恋愛 - kissよりも言葉を下さい

お前はどうして、言わなかった?



彼は思い出していた。



昔の記憶を



kissよりも言葉を下さい



オイ見ろよ



何だよ?



アイツだぜ?



例の天才少年ってのは、



まじかよ。



あぁ・・何でも隊長格で一番の若さと少年だってよ。



すげーな。



フン。



ドイツもこいつも天才天才って・・。



ン?



オイ・・



ふわ・・・。



何してるお前はどこの隊のもの・・・!?



君は?



あ・・俺は・・・。



貴方に彼は名前を言った。



日番谷冬獅郎と、



そっか・・冬獅郎か・・・素敵な名前ね。



何だ?こいつ普通に接してやがる。



どうしたの?



いや。



あ・・君もしかして



又かよ。



大変ね



は?



え・・だって・・天才って言われてるんでしょう?



あたしもそうだったな。



あんたもなのか?



あら・・礼儀がちゃんとなってないのね。



あんたじゃなくて



冬獅郎に名前を教える貴方



へ〜お前もなのか。



見えないけどな。



な・・貴方こそ天才には見えないは。



ハハ。



何がおかしいのよ?



はじめてだぜ?



何が?



俺にそんな態度で来た奴。



まぁ・・・。



皆おかしいわね。



何でだよ。



そういって少し機嫌の悪い冬獅郎。



だって・・こんな子に敬語とか、使ってるんでしょう?



あぁ・・まぁな。



疲れない?



疲れるも何も、使うなって言ってるのに使われちゃぁ何もいえないだろう?



変なの?



あたしは霊圧で、物言わせないようにしてるわよ?



な・・お前それで



大丈夫よ死なない程度だし、コウ見えても隊長格だから、抑えられるのよ?



はぁ?



ちょまて・・いま・・たい・・隊長って・・



えぇ・・言ったわよ?



お前・・・隊長なのか?



そうよ?



プ・・ありえねェ・・・。



な・・なんでよ?



ハハ・・。



笑うな。



悪ィわるい。



ついな。



まったく。





こうして、二人の距離はだんだん短くなっていったのだ。





なのに・・・

この小説について

タイトル kissよりも言葉を下さい
初版 2007年2月19日
改訂 2007年2月19日
小説ID 1317
閲覧数 827
合計★ 0
桜井茜雫の写真
熟練
作家名 ★桜井茜雫
作家ID 114
投稿数 14
★の数 0
活動度 1452

コメント (0)

名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。