あのひからの・・・ - はじまり



キーンコーンカーンコーン・・・・

学校のチャイムが鳴り、皆が席につく。

「どんな人だろうね。」

「カッコイイ男子がいいなぁ・・・」

そう、今日は転校生が来る。この1年D組に・・・

ガラッ

戸が開いた、皆のワクワクは頂点に達し、シーンと教室は静まり返った。

「今日は、昨日行った通り、転校生を紹介しまーす♪」

担任のチョコ先生(本名 斉藤千代子)は上機嫌でいた。

ドキドキ・・・

この話の主人公。北条泉水は、心臓の音が皆に聞こえてるんじゃないだろうかと思うほどドキドキしていた――。

カッカッカッ

教室に入ってきたのは、とっても髪が長くて、少し背が小さめの、いかにも男子にちやほやされそうな、とっても可愛い『守ってあげたい』女の子。

「はじめまして。立花奈々美です。宜しくお願いします。」

ドキーン・・・。

可愛い声。それ以外に

泉水のなかで、恋とも、寒気とも言えない緊張が走った。

正確に言うと、どっちもなんだけど――。

「じゃあななみちゃんはーあそこの、いずみ君とえみかちゃんの間に座ってねー♪」

チョコ先生の上機嫌は相変わらずで、その、『えみかちゃん』とは、吉田えみか、いずみの幼馴染でいっつもいずみのことを気にかけている、女子から「えみかきっといずみが好きなんだよ」といわれるような奴。

「えみかーいずみちゃんとられるかもよー」

「カオルうるさいッそーゆーのじゃないってばぁ!!」

カオルは、えみかの親友。羽柴薫だ。



この妙なメンバーで、前代未聞の大騒動が起きるのだ――――――――。

この小説について

タイトル はじまり
初版 2008年7月23日
改訂 2008年7月23日
小説ID 2451
閲覧数 1177
合計★ 5
ねぎの写真
ぬし
作家名 ★ねぎ
作家ID 356
投稿数 13
★の数 76
活動度 2228
こんにちは。
一応がんばっていますが下手なものしか書けません。
こんなものでよろしかったらぜひ読んで下さい。

コメント (4)

★ねぎ コメントのみ 2008年7月24日 6時18分34秒
(このコメントは作者によって削除されました)
★比奈 2008年7月25日 17時19分33秒
よっ^^

約束どーりあげるよww
★比奈 コメントのみ 2008年7月25日 17時19分48秒
★Webmaster コメントのみ 2008年7月26日 14時48分44秒
管理人です。
星はひとりにつき一回のみつけるようにしてください。
誠に勝手ながら重複分をキャンセルさせていただきました。
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。