りれしょ物語 - 7話―カップケーキと新緑と―

 


 新緑が風に揺れ、木漏れ日がキラキラと輝いてみえる。
たとえ木陰にいようと日差しは当たり前のように俺達の視界に入り込み、隣では自分の腕を枕にして寝ている村崎がいた。
「良いよな。お前は」
何も知らずに寝れて。
白いスケッチブックで顔半分を隠し、安らかな寝息をたてている村崎が恨めしい。
俺が悩んでる間にも、お前は睡眠をとれるんだもんな……。そのマイペースなんだか無神経なんだかな性格が今だけは羨ましいぞ。
 「呑気ねー。こんなとこで寝れるなんて」
ぶつぶつ言いながら花の絵を描いていた小雪がハァーと溜息をつく。俺も、今だけは小雪に同感だ。
「ん?」
 ふと、小雪の向こう側の教室に見知った人物を見かけた。
煽さん、雛利、本村さんだ。
 エプロンをしているから、調理実習の真っ最中なんだろう。前のほうにある黒板に目をやれば、「カップケーキ」と白いチョークでデカデカと書いてある。
見かけ通り、手際よく材料を小さな紙カップに流している煽さんが、俺に気づいて手を振った。
 かと思えば今度は本村さんと雛利にそれを教えているのか楽しそうに笑っている。
やめてくれ。本村さんは良いとして、雛利には声をかけないでくれ。
 「ん?本寺〜?今何時間目だ?」
このタイミングで起きるな!馬鹿!!
 間の悪い時に起き上がった村崎を見て、本村さんは顔を赤くするは、雛利は俺に恐ろしい視線を送ってくるは……。
大変だ。もう俺一人が地獄を味わっているような、そんな気分。それほど、彼女の眼力には力がある。
「おっ、秋ちゃんだ」
そう言って、村崎は馬鹿みたいに本村さんに向かって手を振る。お前、いっぺん死ねよ。
俺はそう思い、さり気なくその場を逃げ出した。








「本寺くん」
昼休み、俺は一人、学食へ向かう道の途中に煽さんに名前を呼ばれた。
「ちょっと、話があるんだけど、良いかな?」
俯きがちに、頬を赤らめてそう言う煽さんは、何だか妙に可愛かった。
「良いけど……」
 幸い、ここの廊下は普段から人通りが少ない。さらに、この時間帯は全く人が通らないという寂れぶりだ。
「その……言いにくいことなんだけど……」
 めちゃくちゃ恥ずかしそうにする煽さんに、俺の鼓動も早まっていく。もしや……。
「御堂くんって、好きな人いるの?」
はい?今、御堂といいました?
御堂というと、あのサボり魔で天然でホームズオタクな御堂ですか?煽さん。もしや、あなたの目は雲ってるんじゃないですか?
「い、いないと思う……よ?」
俺は頭をフル回転させて、苦笑いのままその言葉を搾り出した。
「そっかぁ。良かった」
さっきまでの張り詰めたような空気が一気に和らぎ、煽さんが笑顔になる。もともとが癒し系の外見をした彼女が笑うと、こちらも自然と笑顔になってしまう。
もしも煽さんが御堂と仲良くなったら、御堂もこんな気持ちになるだろうか?
「ありがとう。本寺くんに聞いてよかった。邪魔してごめんね」
 花のように笑って、煽さんはその場を去って行った。
が、俺に安息の地はないらしい。
「今、初音と何話してた?」
 どこへ行っても、雛利は現れるらしい。どこか心配そうな、怒ったような声でそう言っている雛利は子供が見たら怯えて口もきけないであろう雰囲気だ。
「……別に」
 恋愛相談されてました。とはいえない。御堂が殺されかねないからな。
「はぐらかすな。御堂のことだろう?」
分かってんなら聞かないで下さい。
「……気付いてたわけね」
「当たり前。初音が久しぶりにあたしに隠し事をしてるみたいだったから、突き止めてみたら案の定、ね」
怖い。今にも殺されるんじゃねえの?俺。
そう思うくらい、雛利は嫌な雰囲気を醸し出している。
「まあ、あいつなら良いや。悪かったな」
 一瞬、すごく躊躇っているようにも見えたけど、雛利はそう言って踵を返した。
「何だったんだ?」
 嵐が去っていたような、そんな気分だ。

後書き

お、遅くなりました。
言い訳するとですね、体調不良やテストやら体調不良やらが続き、パソコンに触れられなかったわけです。

何やら難しくなってきましたが、次はひとり雨さんに任せようかな〜と思ってます。
投げっぱなしみたいですいません!!

この小説について

タイトル 7話―カップケーキと新緑と―
初版 2008年5月29日
改訂 2008年5月29日
小説ID 2156
閲覧数 1119
合計★ 10
梨音の写真
作家名 ★梨音
作家ID 119
投稿数 83
★の数 183
活動度 11119

コメント (3)

ひとり雨 2008年5月29日 19時52分38秒
読みましたー!
というか、りれしょを全部読んでいるのに感想書かなくてゴメンナサイ;;
次、私ですね。あらためて読んでいて驚きました。御堂がさらりと目立っていると…!
御堂&煽さんですか。何だかハッピーエンドにしてあげたいですね。御堂はどうするんでしょう(笑)

カップケーキ…食べたい食べたい食べたい…!
やばいです。ヨダレが…。
色々と次へ繋がる要素があるのでそれを繋いでいけるように頑張ります!
★日直 2008年5月29日 20時11分42秒
読みましたー!
デジャブですね〜。楽しい展開です。
御堂と煽さん、何気にお似合いな感じです。
カップケーキってどんなのですかね。食べたこと無いんですよ……!

次、ひとり雨さんですね。
ファイトです。
★達央 2008年6月1日 22時30分00秒
時間があるときに一気の読ませていただいています←6話読み終わった後に書いています。

日直さんとひとり雨さんは煽さんと御堂のカップルはお似合いだと言っておりますが私はそうは思いません。
だって・・・あんな自分勝手なヤローと癒し系の初音さんとはつり合わないと思います!!
でも梨音さんのこの発想力は好きですよ。
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。