バラはバラはバラの世界

〜〜〜ムー小説〜〜〜
<第1話>
[オシャラチン出会い]


「ラインハルトー!いるのかー!?いたら返事してくれー!!クソが、クソがもれそうでパンパース!」
シュミツァーは焦っていた。
それと言うのも、最近、宮殿内のトイレの水の出が異常に悪く、正常に水が流れるトイレは、一つしかなったからだ。そして、そのトイレはただ今誰か使用中なのである。
「ラインハルトォー!おまえいるんだろぉ!?早く!早く出てこいよぉー!」
シュミツァーは、ケツを抑えながら、いわゆる{内股スタイル}で、トイレのドアをドンドン叩きながら言った。
「…アレか!?嫌がらせか!?今日の朝、貴様のこんにゃく食べたのまだ起こっているのか!?え!?ええ!?って、ビックリしたよ!俺だって、まさか朝からこんにゃくだなんて!でもなぁ!ラインハルト!…ぅおいしかったよぉー!!以外と朝からこんにゃくアリだよ!ちくしょー!…あ!…でも、待てよ…今のこの腹痛は……………………テメェーこのヤロォーはかりやがったなラインハルトォー!こんにゃくかー!この腹痛はこんにゃくのせいだなチクショオー!!おーい!出てこいこのクソハルト!!」
シュミツァーがドアを叩く音が、さらに大きくなる。今にも、ドアをぶち破りそうになっている、その時
「何をしてござーましょーか?シュミツァー氏?」
シュミツァーはケツを抑えながら振り返った。
「あ、セスタス=イワナ=プリン=ピンクルソー姫大使!」
「朝からそんな大声で…何か問題でもござーまし?もしかして…あの事かしら…?」

いきなり出てきた、セスタス=イワナ=プリン=ピンクルソー姫大使とは!?シュミツァーとはラインハルトとは宮殿とは!?あの事とは!?
作者も先が全く見えません!次回をご期待ください!(無かったらすいません)

この小説について

タイトル バラはバラはバラの世界
初版 2007年1月12日
改訂 2007年1月12日
小説ID 1157
閲覧数 927
合計★ 5
むーちょの写真
駆け出し
作家名 ★むーちょ
作家ID 106
投稿数 1
★の数 5
活動度 106

コメント (3)

※コメントは作者にしか見えない設定になっています。

名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。