がんばれ,トラエモン!

アーメイル
第1話  トラエモン達の日常



−地球・東京−


今日は日曜日。のり太とトラエモンは,空き地でジャンケンをして遊んでいた。


トラエモン:な・・・なぜだ!!なんで俺が毎回負けるんだ!?


のり太:これで99戦99勝。弱すぎだよ,トラエモン。


トラエモン:く・・・まだだ!!もう1回だ!!ジャンケン,ポン!!


のり太→パー   トラエモン→グー


のり太:よっしゃあ!!これで100勝目だ!!


トラエモン:ば,馬鹿な!!1回のジャンケンで俺が勝つ確率は3分の1もあるのに,なぜこんなに勝敗に差が出るんだああああああ!!


のり太:さ,約束だ。秘密道具「魔法のランプ」を出してよ。


トラエモン:く,しょうがねえ・・・。


トラエモンは四次元ピケットから「魔法のランプ」を出した。


トラエモン:いいか?この「魔法のランプ」をこすれば,「ノー・キリスト」が出現して,お前の願いをなんでも叶えてくれる。


のり太:ああ。知ってるよ,そんな事。


トラエモン:それと注意しろよ。願いが叶えられるのは3回までだからな?


のり太は,「魔法のランプ」をこすった。すると天から,「ノー・キリスト」が舞い降りてきた。


ノー・キリスト:我が名は「ノー・キリスト」。お前の願いを叶えて差し上げよう。


のり太:じゃあまず1つ目!!「お金」をたくさんちょうだい!!


ノー・キリスト:承知した。


ノー・キリストは,手を天にかざした。


のり太:フフフ,これで僕も大金持・・・。


ドガアアアアアアアアアアアアアアアン!!


すると天から,巨大な物体がいくつも降ってきた。


のり太:どわあ!なんじゃこりゃあ!!これってお寺にあるやつじゃん!!


トラエモン:どうやら「金」と「鐘」を勘違いしたらしいな。


のり太:ふざけるなああ!!「かね」って言ったら普通「金」じゃね!?


ノー・キリスト:お前が詳しく言わないからだ。お前の願い,確かに叶えたぞ。


すると,ノー・キリストは消えた。


のり太:くっそー!!もう1回だ!!


のり太は「魔法のランプ」をこすった。すると天から再び,ノー・キリストが舞い降りてきた。


ノー・キリスト:我が名は「ノー・キリスト」。お前の願いを叶えて差し上げよう。


のり太:お金はもういいや。僕は「喧嘩でシャイアンに勝てる」ようになりたい!!


トラエモン:おいおい,そんなちっぽけな願いでいいのかよ?


のり太:だって毎日やられてばかりで悔しいんだよ!!頼む!ノー・キリスト!!


ノー・キリスト:承知した。


ノー・キリストは,手を天にかざした。


のり太:フフフ,これでようやく苦しい日常から解放され・・・。


すると天から,楽譜が降ってきた。


のり太:な,なにこれ?楽譜・・・?


ノー・キリスト:それが「県歌」だ。お前の願い,確かに叶えたぞ。


のり太:「県歌」って何だよ!?初めて聞いたぞそんな言葉!?


すると,ノー・キリストは消えた。


トラエモン:さ,これで残り1回だな。


のり太は,「魔法のランプ」を草むらの中に投げ捨てた。


トラエモン:お,おい!!なにやってんだよ!!まだ1回残ってるだろーが!!


のり太:もういいよ!!不良品だろコレ!!


のり太は,怒ってその場を立ち去った。


トラエモン: んだよアイツ,急に帰りやがって・・・。仕方ない,俺も帰るか・・・。


平和な日常。だがこの生活も,長くは続かなかった・・・。




第2話  全てのはじまり


トラエモン達が地球で平和な生活を送っていた頃,別の所では大変なことが起こっていた・・・。


−日本のある場所−


そこに,1人の男が立っていた。彼の名は「三蔵法師」。


三蔵法師:クックック。ついに完成した。人間をヴァンパイアに変える機械が!!これで私が地球を支配するのも時間の問題・・・。


すると彼の所に3人の部下がやって来た。孫悟空,猪八戒,沙悟浄の3人だ。


孫悟空:とうとう機械を完成させましたか・・・。


猪八戒:これで地球は間もなく我らの手の中に入りましょう・・・。


沙悟浄:早速,作戦を実行させますか・・・?


三蔵法師はニヤリとした。


三蔵法師:そうだな。対象は沖縄の与那国島の住民にしよう。この計画に目撃者が出ないよう,全ての住民をヴァンパイアに変えるのだ!!


三蔵法師の部下3人はUFOの中に乗り込み,沖縄に向けて飛び立っていった。



−沖縄県・与那国島−


この与那国島は人口2000人くらいの小さな島で,その住民達はとても平和に暮らしていた。


とある家の中で,「オーシャン仮面(♂)」「ブリブリ左右衛門(♂)」「カンタムロボ(♂)」「カイト(♀)」という4人の仲間が,ババヌキをして遊んでいた。


※カイトだけはオリジナルキャラクター。


カイト:次は私の番ね。あ,3が2つ揃ったわ!!あっがりー!!


オーシャン仮面:またカイトが1位か・・・。


ブリブリ左右衛門:カイトは強いなー。これで10連勝だろ?


カンタムロボ:・・・・・・・・・。


カンタムロボは,ずっと窓の外を見ていた。


カイト:どうしたのカンタムロボ?負けてばっかで面白くないの?


カンタムロボ:いや,なんだか外の方が騒がしいなーと思ってな。


オーシャン仮面:言われてみればそうだな・・・。


カイト:外に出てみましょう!!


カイト達4人は家から出た。すると巨大なUFOのような物体が,空中を浮遊していた。


カンタムロボ:な,なんだあれは!?


他の住民達も,このUFOに驚いて外に出ていた。


住民A:あれは一体なんだ!?


住民B:まさかUFOなのか!?そんな馬鹿な!!


UFOの中では,孫悟空,猪八戒,沙悟浄の3人が,UFOを操縦していた。


孫悟空:クックック。お前達に恨みはないが,三蔵法師様の命令なんでな・・・。


孫悟空は目の前のボタンを押した。するとUFOから紫色の光線が発射され,住民の1人に当たった。


住民A:ぐああああああああああああ・・・!!


光線に当たった住民Aは倒れた。


オーシャン仮面:お,おい!!大丈夫か!?


オーシャン仮面が住民Aの元に駆け寄った。


カイト:ちょっと待ってオーシャン仮面!!なんか変よ!!


オーシャン仮面:え?


すると住民Aの体がみるみるうちに姿を変え,ついにヴァンパイアになってしまった。


ヴァンパイアA:キシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!


オーシャン仮面:う,うわあああああああああ!!なんだこれは!?


すると次々にUFOから光線が発射され,それに当たった住民は全てヴァンパイアになってしまった。


ヴァンパイアB:グオオオオオオオオオオオオオオ!!


ヴァンパイアC:ガアアアアアアアアアアアアアアア!!


ブリブリ左右衛門:ど,どうやらあの光線に当たったら,ヴァンパイアになるらしぞ!!


カイト:そんな!!どうしてこんな事を・・・!!


カンタムロボ:とにかく逃げよう!!3人とも私の背中に乗れ!!


カイト,オーシャン仮面,ブリブリ左右衛門の3人は,カンタムロボの背中に乗った。


カンタムロボ:振り落とされるなよ!!カンタムジェット,発進!!


カンタムロボの背中から火が噴射され,時速200kmの速さで飛んでいった。


果たして4人は,逃げ切れることができるのか!?第3話に続く!!


後書き

第3・4話はまたいつか更新します。

この小説について

タイトル がんばれ,トラエモン!
初版 2008年8月3日
改訂 2008年8月3日
小説ID 2546
閲覧数 697
合計★ 0
パスワード
編集/削除

コメント (0)

名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。