「しんみりに温かい」に関する小説一覧

「しんみりに温かい」に関する小説が 65 件見つかりました。

僕と寝ぼすけ男 - 僕と寝ぼすけ男 [ファンタジー][しんみりに温かい]

★霜柱 光 (2007年6月3日) 表示回数794 コメント数3 ★4
助けるつもりでいた少女に、少年はただ、一言だけ言った。
「……僕はジュリアに助けてなんて言ってない!」
そして少女は少年の背を追う、第二十八話。

笑顔 [小説?詩?][しんみりに温かい]

★欠けた月 (2007年5月14日) 表示回数602 コメント数0 ★0
いつも支えになってくれるのは、やはり友達です。
最近になってそのことを再確認した出来事について、詩?みたいにつづってみました。

that faint voice - 大好きなキミへ [家族][しんみりに温かい]

★トリニティ (2007年3月28日) 表示回数1000 コメント数6 ★4
キミは、ペットなんかじゃない。
わたしの大切な家族。

昔の君は去れども - あいつの話 TALKING MEMORIES [エンターテイメント][しんみりに温かい]

★フライフォックス (2007年1月19日) 表示回数651 コメント数0 ★0
わたしだって!
こういう時だってあるのっ!

短編です。

消える  生まれる 眠る [不明][しんみりに温かい]

雪之 森 (2007年1月6日) 表示回数534 コメント数1 ★2
[本文より抜粋]
亜・・消えた・・・
また・・・
次々に消えた・・消えて、生まれた。。

生まれる瞬間はカラフルで・・・・・淡く透き通った...
≪< 1 2 3 4 >≫

小説の検索と並び替え

キーワード スペース区切りで複数のキーワードを入れると、絞り込み検索できます
並び替え順