恋愛 - kissよりも言葉を下さい

何故俺はあんな事をした?



どうして・・・泣かせたくなかったのに。



泣かせてしまった。



あぁ・・どうかこの雨とトモニ俺のこの汚れきったココロトトモニ雨に流してくれ。



君の泣く顔だけは見たくない。



どうか俺ごとこの雨と一緒に溶かしてそして、消し去ってくれ。



なぁお前も泣いてるのか?



この雨はきっとお前の今の心を表してるんだろうな。



どうしたら、又君と一緒に笑いあって話せる?



どうしたら。



俺はコンナニモ愛してるのに。



君に伝えるのが怖いがゆえにもしかしたら君を傷つけてしまったかもしれない。



どうしたら、又話せるのかな?



笑い会えるか?



俺は、どうしたら良い?



この世界でお前が居なくなってしまったら意味がないんだ。



ずっと俺の世界は音も色もない世界になってしまう。



どうか、君に気持ちを伝えられるように。



明日黄身にこの気持ちを伝えるよ。



彼女は、その頃はというと



これもまた次のお話で。



この小説について

タイトル kissよりも言葉を下さい
初版 2007年2月19日
改訂 2007年2月19日
小説ID 1321
閲覧数 858
合計★ 0
桜井茜雫の写真
熟練
作家名 ★桜井茜雫
作家ID 114
投稿数 14
★の数 0
活動度 1452

コメント (0)

名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。