りんの作家情報

基本情報

りんの写真
ぬし
作家ID 36
投稿数 7
★の数 127
活動度 3179

もらった星の数 (127)

新作小説

人気小説

ついたコメント (34)

つけたコメント (35)

りんの日記

2008年1月18日 市長と秘書って…!!
りん的には南海キャンディーズなイメージがあります。


…何か?
2007年8月5日 僕に釣られてみる?
りん、参上!!

唐突ですが、
8月6日ってぱろしょって感じですよね?

以上でーす。とうっ!
2007年7月31日 呼ばれなくてもじゃじゃじゃじゃーん!!!
どうもお久しぶりです!

ああ、溜まってますね、良い感じに感想書ける作品溜まってるね!!
只今色々アレなんでまだ書けませんがいずれそのうち書きます。
必ず、みんなの作品を読むからね〜!!
2007年6月24日 ただいま執筆中☆
フェイトがわかる貴方にお知らせ致します。
件名にもありますが、ただいまSは Fate/stay nightの二次オリジナルノベルを執筆中です。
内容は、 Fateの主人公の衛宮士郎や遠坂凜がまだ話す仲になっていない時(時期は春)に
穂群原学園で暗躍した一人の少女の話です。
つまり、オリジナルな主人公。
時々出てくる少女をとりまくオリジナルの役者が登場します。

今回のテーマは『Hero』。
少女にとってのヒーローとは誰なのか?
少女にとっての正義とは?

まだ書き始めたばかりですが、
世の中にあるFate/stay nightの二次オリジナルノベル
(人によっては夢小説とも言う?)の中で5本の指に入る面白さになるはずです!

でも書き終わったらどうするかは未定です。
とりあえず「ぱろしょ」で連載の形で、 りんとして出してみようかしら、なんて思っております。
ほんのちょっぴりご期待ください。
…でも正直しんどい。(爆)
2007年6月20日
大阪の日本橋のとある箇所は関西のアキバだ!!なんて言われて連れて行かれ、
しばらく見回ってから女性が男装をしているカフェに連行されました。

ビルの中の店内はなんとまぁバラだらけ!!!
若干ダークな雰囲気でテーブルにバラが差してあったりしてお洒落。
(ちなみにテーブルの花瓶にあるバラを抜くことで店員に来てくれの合図を送るというキザな仕組み付き。)
「おかえりなさいませ」なんて言われて「ただいまんもすー」なんて言えなかった自分が悔しー。
てかそんな雰囲気じゃなくてもっと上品な空間だったんです。

で、メニューはというと、さすが関西のアキバなだけあって、
アニメネタがありました。

たとえば飲み物の名前が「テニスの王子様」に出てくる学校の名前だったり、
パフェの名前が「BLEACH」の世界の名前(魂街と現世の二種類)だったり。
で、かろうじてわかるBLEACHの魂街のパフェを頼んでみました。
結構ボリュームがあって、
「あたし世界食ってんの…?」と思いながら食べました。
いや、抹茶風味で美味しかったんだけど、
なんであのパフェがあのネーミングなのかしらとか思った。
でもそれなりに理屈はあるのかもしれないなぁ。
パフェの底の方のコーンを食べている時とか
「あたし街の地面掘ってるのかな」なんて言って食べたし。

後輩は”テニス”のとある学校名の飲み物を頼んで
「これはイメージと違う!!」って言いながら飲んでいました。
そうか。
やっぱりイメージって人それぞれあるんですね。
で、そのアニメネタのメニューを頼むとその食べ物に合わせてキャラクターの名台詞を言って出してくれるんです。
アニメのキャラクターの台詞なんて印象に残らないと覚えられないよー(^^;)
すごいね。


で、店員さんも全員女子なのに男性的にかっこよく振る舞ってて。
私的には男装喫茶というよりビジュアル女子喫茶だった。
カウンターには怪しげに寄り添う女子がいたりと「???(−−;)」
って感じだったけど
まぁあんま気にならなかったな。
それより店員のビジュアルがごっつかったのと8僂らいの厚底ブーツでかなりびっくりしたから。

んで、なんだか自分なりに溶け込めない空気を感じて半分テンション下がったりしたんですが、
トイレで倖田來未の「No Reget」がオルゴールでかかっててテンション持ち直しました。
くぅちゃーーん!!
意外なとこで見つけたよくぅちゃんを!
いいとこだねここ、なんて思ったり。(笑)
最後のお会計では、
店内に置いてあった雑誌がきっかけで店員さんとちょっとだけ嵐の話したり。
「僕も嵐好きなんですよー」って。
僕か。そうか。男装してるんだからそれで合ってるな。
誰が好き?って聞いたら
「全員ですね。」


…そうだね。
そうだよね!!

私は今まで忘れてた。
5人いるんだったら誰か選ばなきゃいけないんだと思っていた。
だけどよくよく考えたら特別秀でて「この人好きv」なんて人、たしかに私もいなかったのです。
だって歌が好きだから。
彼らのビジュアルもさわやかでいいけどなんで嵐をよく聴くかって歌がすごくイイからなんだよ。

…ってことを店員さんに(しかも関西のアキバで)思い出させてもらいました。
よかった話がわかる人で!
よかった芸能が話せる人で!
たったそんなことで「また来ても…いいかな(^^;」って思える自分が面白い。(笑)
5・6人で運動部のように押しかけてしまったので「大勢でおじゃましましたー」って言ってみたりして。
最後は「いってらっしゃい」と言われ、小声で「いってきまー」と言ってみた。
周りに聞こえたかどうかは定かではありません。
今日は貴重な体験をしましたね。