書式タグについて

書式タグとは、小説本文などの文字を装飾するための命令記号のことです。書式タグを使うと、文字を大きくしたり、色を変えたりできます。通常、文字の装飾にはHTMLタグやCSSなどが使われますが、ぱろしょではセキュリティ上の観点からそれらを無効にしています。

書式タグの記述方法は以下の通りです :

{タグ}内容{/タグ}

{タグ}{/タグ}で囲まれた文字列内容が装飾されます。
また、省略形の用意されているタグは、代わりに省略形を用いても同じ効果が得られます。

color (c)

文字に色を付けます。タグ名の後、#に続いて色を設定してください。

色は光の三原色(赤/緑/青)で指定します。各色16進数表記を使い、00からffの範囲で指定してください(Web色見本が参考になります)。

{color#ff0000}赤い花{/color}
{color#00ff00}緑の葉{/color}
{color#0000ff}青い空{/color}
{color#ffcc00}みかん{/color}

表示

赤い花
緑の葉
青い空
みかん

size (s)

文字の大きさを変更します。タグ名の後、#に続いて大きさを設定してください。大きさにはx-small(最小)・small(小)・middle(標準)・large(大)・x-large(最大)が設定可能です。

{size#x-small}とても小さい{/size}
{size#small}小さい{/size}
{size#medium}普通{/size}
{size#large}大きい{/size}
{size#x-large}とても大きい{/size}

表示

とても小さい
小さい
普通
大きい
とても大きい

bold (b)

文字を太くします。

{bold}太字{/bold}

表示

太字

italic (i)

文字を傾けます(italic体を利用します)。

※斜体(italic体)がないフォント(Windows Vistaのメイリオなど)をお使いの場合、このタグを使っても傾いて見えないことがあります。

{italic}斜体{/italic}

表示

斜体

underline

文字に下線を引きます。

{underline}下線{/underline}

表示

下線

line-through

文字に打ち消し線を引きます。

{line-through}打ち消し線{/line-through}

表示

打ち消し線

書式タグの組み合わせ

書式タグは組み合わせて使えます。

{c#ff0000}{s#x-large}赤くて大きな文字{/s}{/c}
{c#999999}{s#small}ぼそぼそしゃべる{/s}{/c}

表示

赤くて大きな文字
ぼそぼそしゃべる

ショートカット記法

ぱろしょに投稿された小説や、作家情報などにリンクを張りたい時に使います。URLを直接張るよりも短く手早くリンクを張れます。

s:

小説にリンクを張ります。「s:」に続いて小説IDを記述してください。小説IDは小説表示画面で確認できます。

過去の話はs:1を見てください。

表示

過去の話はs:1を見てください。

a:

作家ホームページにリンクを張ります。「a:」に続いて作家IDを記述してください。作家IDは作家ホームページで確認できます。

私はa:3さんのファンです。

表示

私はs:3さんのファンです。

t:

トピックにリンクを張ります。「t:」に続いてトピックIDを記述してください。トピックIDはトピック一覧で確認できます。

雑談はt:2でどうぞ。

表示

雑談はt:2でどうぞ。