亞華羽の作家情報

基本情報

亞華羽の写真
ぬし
作家ID 687
投稿数 17
★の数 14
活動度 2678
自由気ままな、亞華羽[Ageha]です(`・ω・´)v
気分屋なんで不定期です。
よろしくお願いします。

もらった星の数 (14)

新作小説

人気小説

ついたコメント (27)

つけたコメント (22)

亞華羽の日記

2011年1月19日 募集中。

絵がとても上手な方、大至急募集中。
…助けてくれー!

ポスターを書かなくちゃいけなくなってしまった・・・。
誰か良い案を…出してくれ!!

あ、ちなみに音楽関係なんで。
2010年12月21日 (´・ω・`)...

見てくれない。
誰も見てくれない。
見なくてもいい、そうやって気を張ってるけど本当は見て欲しい。

見てくれない。
誰も見てくれない。
見てくれなくても、自分がここに居た証を残せたら――――
見てくれなくても、誰かが気づいてくれたら―――――――

     それだけでいい。



つぶやいてみた。ツイッターやってみたい。
ベースに来年は挑戦してみようかと思う。頑張る。
今はギターとドラムしか出来ないから、頑張ろうと思う。

2010年11月19日 なんだっけ?

なんだっけ?
今日やったばかりのことを忘れてしまった。

なんだっけ?
昨日食べたものを忘れてしまった。

なんだっけ?
先週やったことを忘れてしまった。

なんだっけ?
来週何があったか忘れてしまった。

なんだっけ?
キミの好きなもの、忘れてしまった。

なんだっけ?
キミの好きな人の名前、忘れてしまった。

なんだっけ?
キミの視線の先の人、忘れてしまった。

なんだっけ?
キミが顔を赤くしていた理由、忘れてしまった。

なんだっけ?
キミが照れながら教えてくれた事、忘れてしまった。

なんだっけ?
キミのこと、忘れてしまった。



恋人が恋しい…まぁとりあえずこれから先はしばらくリア充な生活はないだろうが…。
あぁ、隣の席の女子のリア充話がとてもうざかった。


そうそう、ホントに忘れてしまったの↓
『祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらわす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者もついには滅びぬ、ひとえに風の前の塵に同じ』


このタイトルなんだっけ?
2010年11月9日 Noviembre


この時期、思うことは沢山ある。
勉強・部活・学校生活…そしてあのいろんな思いが詰まった真っ白な紙。
小さい頃はあんな紙切れに書くのが好きだった。
今は残念ながら好きにはなれなくなってしまった。
なぜだろう。

小さい頃は好きだったのに、
いつの間にか好きではなくなったものはいくつあるだろう。
小さい頃のほうが好きなものが多かった気がする。
何も考えないで生きていた気がする。
果たして今はそんなに自由に生きているだろうか。
あぁ、戻れる事なら戻りたい。
あの生き生きとしていた時代に――――


Noviembreはスペイン語で『11月』です。
何が言いたいか分からんですか?私が言いたいのはこの時期の事。







そう、この時期はテストの期間。


…実に悪夢だ(゜д゜)
2010年11月5日 Dear:せんべいさん
確かに、この画面上の言葉だけを見たら軽く感じてしまうかもしれませんね…。
私はせんべいさんのように余命宣告をされたことはありません。
ただ、私の友達が余命宣告を2ヶ月ほど前に(ちょうどせんべいさんと同じ時期に)されました。
助かる事のない病だったらしく、宣告はわずが1ヶ月でした。
彼女は必死に生きようと笑顔で居ました。
私は何をするにもできなく、ただただ彼女の話を聞いてあげることかできなかった。
そして、先月の中旬に彼女は静かに息を引き取りました。
私はその場に立ち会うことができなかった。
まさかその日に先に逝かれるとは思ってもいなく、いつもどうりに学校に行って部活をして…
そんな私にとって当たり前のことをしている間に彼女はこの世から消えていたんです。

私は彼女に最期の言葉すら言ってやる事ができなかった。
だから、届かなくても、この場を借りて彼女への言葉を送りました。
彼女に伝わらなくとも、残された私は少なくともこの思いを胸に生きていこうと思いました。

もし、命を絶とうと悩んでいる人がいるならば私のを読んでから考えてもらいたいですね。
…なんか自分で言ってすごい恥ずかしいですけど。

せんべいさんはお体が弱いのですか?
今は季節の変わり目…といってももう冬のような気温ですけれど、お体にお気をつけてくださいね。
皆さんも、風邪には十分お気をつけて。