五月の作家情報

基本情報

五月の写真
作家ID 497
投稿数 60
★の数 166
活動度 11432
一言・・・・・・頑張ります。

http://simotukiharuka.blog.so-net.ne.jp/
自分の小説ブログです。
ここに載せた小説についていろいろ書いてます。

もらった星の数 (166)

ついたコメント (133)

つけたコメント (77)

五月の日記

2011年12月25日 文章を書くって素敵な事だとしみじみ思う
前々から思ってはいましたが、人間は誰しもそれをうっすらと忘れていき、また物語を書いていて、ふと思うのだと思います。

誰かに自分の文章を、物語を伝えられる。
それが伝わる喜び。
それを感じたくて、文章を書いているように思います。
作品はコミュニケーションだと、僕は思います。
直接出会っていなくても、作品でその人が分かる。
そういうのって嬉しいなあ、と思います。

なかには否定される作品もありますが、それでも自分は小説を書いて生きるだろうなと確信しています。


そう思う今日この頃。
2011年6月29日 今更嫌になってきた。
お久しぶりです。
初めましての方は五月と言います。

金曜日、学校のLHRで、「生活体験作文」というものを僕が発表することになりました。
A組B組あつめて10名ほどいるんですけど、問題なのは人の数ではなく。
前にもなんかLHRでクラスだけでしたけど、発表させられてそれだけで心臓バックバックだったのに学年で発表しろだと・・・・・・?

もちろん断ったんですけど(←)負けました。
三年生でやるか今やるかという究極の二択を迫られた。
クラスに絶対一回も発表しない人沢山いるはずなのに!
何故僕なんだ!!
まさか自分が選ばれやしないとか思っていたらこれでした。
皆の前とか無理です。
きっと早口になる。
そのときはどっちしろやらなきゃいけないなら・・・・・・とか今年やるとか言っちゃったけど今更凄くいやになってきた!!

発表慣れている方。
何か言い方法はないですかね、緊張しない。
2011年3月3日 この頃昔を思い出す。
題名どおり過去話なのですが、最近小学やら中学だった頃のことをふと唐突に思い出します。
何の前触れもなく自然と頭の中に浮かんできて「あー、そんなことあったなあ」となり。
今日の朝は昔の自分の一人称を思い出した、というのは変ですが一人称についてふと思い。
今自分の一人称は「僕」ですが小学生の時は「俺」でした。
もうどんな声で自分を俺と呼んでいたのは思い出せないですね。

ほかにも中学一年の時の国語の授業の時。
男の先生が担当だったのですが、丁度隣のクラスが英語の授業で、当然に先生が英語で挨拶をしはじめました。
「大声で言って隣を驚かせよう」
その考えに賛同した一同は大声で英語で挨拶をしました。
ひょこっと教室を覗いた先生は「驚いてる驚いてる」と笑ってました。
皆も笑顔したことでしょう。
僕も笑いました。

そんな何でもなかった昔のことを思い出します。思い出というのは美化されるものとはよくいいますが、美化とかじゃなくて「今思うと」なのだと思う今日この頃です。
2010年12月10日 チャット
夜に来ないとなかなか会えない!
前はいろいろ話せたんですけどねえ。
まあそれは僕が夜行性だったからですが。

いや、今も夜行性なんですよ。
でも何故PCをやれなくなったかというと、祟るからです。
夜のPCは寒くて体に祟るからですよおおおおおお(←
特に僕は腹痛になりやすいので冬とかホントダメです。
靴下履いてもひざ掛けしてもダメです。

なので、夜チャットするのは叶わぬ願いに・・・・・・。
2010年11月24日 ああもう冬だ。
寒い。
学校に行く時と帰りが寒い!
家にいてもパソコンやっていると寒い!
ノーパソならよかったのですが。