★恋と友情彡〜1〜

鈴南
 
★恋と友情彡〜1〜

−−−−−−−−−

「あれ、先生。ルゥンは?」

あたしが、先生に聞いてみた。

「あぁ〜、ルゥン君ね。今日は用事があって、お休みみたいなのよ。」

先生がそう答える。

「ふぅぅん・・・そうですか。」

ルゥンが来ていないと、ちょっと【不安な気持ち】になる。

でも今日は、いつもより不安だった。

なぜかと言うと・・・今日は、あたしの誕生日なのだ。

ルゥンは昨日こういって、はしゃいでいた。

「スカイーッ♪」

「んー?」

「明日は、スカイの誕生日だよな!だよなぁッ!?」

「うッ・・・うん・・・?それが・・・どうしたぁ?」

「なにか、プレゼントしてほしい?」

「うんー。ルゥンがいいならねぇ・・・なんでもいいよ★」

「うん!分かった!明日スカイがほしいもの、いーっぱい持ってきてあげる♪」 
 
・・・。すごく楽しみにしていた。なのに・・・。

でも、ルゥンが具合悪いならしょうがないか・・・。

「はぁ〜。ルゥンがいないと、楽しくないなぁ・・・つまらない。」

「おーぃ。スカイー!!お誕生日おめでとう!」

親友の椿が、プレゼントを持って話しかけてきた。

「あ・・・。ありがとう♪・・・」

「・・・元気ないねぇ・・・。どうした?」

「えッ・・・。」

ちょっと、顔が赤くなってしまった。

「そっそれは・・・。」

「ふーん、ルゥンか。」

「別ッ・・・別に・・・ルゥンなんか・・・ルゥンなんか・・・。」

皆にはあたしが、ルゥンが好きなように見られてる・・・。

「がんばれよ!スカイ!」

そう、みんな言ってる。

放課後、皆は帰っていく。

「スカイー!一緒に帰ろう」

親友の内一人の袈音が、話をかけてきた。

「あ・・・ゴメン。ちょっと今日は、1人で帰る・・・。」

「ふぅん・・・。分かったぁーバイバイースカイー」

「バイバイー」

全校の中で、1人だけ教室にのこっていた・・・。

そう。ルゥンが今日、教室にきてくれると信じて待っていた。

「はぁ・・・。ルゥンこないかな・・・。」

もう、8時を過ぎた。

そのとき・・・

((ガタンッ!バタン!))

「えっ!?なにこの物音・・・」

あたしがそういっても、物音は続く。

((ガラガラ・・・))
    ((ピシャ))
扉が開き、閉まる音がした・・・。

「・・・怖い・・・怖いよルゥン・・・」

 
 
「おーい!おーい!!スカイ!」
 
ルゥンに、似たような声がする・・・

「スカイーッスカイー!!」

・・・。ルゥンの声だ。

「へ?ルゥン?」

「そうだ!俺だよ」

「うぅッ・・・ルゥン・・・」

「ごめんなースカイ。ちょっとプレゼントとリボンの色に悩んでたら・・・」

「あ。あとリボン、結べなかったから・・・。」

「こんなに時間がたっちまった★」
 
ルゥンのいつもの、言い訳だ。

「・・・。ルゥンの馬鹿。」

「へ?なにか言った?」

「いや。いってないよ・・・。」

ちょっと、ルゥンのことを好きになってしまったかもしれない。

「まぁ、いいからプレゼント見てみろよ!」

「分っ・・・分かった・・・」

そういいながら、リボンを解く。
 
「わッ!ケーキと手紙・・・??」

手紙の内容も見てみた。

(スカイへ。
ごめんな、プレゼント悩んじまって・・・。結局ケーキだ。
いいだろ?スカイが、好きなチョコケーキだから・・・♪
で・・・。お誕生日おめでとう。今日で12才だね。

あ。あと・・・

   す  き  だ  ・・・。)

「・・・。え・・・・」

そのとき、声が出なかった。

「スカイーッ俺ベタだからさぁ・・・。ごめんな」
 
「ううん・・・ありがとう!一緒にケーキたべよ♪」

「・・・おう!」

 ((ゴロゴロ・・・ピシャァァッ!))

雷がなった。もう9時だ。

「はぁ。もう帰らなきゃ・・・」

「疲れたな。今日は。」

なんだか二人で語り始めた。

「ルゥンったらさ。ムチャばっかりするんだから」

「ふんッスカイのためなんだからムチャするさ。」

「・・・。」

今思ったコノ気持ちを、伝えなければ。
こんな時は、もう帰ってこないのだから・・・。

「ルゥンッ!」

「んー?」

「あたしッ・・・あたし・・・」

「うん?」

「ルゥンのことが・・・」

「大好き!ずーっと好き!」

言ってしまった。

「おう!俺も好きだ!ずーっと好きだ!」

「ルゥン・・・」

「よしぃー!帰るか!」

「うんッ」  





           今日は人生で1番大事な日。
                 
                

  

後書き

すみません・・・変な小説で;

できたら、アドバイスください。

この小説について

タイトル ★恋と友情彡〜1〜
初版 2008年9月9日
改訂 2008年9月9日
小説ID 2682
閲覧数 664
合計★ 15
パスワード
編集/削除

コメント (3)

カイリ 2008年10月3日 18時53分50秒
ハル 2008年10月3日 22時34分45秒
鈴南さん、、、ぃゃ、鈴南。

こぅぃぅ系書けるんだったんだ...面白かったぉ。

スカイもルゥンもドコの人なんですかね??

12歳のくせにこんな9時まで何してんだょみたぃなー♪♪

ムスカの小説ゎさぁ〜読む気しなぃケド...鈴南の小説ゎ

何かすごぃ読みたくなる〜みたぃな★☆続き!!気になる!!

スカイのコト最初スイカッて呼んでた...w続き!!マヂ気になる!
ピ〜ス 2008年10月19日 14時59分26秒
超おもしろい!
なんか青春〜って感じ!

現実にこんなことあったらいいなア…。

とりあえずっっっ!
鈴南さん絶対売れるから!
本気で言ってるよ!

本出したら絶対絶対ぜーったい買うよ!

とにかく、これからもガンバってください!!!!!!!
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。