スミスの、スミスによる、スミスのための反省会

スミス1:いやさ、あん時はビックリしたよ。だってぶらぶら歩いてたら、ひょっこりネオ様がいるんだもん。偶然って怖いよな。
スミス12:で、思わず話しかけちゃったわけかー
スミス43:自分で「必然」って言ってた癖に、結局偶然だったのかよっ。(笑)
スミス1:まー、そういうことだ(苦笑)
スミス65:ってか、1さ、お前語りすぎだろ。
スミス4:お陰でオレのセリフなんて「動かす」だけだぜ、まったく…(ぶつぶつ)
スミス61:ってかお前ら「目的」言い過ぎだろ。俺がネオ様なら、ぜってえ、笑っちゃってるな。
スミス31:あいつ何気にクールキャラだからなー
スミス1:ってか、そんなことより、俺のネオ様へのコピーシーンがクルー!
スミス41:でも、結局あっさり跳ね返されちゃうんだけどな。
スミス1:うるさいっ!結構イイ所まで行ってたんだぜ!
スミス23:いやいや、明らかに途中から効いてなかった。だから俺が手を出したわけで。
スミス36:23、お前か!最初にネオ様に手を出したの!俺なんかまだ準備できてなかったからさ、ちょっと調子狂ったよ!もう!
スミス45:あ!俺も!俺も!あのタイミングは予想外だった。
スミス23:それはすまんかった。

スミス12:まー、何はともあれ、こうして改めて観ると、俺らの攻撃全然ネオ様に当たってねえな。
スミス43:あいつ速えよ、ズリーよ。
スミス57:逆にこの辺はさ、たったこれだけの人数でここまでネオ様と戦っているわけで、それはそれですごくね?
スミス22:そうかな、照れるぜ。
スミス43:お前が照れるなっ!
スミス35:うわっ!24が投げ飛ばされてるし!
スミス28:あれ、結構被害あったよな。4人くらい巻き添え食らってないか?
スミス19:そう、俺あれを避け切れなかった。飛んできた24は痛かったぜ。
スミス24:悪かったよ、19。次からは気をつけるよ。
スミス37:いやいやいや、次とかもうないから(笑)

スミス33:そうこうしてる間に俺のエージェントコピーがクルー!
スミス7:ああ、確かにあれは地味にいい仕事だったな。
スミス20:よく見つけたよな。
スミス41:あれって、わざとトマト踏み潰してるの?
スミス7:そうだよ、なんか「やってやるぜ!」って気分だったわけよ。
スミス41:そうなんだー

スミス39:お!俺のパンチがネオ様に入ってる!
スミス26:すぐに、やり返されるけどな。(笑)
スミス16:あそこはある意味、一気に畳み掛けられるチャンスだったな。
スミス30:うんうん、惜しかった。

スミス54:すげー、ネオ様こんな空中散歩してたんだ。18蹴った後に、反転6蹴りとか、敵ながらすごいな。
スミス31:そもそもあいつ、空中歩きしすぎだよな。あれはなんつーか、ズルイって。

スミス34:空中ネオ様への54の横っ飛びタックルキター!
スミス48:キター!
スミス33:キター!
スミス54:さすがにラクビー部仕込みの俺のタックルにはネオ様も…ふふふ

スミス11:でもついに、ネオ様、棒を持ち出したぞ!
スミス58:ってことは?わくわく
スミス79:そうそう、もうすぐ、66のホームランシーンが見れるな。
スミス37:まず、11がベンチに投げつけられて・・・
スミス11:俺の「まだだ」地味にキター!
スミス47:キター!
スミス33:キター!
スミス13:ネオ様、大きく振りかぶりました!そして…

スミス61:ネオ様の66、ホームラン、キター!
スミス32:キター!
スミス59:キター!
スミス14:キター!
スミス22:キター!
スミス27:キター!
スミス69:キター!
スミス51:キター!
スミス12:このシーンだけはさ、本当に何度見ても笑えるな。
スミス49:ホントに。
スミス41:壁に当たってまた跳ね返っちゃってるからな。66は。
スミス4:ホントにお茶目さんだな、66は。
スミス56:これはもう、酒が進んでしょうがないよな。
スミス67:俺なんか、この66がネオ様にホームランされるだけを見にここに来たといっても過言じゃないな。
スミス23:それ以上言うと、66が恥ずかしさの余り悶え死ぬぞ。(笑)
スミス66:・・・

スミス85:ってかさ、この辺になるとさ、もう誰が誰だか、俺らにももうわからんよな。
スミス52:わからんわからん。(笑)
スミス42:で、結局ネオ様押さえつけまでは、何とか漕ぎ着けるんだがな。
スミス27:結構素早く圧し掛かったんだぜ。
スミス51:俺、下の方にいたけど、あの重みの苦しさは尋常じゃなかったぜ。
スミス48:全くだ。息ができなかったもんな。
スミス35:でもネオ様に全部吹っ飛ばされちゃうんだよなー
スミス3:おまけに66をぶんぶん振り回して、また俺達に被害拡大だぜ。
スミス17:ってか66、また派手にやられたのは、お前かよ。
スミス45:確実にネオ様に目を付けられてるな。
スミス52:ってか愛されてるだろ、これは確実に、もう。
スミス46:トリニティより、絶対に本当はネオ様は66の方が好きだな。
スミス66:・・・
スミス8:そして、66なバットをぶんぶん振り回したネオ様は、ぶーんと一目散に飛び去る、と。
スミス66:俺もこの場からあんなふうに飛び去りたい・・・(ボソ)
スミス43:食い逃げダメ!絶対!
スミス2:いじられ逃げもな。(ニヤニヤ)
スミス18:ちゃんと割り勘で行こうな。
スミス61:そろそろ〆るか。
スミス1:お勘定お願いしまーす!

後書き

映画観ていない方には、全くわけわからない内容でスミマセン。

というか、やたら長いですね。
飲み屋ではなく、2chスレッド風にして、顔文字満載にしてみるのも考えましたが、なんとなく、よりリアルというか、人間っぽいスミス達な方向を志しました。
ただネオをネオ様と呼ばせている部分だけは、ちと2chっぽさの名残かもです。

全部読んでくださるだけでも、そのお方の忍耐強さに、尊敬と共に、深い感謝を。

一応、シーンの簡単な概略は下記の通りです。


<シーンの簡単な流れ>

一人目のスミスがネオと会話する。

ネオを自分にコピーしようとするが、ネオはそれを何とか跳ね除ける。

その間に、スミスが沢山現れてネオと格闘を始める。

途中マトリックスのエージェントも登場するが、スミスがスミスにしてしまったりもして、スミスは更にうじゃうじゃ増殖しちゃう。

それでもネオがばったばったとスミスを倒しながら、奮闘を続ける。

遂に余りのスミス量の多さにネオやられる寸前なピンチまでいく。

なんとかスーパーマン・フライトで、ネオ脱出ひゃっほー

この小説について

タイトル スミスの、スミスによる、スミスのための反省会
初版 2007年2月21日
改訂 2007年2月21日
小説ID 1326
閲覧数 940
合計★ 7
らいるの写真
熟練
作家名 ★らいる
作家ID 117
投稿数 7
★の数 14
活動度 1191

コメント (2)

★トリニティ 2007年2月23日 20時39分18秒
どうも、途中のトリニティという単語に反応してしまった自意識過剰なトリニティです。

私もレボリューションズは見ましたが、録画した本編をもう一度見返したくらいです。
重要で真剣なシーンなのに、なぜか吹っ飛ばされた66さんが・・・

「あ、66こいつだ!」

と、弟にはワケの分からない言葉を発していました。
スミス役の人、別の映画でも増殖する役してたような・・・。
キアヌはダイスキデス。
何あのかわいさ! あと声優の森川さんも合ってるしね。

スミスの宴会とは、また奇抜で本当に見方を変えたお話だなと思いました。
これからも期待してます!
★シェリー 2007年2月24日 23時01分27秒
 ども! 初めまして、シェリーと名乗っている物体です(ぇ)以後お見知りおきを♪

 マトリックスは全く見ていないのですが、これは見て無くてもちゃんと面白さが伝わって良いと思います。
 キャラが大勢いると混乱しがちですが、上手くまとめてあって、分かりやすかったです。

 もしもマトリックスを見る機会があったならその時は、66を探したいと思います(笑)
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。