市長と秘書 - 謹賀正市長

特別読み切り 〜去年までのあらすじ市長〜
カッ。ドサリ。←主な内容                         完


「市長!初夢に市長が出てきました。不吉です」
「失礼な」                                 完


「市長!初詣では何を御願いしたんですか?」
「秘書が関西弁になるように」
「なんでやねん」←意外とノリがいい
カッ。ドサリ。                               完


「市長!私は今年こそ市長がきっちり働いてくれるように御願いしたんですよ!」
「はっはっは。初笑いだな」
カッ。ドサリ。                               完


特別読み切り 〜予想はついていた市長〜
「市長!七草がゆです」
「うむ」
パク。ドサリ。                               完


特別読み切り 〜隊長〜
「隊長!前方から銃撃が!」
カッ。ドサリ。                               完

後書き

−次回予告−
カッ。ドサリ。←主な見どころ

今年もしちょひしょよろしく。
名前入力、コメントがめんどいという方は匿名、コメント無しで点数評価だけしてくれてもかまいませんのでヘイ、カモン。

この小説について

タイトル 謹賀正市長
初版 2005年1月7日
改訂 2005年1月7日
小説ID 264
閲覧数 7999
合計★ 81
ビビンバ吉田の写真
作家名 ★ビビンバ吉田
作家ID 3
投稿数 148
★の数 1180
活動度 17563

コメント (21)

※コメントは作者にしか見えない設定になっています。

名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。