that faint voice - 閑吟の調べ


   閑吟、降り止まぬ寒き。

     水無瀬、歩みを止めぬ犯文乱理。

           側隠 羞恥 辞譲 是非

   応え、応えよ。

        誉れのために。



       『花は盛りに』


 桜の花は盛りのみを

 月は翳りなく照り渡っているのみを

 見るものだろうか

 いや そうではない

 雨の降らねば見える月を恋し

 御簾を垂れ 中に籠もり春の暮れを知らずにいるのも

 やはり 情趣深く。

 ほどなく咲こうとしている梢 花の全て散りし萎れた庭などこそ

 賞美すべき 事象。

 唄の前書きの詞にも

 『花を見に参りましたところ、すでに散っておりました』

 とも

 『障りがあり花見に参りませんで家の中にて』

 などと書いてあるのは

 『花を見なさい』

 と言っているのに比べ その風情が劣っている事だろうか。

 いや、劣ってなどいない。

 花が散り、月が傾くを惜しみ慕う世間の習慣も

 もっともではあるけれども。

 特に風情無き者が

 『どの枝も全て散ってしまったな。今となっては賞美すべき欠片もありはせん』

 などと言うようであるが

 花や月に限らず、全ての事象は 始め と 終わり とが

 ことに趣が深いものである。

 男女の恋も一途に会って想いを遂げるだけを

 恋というのだろうか。

 いや、そうではない。

 会えないで終わってしまった辛さを思ったり

 末永く変わらぬと誓ったのに 果たされなかったその約束を嘆いたり

 秋の夜を1人で明かしたり

 遠く離れた場所にいる恋人のことを想ったり

 浅茅が荒れ果てた家で昔会ったのをしみじみと思い出したりすることこそ

 真に恋の情趣を解しているといっていいだろう。

 満月で一点の翳りもなく 照り渡っているのを
 
 千里の彼方まで遥々と眺めているのよりも

 暁近くになり待ちに待ってやっと出た有明の月が

 真に趣深く 青みを帯びている。

 深い山間の杉の梢に見えている有り様や

 木の間越しの月光や

 時雨一群の雲に隠れているときの月の情景。

 この上なく

 情趣が深く。

 椎や樺などの濡れたようになった葉の上に 月光が

 輝いているのは

 実にしみじみと身に染みるようで

 情趣を解する友が欲しいことだと

 そういう友がいる都が恋しく思われる

 夜である。


  (兼好法師 『徒然草』第135版  花は盛りに)












後書き

深く、深く、趣のみを追求する

あはれの文学、兼好どのの想い しかと我が心に届きたり。

どうも、トリリンです。
古典文学にまで手を出した子です。
でもやれば出来る奴なんですよ、わたしは。(何を偉そうに

この小説について

タイトル 閑吟の調べ
初版 2007年2月6日
改訂 2007年2月6日
小説ID 1267
閲覧数 1100
合計★ 4
トリニティの写真
作家名 ★トリニティ
作家ID 95
投稿数 123
★の数 498
活動度 25049
文と音楽と絵と食事を大事にする南部人

コメント (2)

★トリニティ コメントのみ 2007年2月7日 18時18分45秒
古典文学を専門にされてる方、本当に申しわけありません。
また、古典文学が好きな方、「こんなんじゃない!」
とご指摘などありましたらどうぞ遠慮なさらずに書いてやってください。
たまにはぼっこぼこにされることも、成長のために一歩ですから。
★梨音 2007年2月23日 18時27分49秒
こんにちわ。
私は古典文学なんて知りませんが、興味はあります。
どう表わせば良いのか分かりませんが、率直に思ったことは「綺麗」です。
私的にはこれは「人の世の表れ」のように思いました。
いや、そういうつもりじゃなかたっと思いますけど。
読んでいて心が洗われるような気持ちになりました。
では、乱文失礼しました。
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。