恋愛 - kissよりも言葉を下さい〔十回目〕

ねぇ・・貴方は覚えているのかな?



私に教えてくれた事。



私は覚えてる。



だって・・だって貴方に・・好きな人に教えてもらえた心と感情そして・・大好きな人への接し方だったから。



貴方は言ったよね。



好きな人には積極的になるって。



気持ちを素直に伝えるって。



でも、貴方は出来たのかな?



私には、いつも頬を赤らめて。



いつもそっぽを向いて。



いつも、わざとらしいウソを付いて。



気付かれないようにしてたよね。



そんな貴方が私は大好きでしたよ。



はぐらかす貴方。



真っ赤になる貴方。



切ない顔をする貴方。



そっと微笑を返してくれた貴方。



時には意地悪な笑みを見せるときもあったよね。



でも、私はそんな貴方も全てひっくるめて大好きでした。



貴方と言う人全てを愛してました。



他にも、好きな人が出来たらどう接するとか。



心はこういうのなんだとか。



感情を素直に出せば良いとか。



一つ一つの言葉が私にとっては思い出でした。



大切な・・・大切な贈り物でした。



私は貴方に感情と言うものを教わりました。



泣く事。



笑う事。



怒る事。



すねる事。



憎む事も憾む事も全て貴方が教えてくれたのよ。



知ってた?



貴方に全て教わった感情なんだから。



でもね、



貴方の言葉は凶器にもなちゃうんだ。



嫌いとか



近寄るナとか



話しかけるナとか



顔も見たくない



そう言われた時私凄く悲しかった。



苦しかった



胸が張り裂けそうだった。



これが恋なんだって始めて知った・・知ったの。



これもね、全て貴方が与えた感情なのよ。



それなのに・・今更冷たくしたり、突き放したりするなんてないよ。



気の迷いだ。



どうしてそんなウソ付くの?



本当は嫌われたかったんでしょう?



ならどうして・・?



どうして、最後の最後で私に――



私を、ううん。



私が貴方の事を忘れられないようにしたの?



こんな仕打ち有なの?



私・・今までで一番辛い。



一番悔しい。



一番・・一番あなたがにくいと思いました。



何故か・・それはね。



貴方が最初で最後に私に与えた恋と言う感情を、



感情の鎖を今ここで断ち切ってしまったから。



私は、これからどうしたら良いのかな?



私・・私は・・貴方なしで生きる事を知らないのよ。



一人ここに取り残されたものの心は冷たく。



暗く。



寂しく。



私は貴方なしの世界で生きる事を知らないの・・。



知らないのに。



なのに・・知らないのにどうしたらいいのよ。



私は・・私は一体どうしたら良いの?



貴方に教わったこの・・・



この・・・。

この小説について

タイトル kissよりも言葉を下さい〔十回目〕
初版 2007年2月19日
改訂 2007年2月19日
小説ID 1323
閲覧数 931
合計★ 0
桜井茜雫の写真
熟練
作家名 ★桜井茜雫
作家ID 114
投稿数 14
★の数 0
活動度 1452

コメント (6)

匿名 コメントのみ 2007年2月19日 23時01分57秒
全部読ませていただきました。だから言います。

くだらん。
一話一話に紙切れほどの厚みもない。
せめて誤字をなんとかするとか、8話も一度に投稿するようなルール無視の神経をどうにかしてから、恋愛でもなんでも語ってください。
匿名 コメントのみ 2007年2月20日 13時07分06秒
ま、俺も上の人と同じ意見で連続投稿はあまりよろしくないはず。
だったら改行を少なくして纏めるなりしろよ・・・
いきなりこんなの見せ付けられて驚いたわ。しかもこれ恋愛なんですか?
へー、あっそ。つまらないこの上ないな……
★トリニティ コメントのみ 2007年2月20日 20時31分26秒
上のお二人と同じくルール無視の投稿や薄い内容は読み応えも何もなかったな、と。
せめてまとめた方がいいです。
そうでないこの作品はとても後味の悪いものでした。
上のお二人は匿名ということで結構手厳しいこと書かれてますが、それも当然のことです。
投稿のルール、ネットでのルールをしっかりと確かめてからエンターボタンを押しましょう。
知らなかったというなら、次からは気をつけるきっかけが出来たのではないでしょうか。
落ち込まずにチャンスを活かしましょう。
「儚い旋律の華」
はそれなりに評価できるものなので、今後とも頑張ってくださいね。

頑張れ!!
トリは応援してるぞ!
★シェリー コメントのみ 2007年2月20日 21時13分08秒
 小説に必要なのは起承転結です。これは基礎中の基礎。まずはいつ、どこで、誰が、何をどうしたなどを自分なりにまとめてみて、作品に取り入れて見て下さい。大分変わると思いますよ?
 あ、あと皆さんも言ってることですが、一度に沢山の投稿は、このサイトではルール違反になってます。ガイドに基本的なルールなどが書かれているので、読まれると良いでしょう。

>上の匿名のお二方へ
 言いたいことも分かるし、その気持ちも分かります。実際僕も思いましたからね。ですが、『くだらない』『つまらないこの上ないな』などは誰の目から見ても暴言だと思います。コメントをする方としても、それはルール無視なのではないでしょうか? 言葉を選べば、もっと良い言い方が出来るはずです。
 ぱろしょでこのようなコメントを見るのは、個人的に残念です。
★りん コメントのみ 2007年2月23日 0時09分34秒
ポチポチとクリックをして新着の小説を見てみると、
何やら只ならぬ感想があったので何事かと思い一通り読んでみました。
りんはBLEACH知ってるし松本乱菊が好きなので読めました。
(ちなみに、乱菊が好きなのは死神セレブな感じがするからです。笑。)

☆感想☆
その連続投稿のルールとかは、りんも知らなかった(というか8話連続投稿する人を見たことがなかった)し、
改行がどうとかいうことも私は申し上げません。
あの、シェリーさん、ガイドってどこにあるんですか?(^^;)

で、りんの視点から見受けられたのは次の点です。
・毎回、思いついたまま書いて投稿しているのではないかという点
・見直しが少し不足しているのではないかという点
・[同人]とあるがそれは一体何の同人なのかをあまり明らかにしていないという点
・誰が会話しているのかが、わかりにくい点(言葉を散らすにしても、誰が話したのかがわからないと読みにくいのです。)

分けて投稿するにしてもそうでないにしても、りんは念入りに下書きすることをオススメします。
(実際、りんは頑張って下書きして何度推敲しても絶対に後でミスが見つかったり付け加えが必要だったりします(笑))
それから、個人的に思ったのですが、この作品はりんの目から見て詩的なモノが感じられました。
言葉の表現の仕方とか、恋愛に対する葛藤や悲嘆とか。
櫻井さんはひょっとしたら詩とか書くの、向いてるかもしれませんね(^^)
あ、でも小説を書くのをやめろってわけじゃないですよ!
どんなジャンルでもいいから、どんどん書いて上手くなってください。

>上の匿名のお二人
それにしても人様の書く気力を削ぐ感想ですね。
しかも、りんが読んだところお二人の感想はツッこむとこ満載ですよ?
たとえば。

>一番上の人
どこがどう駄目なのか言わないばかりか「くだらん」の一言ですか。
あなたのコメントが「くだらない」。
そう言われてもおかしくないと思いませんか?
>上から二番目の人
「しかもこれ恋愛なんですか?へー。あっそ。」とのこと。
本当に、この作品を1話でも読んだのですか?
本当にこの作品を1話でもお読みになったのでしたら、
少なくとも小学校高学年以上の教養があれば誰でも恋愛モノってわかると思いますよ?

匿名投稿をしておいてそれだけのコメントしか残せないなんて、なんだか度胸がない気がしますし、幼稚以外の何でもないと思います。
顔が見えないネットの世界だからと言ってこのようなコメントを残すのは誰が見たって気持ちの良いことではありません。
私はルールに疎い方ですがこれほど酷いと思ったことはありません。
「ルール無視の神経をどうにかする」べき人が果たして桜井さんだけかどうかよく考えてください。


★梨音 コメントのみ 2007年2月23日 18時36分15秒
初めまして。梨音と言います。
上の方々にたくさん言われているようなので私もコメントしてみようかと思います。
私もりんさんと同じくブリーチの漫画は大好きです。そして、だからこそ内容の薄いものだと落胆してしまいます。
私はこれを「つまらない」「くだらない」とは思いませんが、もう少し内容を考えてください。
詩として考えれば素晴らしいものだと思います。
だからこそ、皆さんの言うことに腹を立てず、自分のために言われえいるんだということを分かってください。
このままコメントを無視して書き続けると嫌われますからね。
では、次は期待しています。
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。