割れたガラスの破片のように、
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      

細かく、

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            
冷たく、


世界を写して、


光っていた。


その光は、


なんとも言えず、


人を寄せ付けない、


それが、


ぴったりかな...?

 

貴方にぴったりの表現かな...?





いっつもぴりぴりしてた。

そんな貴方は、

私にとって、とっても魅力的だった。


みんなに嫌われないように、

周りばっかり気にしてた。

顔色を伺って笑うのに必死だった。

そんな私には、

貴方は神様のように見えた。


自分がすべてで、

自分が世界の中心。


そんな奴、今までの私だったら、

絶対許せない。

だけど、

自分の居場所について、

疑問を抱き始めてた私には、

十分すぎる存在だった。


自分がすべてで、

自分が世界の中心。


いつしか私の世界も、


貴方がすべてで、

貴方が世界の中心。


貴方を中心にぐるぐる回り始めた。



この三月、

私は貴方に別れを告げ

―――告げてないけど...

別々の道を歩き出した。

今の高校でも、

かなりぎりぎりのラインだったくせに、

・・・もうチョイ頑張ってたら、

  また三年間、同じ空気、吸ってられたかな...?

なんて思う。                                                                                                                                                                    









いま、

貴方はどうしてますか?

私のこと、

ちょっとぐらい

覚えていますか?

私は、

自分がすべてで、

自分が世界の中心の、

貴方がすべてで、

自分がすべてで

自分が世界の中心の、

貴方が世界の中心です。


後書き

とにかく自分のすべてって感じです。

忘れないで、

それだけです。

感想をお寄せください!

見開き表示を閉じてコメント欄へ移動