すた〜学園す〜ぱ〜 - すた〜学園す〜ぱ〜☆彡 機,いなり廃校!?

ポー・・ン
『呼び出しをします――アリス、今すぐ園長室へ。
繰り返し――アリス、今すぐ園長室へ至急、至急――』
ポー・・ン

「えー・・いまから食べようとしたのにー・・ちぇっ」

*いきなり廃校!?* すたーと。

園長室―――

でもみんなは校長室ってよんでる。

だってなんか嫌じゃん?幼稚園みたいで。

ここは中学生から大学生の通う学園ですよー・・・。

「っええぇ!?まじでか!!」

園長室に響くアリスの声。
「アリス、口を慎め」

大きな声に冷静に答え・・いや、突っ込むマイコ。

「学園内等はこのことはもう知っている。全員。」

ため息混じりに学園長・シズネが続ける。
「人が足りないんだ。」

確かにこの学園は女子学園だけにすごく少ない。
全員、学園長も合わせて11人。

そして遥かに日本から離れた小さな島の中にある。

「そーんなーぁ・・・。でもさっでもさ!!お金は大丈夫なんでしょ?
人が足りないくらいで廃校なんてぇー、全くぅ〜・・冗談は・・・顔だけにし・・・」

アリスは左手で口を押さえ右手で両目をこすった。

「わかりました。今週中にウエッ・・グ・・荷物まとめっときます・・。」

ふらつきながらアリスは園長室を出て、自分の部屋へと向かった。

ふと掲示板を見ると、昔張ってあった学園の決まりごとなどのチラシが張ってあった。

<☆すた〜学園☆案内>
すた〜学園とは、並の人間より才能のある人たちが集まりところ。
普通科授業はもちろん、部活は才能がある部門は絶対入ること。
△良活のほかに、他の部活にも入ってよい。
体育大会、音楽祭、修学旅行、様々な行事有。
<☆月1ペーパーテスト☆案内>
月に1度、普通科ペーパーテスト有。
ランクは3つに別れ、ABC評価。(A・良B・普C・悪)
結果をすた〜の〜とに記録し、Cが多いときは追試、部活休止。

「案内・・・懐かしいなぁ。」

掲示板を見ていると、ひょこっと視界にルーが入った。
「わっ!ルー!」

ルーは、アリスと同じ格闘か部門でとても親しい友達。
大雑把で男勝りな性格だけれど思いやりのある子。

「アリス・・お前も聞いたか。」
少しくらい顔をして言う。
「うん、でも仕方ないもんね。」
「そこでよぉ、ちぃ〜っと作戦があるんだけれどよ、乗ってもらえるか?」
顔の前に両手をパンッと鳴らし、合わせた。

――――――――
「いい作戦じゃん!!」
「な?だろ?徹夜して考えたんだ。」
「じゃあみんなにも言っておくね!!」
作戦のことを話した後の二人の顔は、雨上がりの虹のように優しい笑顔に変わっていた。

そしてアリスは学園内を走り回りみんなに事を伝えた。

――――――――翌朝☆彡
園長が時間通り、園長室へ入ると、置手紙があった。

【3月3日(今日)の正午、窓からグラウンドを見てください。
誕生日プレゼントを贈ります。生徒一同】

「生徒一同・・・?みんなが私に?」
つい言葉を発してしまった。

そして正午。
グラウンドを除くと生徒全員がおおきな巻物をズラリと広げた。
その一瞬、園長は言葉を失った

「・・!!」

そこには・・・
【廃校しないで】
と墨で書いてあった。
この園長室からは普通サイズの巻物で書くと、アリの集まりのようにしか見えないが、和少ない生徒が丹精こめて近眼の園長にへと真夜中に仕上げたのだ。

窓越しに園長は涙を流した。
「みんな・・・」
この学園がすきなのね、と言ったつもりがのどの奥でかき消されてしまった

結果―――――――
ポー・・ン
『至急――全員教室に集まるように!!』
ポー・・ン

全員、ドキドキしながら教室へと向かった。

「みなさん、この前のプレゼント、どうもありがとう。
このプレゼントは一生忘れません。人生で一番最高のプレゼントでした。
そして・・」

少し間を空けて深呼吸した。

廃校か・・・取り消しか・・・
アリスは胸の中で取り消し取り消し・・・とつぶやいていた

「廃校のことは、取り消しです。それでは。」

といって園長は出て行った。

教室に残された生徒。
おもいきり「やったああぁ!!」とこぶしを突き上げ喜ぶもの、
机に顔を伏せて泣いているもの、
ガッツポーズをするもの・・・

取り消しで喜んでいるのではなく
みんなのきもちが園長に伝わったことのほうに喜びを感じていた。

「みんなっ!!また明日から楽しいスクールライフだよ!!」

後書き

♡+:;;:+♫+:;;:+♡+:;;:+♫+:;;:+♡+:;;:+♫+:;;:+♡
少し(なのか!?)長くなりました。
でも初投稿でこんなに長くかけるのは自分でも思っていませんでした。
コメントくださると嬉しいです。

P,S――
なにか分類、雰囲気のリクエストがあればどうぞお願いします。
♡+:;;:+♫+:;;:+♡+:;;:+♫+:;;:+♡+:;;:+♫+:;;:+♡

この小説について

タイトル すた〜学園す〜ぱ〜☆彡 機,いなり廃校!?
初版 2008年7月18日
改訂 2008年7月18日
小説ID 2375
閲覧数 919
合計★ 14
Coaの写真
ぬし
作家名 ★Coa
作家ID 337
投稿数 14
★の数 126
活動度 4708
みんなが親しめる小説を書くように頑張ります!!
日常ギャグは十八番ですw
この謎の暇人px-00489号・・・じゃなくて、Coaのホームページ、作っちゃいました。暇人の謎が今、解き明かされる―――。
なんちってw
詳細→http://yaplog.jp/aira1210/

コメント (5)

★あの日の思い出 2008年7月18日 20時56分01秒
結構はまるね!これ!

ポー・・ン
至急ネクストを頼む
ポー・・ン
★美咲 2008年7月19日 9時45分07秒
すごい!

初投稿でこれって・・・

あたしとくらべものになんねえな・・・・・


てか、とりあえずすげー!!
★Coa コメントのみ 2008年7月19日 11時02分37秒
To...あの日の思い出
ちょっとちょっとぉ〜
冗談は顔だけにし・・・。
わかりました。はやめにネクスウエッ・・グ・・。←
ネクスト書きますねw

To...美咲
そうよ・・・比べ物にならないくらい
私の作品は・・・フフフ・・・。
下手だよ。アハッ(はぁと
とりあえずありがとー★
★ねぎ 2008年7月23日 19時15分43秒
すごいおもしろーい
ファンですよ!!もう
これからも読ませていただきますね♪
★Coa コメントのみ 2008年7月24日 8時33分08秒
TO...ねぎ
ファンなのか!!
どうもありがとう^^
ドンドン読んどくれ!!
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。