星徒会対戦 - 天空の少女〜yumina〜 第二の覚醒ー登校にて

最悪な目覚めから30分

私、沢渡柚魅那(さわたりゆみな)は学校へむかっていた。

朝食のトーストをかじりながら、ね。

「あ レポート書いてない」

先週出された『野菜はなぜ野菜なのか』という分け分からないレポート。

困り果てて頭をガシガシかいてたら

「ゆ、み、なぁぁあぁ!!!!!!」

「きぃやぁぁあぁぁっ」

ぎゅぅぅぅ、と体しめつけられ、口からトーストがおちた

「いやぁ今日もカワイイねぇ、ゆ・み・にゃ・は☆」

たはは、と笑うそいつに ぼす、と一発パンチをくらわす。

「いい加減毎日毎日あたしにくっつくなぁぁぁ!!!!!!」

こいつは辺義孝(ほとりよしたか)あたしの幼馴染で性別は♂(オス)

「ぐふっ・・・ま、いいじゃないか。学校いこうよっ・・・」

こうして私の1日は始まった。

後書き

ふぅ、お〜わりっと。

この小説について

タイトル 天空の少女〜yumina〜 第二の覚醒ー登校にて
初版 2008年7月21日
改訂 2008年7月21日
小説ID 2420
閲覧数 846
合計★ 16
亜夢の写真
常連
作家名 ★亜夢
作家ID 345
投稿数 3
★の数 31
活動度 619

コメント (4)

★比奈 2008年7月22日 19時30分16秒
み〜ちゃった。み〜ちゃった^^

なんだよww

おもしろいぢゃん♪♪
★ねぎ 2008年7月26日 6時17分49秒
面白いよぉ
カイリ 2008年7月27日 18時51分18秒
おもしろいじゃん
izumi 2008年7月28日 18時41分57秒
ウヒヒー
おもちろーい
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。