アエモノ学園の夏 - 3 元気娘とその先祖

 夜が明けた。夏休みボケなのか、光差し込む森の中でまだ寝ているヤツが約一名。
「王子〜、ミホがそろそろ起きるよ〜」
「了解。それにしても、お前の五感の鋭さは天下一品だな、ユリ。よし、計画を実行するぞ」
「アイアイサ〜、じゃなかった。頑張ってね〜」

「……ん……?」
 ネボスケ――ミホの目には黒い布が掛かっている。視界を塞ぐ程度。彼女が普通に外を見れば、苦手とする霊体が見えてしまうために腰を抜かして、挙句の果てには失神……。ってことはもう御免だから。
「動くなよ〜ネボスケさん。いや、目を開けているのであれば閉じて合図をくれ」
「ケ〜イ? ……おふぁよ〜(おはよう)」
これを合図として判断し、布を取って代わりの物を装着する。
「目を開けてもいいぞ〜。オレら男の小遣いをはたいて買ったメガネだ。大事に使ってくれよ〜」
「ありがと〜。じゃあ、開けるね……おおーッ! 外がちゃんと見えるよ!! 私、とっても幸せ〜」
 男子3人は、アレを買って正解というように目配せし、食料を調達に出掛けた。見晴らしの良い場所なので、女子が追いかける必要はなかった。
 武道家・ヒロの拳が木の幹に音を立ててぶつかると、ピンポン球のような黄色い実がいくつか降ってくる。それが弓使い・リョウが放った矢で一瞬にして串刺しになる。そして、少し離れて待機していたケイがキャッチ。奇跡のような連携である。


 寝ていたその場で男子見物しているミホの傍に、ユリとマナが寄ってきた。今朝のマナは水色のワンピースにフリフリエプロン、という姿だ。
「あなたはすごいねぇ。あいつらに『守ってやる』って気を起こさせるなんてさぁ」
「えっ……メガネのことだよね……?」
イマイチ空気が読めないところに追い討ちが掛かる。
「出会ってから時間がたっていないうちにあの人たちがこんなことをした相手は、あなたが初めてですよ。あなたも気付いているでしょうが、そのメガネは、昨日ユリが張っていた結界によく似た力を持っているんですよ。紫のフレーム、似合っていますよ〜」
マナのお嬢様っぽい言い方や鈴のような微笑は変わっていない。だが、今気付いた別の事実を声に出すことが今朝一番の(ある意味)悲劇に繋がることを、ミホは知らなかった――。


「ってことは、私、メガネっ娘になったんだ〜! やったー!! 憧れてたんだよー!!」
「ガネッコ!?」
「あの〜? ユリ〜? 聞き間違えていませんことぉ〜? ミホは『メガネッコ』と言われたのよぉ〜? 『ガネッコ』って何なのですかぁ? ……」
 全身の力を抜き、目をかっと見開いて呆然としているユリの姿に、マナも違和感を覚えた。ユリは操られたように何かを呟きだした。ミホが男子に助けを求めたが、その間にも目に見える変化が起きている。

(ぎ、銀髪が……byケイ)
(ね、根元から……byリョウ)
(し、白髪に……byヒロ)
(お、お肌のハリが……byマナ)
(ど、どんどん失われていく……byミホ)

すなわち、老化していると言いたい訳だが、言えない。こうなった理由が説明役のリョウにも分からない。ずっと無口なのがその証拠なのだから。以下4人の頭の中もクエスチョンマークだらけ。あっという間に彼女は腰の曲がった年老いた魔女の姿になってしまった。「元気娘」の面影なんて、誰も感じられない。しわがれた声が5人の耳に届いた。

「……ガネッコはねぇ、87代目の『魔法郷』の長老候補だった……」
「『魔法郷』……思い出した。魔女や魔法使いの聖地……」
リョウが知りたがり屋の心を読むように囁く。魔女の視線は定まっていない。
「……私は彼の婚約者だった……でもねぇ、彼は、ガネッコは、私と魔法郷を捨てていってしまった……相手は……」
『相手は?』
お約束のハモリである。
「お城の姫様だよ!! もう結婚していらっしゃったけれども……彼は魔法郷に戻らずに、姫様の側近になって……そのまま帰ってこなかったのさ」
「そんなぁ! かわいそうです……」
マナは今にも泣き出しそうだ。話は続く。
「それからずぅっと、私は彼を恨み続けた……今に私は、城のどこかに彼を『呪い』で縛るだろう……今に私は、子孫の第二の人格となって受け継がれるだろう……私を宿した子孫に伝えておくれ、城に近づくならば十二分に気をつけるようにと……」
言葉はそこで途切れ、魔女はさっきの老化を巻き戻したかのように、若返った。


「ごめんねぇ、先祖のヘンな遺言を聞かせちゃって」
 はっとしたように仲間のほうに向き直り、文句や質問を聞かないうちからユリは謝りだした。何があったか、少しは自覚している様だ。
「こんな近くに二重人格がいるなんて、ビックリしたよ〜。禁句があるなんてどうして教えてくれなったのか?」
 深呼吸をしながらヒロが言う。遺言を聞く間、ほとんど呼吸していなかったのだ。
「それがね、あの人を宿しているのは親から聞いて知っていたけど、どうやったらその人格が出てくるのかは知らなかった。遺言の内容は図書室の本に書いてあったから、何て言ったかは分かっているよ。城に近づくならば十二分に気をつけるように、でしょ?」
 若返ったのは外見だけだった。声は低く、沈みこんでいる。気分もそうであろうと察しがつく。目に溜まっていた涙と共に、マナが叫んだ。
「ごめんなさい……気付いてあげられなくて! ……つ、つらい思いを……」
「してないよ」
『え?』
残り全員キョトン顔。
「もう大丈夫。ちょっとだけ戸惑っていただけだよ。知るべきことを知っちゃったからね」
苦笑を浮かべるユリ。が、
  グウウウゥゥぅ……
「あ、ゴメン! 人格が変わったからお腹が減ったんだ〜 アハハ〜」
「よしっ! 朝飯にしよう。木の実が食えそうか、確かめてくれ」
 ケイの頼みに答え、矢に刺さった黄色い実の匂いをかぐユリ。
「うん! 食べ頃だよ!」
早くも表情が変わっている。その笑顔は、「元気娘」そのものだった。ミホの質問したがる気持ちも、この時ばかりは引っ込んだ。

後書き

詰め込みすぎたかなと思っています。
遅れましたが、ご意見・ご感想大歓迎です。

この小説について

タイトル 3 元気娘とその先祖
初版 2008年3月18日
改訂 2008年3月18日
小説ID 1923
閲覧数 875
合計★ 4
メリエリの写真
熟練
作家名 ★メリエリ
作家ID 210
投稿数 10
★の数 4
活動度 1376

コメント (3)

★ひとり雨 2008年3月19日 15時05分44秒
こんにちは、そしてはじめまして。ひとり雨といいます。
コメントありがとうございました! メリエリさんの作品も全話読ませていただきましたw
登場人物がすごくにぎやかなのが伝わって来ました。
ユリの「禁句」ってスゴイ言葉ですね・・・。
ご先祖さん、悲しいですね。ミホが質問できないのも分かります。
これからも楽しみにしています、それでは。
★メリエリ コメントのみ 2008年3月20日 21時03分23秒
ひとり雨さん、コメントありがとうございました! 感無量です!
にぎやか波長を維持すべく、これからも努力していく所存であります。
次回はQ&A祭りを予定してます。 それでは〜
★qq888 2018年1月25日 15時00分20秒
w^~)w^~)http://www.monclersoutlet.us.com
http://www.yeezys.us.org
http://www.outletlacoste.us.com
http://www.adidasultraboost.us.org
http://www.jordansforcheap.us.com
http://www.nikehuaracheshoes.us.com
http://www.lebron15.net
http://www.reebokoutlet.us.org
http://www.adidas-eqt.us.com
http://www.adidasnmds.com
http://www.nikehyperdunk2017.us.com
http://www.kobebasketballshoes.us.com
http://www.bapehoodie.us
http://www.katespadehandbags-outlet.us.com
http://www.louboutinshoes.uk
http://www.michaelkorshandbags.net.co
http://www.kobesneakers.com
http://www.goyard-handbags.us.com
http://www.michaeljordanshoes.us.com
http://www.christian-louboutin.eu.com
http://www.truereligionjeans-outlets.us.com
http://www.curry3.in.net
http://www.damianlillardshoes.us.com
http://www.outletonline-michaelkors.us.org
http://www.yslhandbags.org
http://www.tomford-sunglasses.us.com
http://www.lacosteonlineshop.us.com
http://www.fitflops-saleclearance.us.com
http://www.offwhitehoodie.us.com
http://www.lebron13.us.com
http://www.guccibelt.us.com
http://www.kobebasketballshoes.net
http://www.curry4.us.com
http://www.michael-kors-handbags.com.co
http://www.chromehearts.net.co
http://www.thelightupshoes.us.com
http://www.yeezy-shoes.org.uk
http://www.goldengoose.us.com
http://www.longchamphandbags.us.org
http://www.yeezyboost.com.co
http://www.diorsunglasses.in.net
http://www.adidasneo.us.com
http://www.yeezy-shoes.us
http://www.nike-hyperdunk.us.com
http://www.yeezyboost350v2shoes.us.com
http://www.cheapretro-jordans.com
http://www.nike-huarache.com
http://www.retro-jordans.us.com
http://www.fentypuma.us.com
http://www.boostyeezy.us.com
qzzހހ
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。