか。坊主と問答してこようと思います。
2007年8月30日 一人コメント祭りその1
ふと思い立って、コメントをつけまくってみました。
だいぶ長いこと放置していたせいで、まだ7〜8月分しか読めていませんけど。

とりあえずコメントつけた小説を振り返って見ると、
・最後まで読む気力がわくように、冒頭で物語に引き込んでくれるか
・何らかの感情を持たせてくれるか(おもしろい、悲しい、腹立たしい等々)
・目を引く文章表現があるか(あ〜、こいつはうまいなぁ、やられた、的な)
あたりにひっかかると軒並みコメントしてるなぁ、と。

とりあえず蒼さんの「公園のベンチ」はもっと評価されるべき(とはいえ現時点ですでに満点ですが)。登場人物の嫁は弓射りさんの企画「ムカつくキャラクター」に是非ノミネートすべき。

明日以降、気が向いたら6月より前のもコメントつけていきたい(願望)
2007年8月5日 ぱろしょの日
今日は久々に時間がとれたのでぱろしょの日。
一気に作業を進めたい。

>ひかるさん
広辞苑以外で持ってて損のない国語辞典といえば新明解国語辞典じゃなかろうか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/新明解国語辞典

あとはWeblioで。
http://www.weblio.jp/
2007年7月21日 生きてますよ、と。
顔を出さなすぎて存在が希薄になっているやまけんです。こんにちは。

このサイトがビビンバ吉田とやまけんの個人的な小説公開サイトから、読者参加型の小説投稿サイトへと形を変えてから早6年。いい加減次の段階へ進む頃……ということでいろいろアイディアを絞り出している今日この頃です。

だいたいの方向性は決まって、いま少しずつ歩き始めているところですが、遅々としてなかなか進んでいないのが現状です。

新しい仕組みを追加するついでにサイト全体のリニューアルも図ろうとしていたのですが、こんな大仕事は荷が重すぎることに気がつきました。今の作業は一旦ストップして、新しい仕組みを追加する部分だけにリソースを注ごうと思います。

↓ちなみに、つい最近までがんばってたリニューアル作業の残骸
http://paro.guttari.info/image/private/paro_renewal.png