板東サトシの物語

筆箱の支配者
第1話 板東先生登場!!


これは,タケシのクラスで起こった物語である。


朝,タケシのクラスに見知らぬ人が入ってきた。その人はウルトラマンのコスプレをしていた。


タケシ:(誰だお前!?)


板東サトシ:俺の名は「板東サトシ」。みんなヨロシクな!!


すると,教室の中がざわつき始めた。


タケシ:(いや,あんた誰ですか!?俺らの担任の先生は!?)


板東サトシ:お前らの担任の先生は,昨日死んだ。


タケシ:(マジで!?)


板東サトシ:つーわけで,今日からお前らの担任の先生は俺だ。ヨロシク!!


タケシ:(なにぃいいいいコイツが!?最悪!!)


すると,生徒の1人が手を挙げた。


生徒A:あのー。僕らの先生が死んだ原因を教えてください。


板東サトシ:だまれ!!


タケシ:(ええー!?教師が先生に向かって「ダマレ」かよ!!)


板東サトシ:俺はなあ,朝っぱらからトラックに荷物を乗せて山に埋めてきたりして,色々と大変だったんだぞ!!少しは気をつかえ!!


タケシ:(確実にお前が殺してるだろぉおおおおおおおおお!!)


板東サトシ:おっと。そういや自己紹介がまだだったな。


すると板東は,黒板に文字を書き始めた。



名前:板東サトシ


住んでいる県:名古屋県


住んでいる場所:風呂


好きな食べ物:ナポレオン


出身大学:東大



タケシ:(コイツ絶対頭悪いだろ!?つーか東大出身って絶対嘘だーーー!!)


板東サトシ:よーし。何か質問はねえか?


すると,生徒の1人が手を挙げた。


生徒B:先生,「住んでいる県が名古屋県」ってどういうことですか・・・?


板東サトシ:はあ!?お前名古屋県も知らないのか!?頭悪いなあオイ!!

               
生徒B:いや,名古屋は「あくまでも市」です。県ではないです。


板東サトシ:悪魔でも死?お前結構残酷なこと言うんだな。お前の第一印象最悪だな。


タケシ:(お前が言うな!!)


板東サトシ:さ,他に質問のあるヤツはいねえか?


すると,生徒の1人が手を挙げた。


生徒C:先生,「住んでいる場所が風呂」って,ホントに風呂で生活しているんですか?


板東サトシ:お前は甘いな。風呂に入ることを何と言う?


生徒C:え?入浴ですけど・・・。


板東サトシ:フフフ。入浴・・・ニュウヨク・・・ニューヨーク・・・。


タケシ:(クイズやるんじゃねえええええええええええ!!)


板東サトシ:さ,もう質問はねえか?


すると,生徒の1人が手を挙げた。


生徒D:先生,「好きな食べ物がナポレオン」って・・・。ナポレオンは人間ですけど・・・。


板東サトシ:はぁあ!?お前ナポレオンも知らねえのか!?


生徒D:いや,知ってますけど。


板東サトシ:ったくこのクラスの連中はレベルが低いなあ。仕方ない,教えてやろう。ナポレオンってのはあれだよ,あれ。スパゲティの。


タケシ:(「ナポリタン」と間違ってるーーーー!!)


生徒D:先生,それってひょっとして「ナポリタン」なんじゃ・・・。


板東サトシ:えっ!?


クラス全体が静まりかえった。


板東サトシ:ナポリタン・・・?な,何を言ってるんだい君・・・?お,俺は,ちゃんと,ナポレオンを食べたんだよ・・・。


タケシ:(図星だーーーーーーーー!!)


生徒D:でも,ナポレオンは200年前に死にましたよ,先生。


板東タケシ:フフフ,そう・・・。俺は200年前にナポレオンを食べたのさ・・・。


タケシ:(往生際が悪いなコイツ・・・。)


生徒D:いや,それじゃ先生は今200歳を超えてることに・・・。


板東タケシ:だまれ!!帰れ!!


タケシ:(お前が帰れ!!)


こうして,板東タケシとの学校生活が始まったのであった・・・。第2話に続く!!











第2話 体育の恐怖!!


今日のタケシのクラスの1時間目は体育で,みんなはグラウンドに集合していた。


板東サトシは,今日は仮面ライダーのコスプレをしていた。


タケシ:(あの格好で学校まで来たのか・・・。恥ずかしくないのか!?)


板東サトシ:よーし,今日は57m走のタイムを計るぞー!!


タケシ:(57m走!?50m走じゃないの!?)


すると,板東サトシはタケシを指差した。


板東サトシ:おい,お前体操服着てねえじゃねえか!!体操服はどうした!?


タケシ:あ,すみません,忘れてきました・・・。


板東サトシ:ああ!?テメェふざけてんのか!?


タケシ:(少なくともお前の格好よりかはふざけてない!!)


板東サトシ:くそ・・・今度忘れてきたら,ジャンケンで殺すからな!!


タケシ:・・・・・・はい。


板東サトシ:よし!!じゃあ早速57m走を始める。まずタケシ,お前から行け!!


タケシ:はあ!?なんで俺から!?出席番号順じゃあ・・・。


板東サトシ:貴様・・・地球温暖化に逆らうってのか!?


タケシ:(お前分からん!!)


板東サトシ:とにかく位置につけ!!


タケシ:・・・・・・はい。


クラスメート40人が見守る中,タケシはスタートラインに着いた。


板東サトシ:よし,じゃあ俺はタイムを計ってやろう。


板東タケシは,ゴールラインにストップウォッチを持って着いた。


板東サトシ:位置について・・・よーい・・・ドン!!


タケシは走り出した。


板東サトシ:・・・と,言ったら始めてください。


タケシ:(う・・・うぜえコイツーーーーーーーーーー!!)


板東サトシ:おいおいダメじゃないかぁ,タケシ君。フライングは禁物だよぉ・・・。


タケシ:(い,いつか殺す・・・。)


板東サトシ:スマンスマン,悪かった。やり直してくれ。


タケシ:ったく・・・。


タケシは,もう1度スタートラインに着いた。


板東サトシ:位置について・・・よーい・・・ドン!!


タケシは走り出した。


板東サトシ:・・・と,言ったら始めてください。


タケシ:(2回連続でやってんじゃねえよクソがーーーー!!)


板東サトシ:アホだこいつ・・・2回連続で引っかかりやがった・・・おもしれえ・・・ククク・・・。


タケシ:(面白くねえんだよ!!死ね!!)


板東サトシ:スマンスマン。もう絶対やらないから。もう1度だけやり直してくれ。


タケシ:・・・・・・。


タケシは,再びスタートラインに着いた。


板東サトシ:位置について・・・よーい・・・ドン!!


タケシは走り出した。そして50mを駆け抜けた後,ゴールした。


タケシ:(我ながらいい走りだったぞ・・・!!果たしてタイムは・・・!?)


板東サトシ:ごめん,ストップウォッチ押すの忘れてた。もう1回頼む。


タケシ:(コイツ・・・!!)


こんな調子で,今日の体育は終わった。第3話に続く!!






後書き

第3話・第4話はまたいつか更新します!!

この小説について

タイトル 板東サトシの物語
初版 2008年8月2日
改訂 2008年8月2日
小説ID 2537
閲覧数 648
合計★ 0
パスワード
編集/削除

コメント (0)

名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。