鬼姫 - -混沌-

ライン

鬼姫の有り得ぬ予想。
敵が自ら破滅導く5P賭けの予期。
あり得ぬ。
バカげている予想。
だが、予想するのは鬼姫。
バカげていることが、
通ってしまう女。
鬼姫と、寛吉、お互いに
カードを裏返しで置く。

「キャキャキャ・・・・・
 キャッキャッキャッキャ・・・・!!
 始まる、
 始まっちゃうぞぉお〜〜!!
 運命の4回戦。
 僕が5P賭けるとかいう、
 バカな勝負がぁっ!」

「・・・・・さっさと始めて・・・・」

「(・・・この4回戦、
 凌げば恐らく、勝ちっ・・・・!!
 もうあの女は、
 何もできないハズ・・・・!
 凌いで、カンちゃん・・・・!!
 何とかして、
 この4回戦だけはっ・・・・!!)」

始まる、4回戦。
待ったなしの、勝負。
お互いに、
テーブルにカードを
並べたのを確認すると、
今度は次の作業にうつる。
そう、賭けポイントの宣言。
ある意味、
これがキーポイント。
ここがすでに、運命の決戦。

「・・・さぁ、
 賭けポイントを言おうかぁ・・・・」

「・・・・・ククッ・・・・
 私は1P・・・・・
 ・・・まっ、本当は何ポイントでも良いんだけどね・・・」

「・・・キャッキャッキャ・・・!
 さぁ、僕の賭けポイントを言おうかぁ・・・!!」

「(来るっ・・・・!!!
 鬼姫の予想が当たっていれば、
 本当に奴はっ・・・・!!
 達するのか・・・!?
 本当に、
 鬼姫の奇跡は、達するのか・・・・!?
 この、
 常人外れた予想を、
 成し得るのか・・・・・・!?)」

「(無いっ!!
 カンちゃんが5P賭けるなど、無いっ・・・!!
 そんな奇跡、
 偶然、あるワケが無いっ・・・!
 バカも休み休み言えっ・・・!!
 オマエが神ならともかく、
 そこらの人っ!!
 ・・・・調子に乗るなよ・・・・!)」

「・・・キャッキャッキャ・・・」

静寂が、辺りを包みこむ。
寛吉が何ポイント賭けるか。
それに、
皆が全神経を集中させる。
あり得ぬ可能性、確率。
だが、それに賭けるしかない。
瞬きすらしない。
息すらも、うるさいほど。
心臓の鼓動音すら聞こえそうな
静寂の中、
ついに、寛吉が答えを出す。

「・・・・・・・・・・
 ・・・・バァアアア〜〜〜〜〜〜カッ!!!!!
 僕が5P賭けなんていうかよぉっ!!
 キャッキャッキャ!!
 クズ、ゴミッ・・・・・!」

「(っぐ・・・・!!
 そりゃ、そうだ・・・・!
 ありえねぇ、
 あり得るわけがねぇんだ・・・!
 鬼姫、
 いくらなんでも、無理過ぎるぜ・・・・!!)」

「ちゃんと聞けよぉ〜、低能ぉ?
 僕の賭けポイントはねぇ〜・・・・・」

「・・・・・てる・・・・・?」

「・・・・あぁ・・・?
 何か言ったか、低能ぉ・・・」

絶望。
当たり前の絶望。
寛吉が5P賭けなど言うワケがない。
笑顔を絶やさず、
寛吉が5P以外のポイントを
宣言しようとしたその時、
異変、起きる。
鬼姫が、ささやく。
その声に、寛吉は動きを止める。

「・・・・・ククッ・・・・・
 覚えてる・・・・・・・?
 ・・・・あの言葉・・・・・・」

「あぁ・・・?」

「・・・・弁慶が言った言葉・・・・」

「弁慶?
 オマエの味方が言った言葉?
 ・・・覚えてるワケないだろっ!!
 そんな雑魚のセリ・・・」

「・・・・あっ・・・・あぁあっ!!!!!!!!!????」

「?」

最初に気付いたのは、
大助だった。
わずかに声をもらし、
驚きをあらわにする。
鬼姫の言葉に、本人の弁慶すら
いまだ分からないというのに、
大助のみ、理解した。
そして、恐怖した。
鬼姫という、怪物に。

「ど、ど、
 どうしたんだよ、大助ぇ!
 そんなに怖い顔しちゃってさぁ!
 大丈夫だよ!
 僕は5Pなんて賭けないし!」

「・・・・・ダ・・・・・
 ダメだ・・・・・・
 賭けて・・・・賭けて、カンちゃん!!!!
 5P賭けてっ!!!!」

「な、何ぃいいいいいいいい!!!!???」

騒然。
あり得ぬこと、起きる。
大助の言葉に、
寛吉だけでなく、
味方の弁慶すら驚くという始末。
なぜ、このようなことだ
起きたのだろうか?
なぜ、大助はこれほどまでに焦って、
そして鬼姫の
言った通りにしているのだろうか。

「い、意味分かんないよぉお!!
 大助まで変なこと言わないでよ!
 5P賭けなんて・・・・!」

「・・・・ククッ・・・・・
 おめでたい奴ね・・・・・・。
 ・・・じゃ、この言葉でおしえてあげる・・・・。
 ・・・・・ねぇ・・・」

「?」

「・・・・・アンタ、私が見えてる・・・・?」

「・・・・あ・・・あぁあ・・・・?
 あ・・・・・・・・
 あぁあああああぁああああああーーーーっ!!!!???」

絶叫。
何と、あの寛吉までもが絶叫する。
一変。
さきほどまで余裕だった
寛吉、大助の
表情が一変してしまった。
弁慶は不思議でならなかった。
何が起きているのか、
なぜこの二人がここまで驚いているのか。
弁慶は鬼姫を問い詰める。

「お、おい、鬼姫っ!!!
 どういうことだよ!?
 一体・・・・
 いったい、何が起こってるんだ!?
 なんでコイツら、
 こんなに驚いてんだよ!?」

「・・・・・ククッ・・・・・
 奇跡、かな・・・・・」

「き、奇跡って・・・・!
 答えになってねぇだろっ!!」

「・・・まっ、後で分かる・・・・。
 さぁ、どうする?
 ・・・・何ポイント賭けにする・・・・?」

分らない。
弁慶だけでなく、我々も
何が起きているのかまったく
事態を把握できない。
ただ、起きているのだ。
起きないハズの奇跡が、
今、
鬼姫の手によって、
開かれようとしている。

「・・・・っひ・・・・っひぃ・・・・!!
 バカな、そんなっ・・・・!!」

「・・・カ、カンちゃん。
 倒せば・・・倒せば良いのですっ!!
 コイツを倒せば、
 何はともあれ、全てが丸く収まる!!!
 倒す、倒すのです!!
 ・・・5ポイント勝負で、決めるっ!
 あの女を、殺すっ!」

「・・・ふぇ?
 うえぇ、ひぃ、うぅ、ふぇあ・・・・・。
 う、うん・・・・・。
 ご・・・・5だ・・・・・
 ぼ、僕は、5ポイント賭けるぅ・・・!」

「(・・・ま、マジかよ・・・・・。
 本当に、起きちまった・・・・・・・・。
 ・・・・・・奇跡が・・・・!)」

「・・・・・・ククッ・・・・」

見事、
もう見事としか言い様がない。
こうも簡単に、
人の意思を操れるのだろうか。
鬼姫の何かによって、
相手の寛吉、大助はもう
パニック状態。
何が何やら分からぬ、
思考停止気味。
だが、それでも続ける。
鬼姫は、冷酷にも勝負を淡々と続ける。

「・・・・・私はこのカード・・・・
 予想は・・・・・2かな・・・・・・」

「っひぃ・・・・ひぃい・・・・!!
 ぼ、僕はぁ・・・
 僕はぁ・・・・・・・」

「カ、カンちゃん、落ち着いて!!
 まだ勝てる可能性はある!
 それよか、
 勝利の可能性はカンちゃんの方が・・・・!」

「だってぇ・・・だってぇ・・・・!!
 どれも、
 どれも同じに見えるんだよぉお!!
 分からない、
 僕にはどれがどれだか分からないんだよぉおお!!」

「そ、そんなっ・・・・!!」

「(い、一体、
 アイツら何言ってやがるんだ・・・?
 意味不明だが、
 焦ってるのは事実・・・!
 もしかしたら、もしかしたら・・・・!!!)」

「・・・・ぼ、僕はぁ・・・・・
 僕はぁあ・・・・・・!
 ・・・み、右から2番目っ・・・!
 数値は・・・・・い・・・1だっ!!」

「・・・・ククッ・・・・」

ただただ、
焦る寛吉と大助。
もう彼らはただ慌てるだけ。
無様に、
そして醜く。
寛吉の予想は1。
対する鬼姫は2。
5Pを賭けた勝負、
負けられない。
どちらにしろ、負けることはゆるされない。
今にも泣きそうな顔で、
恐る恐る
自分の引いたカードをのぞこうとする寛吉。

「・・・・それじゃ、オープン・・・・・・。
 ・・・・・私は・・・・・
 2か・・・・・。
 ・・・ククッ・・・・・
 ラッキーね、当たってる・・・・・。
 ・・・・・アンタはどうなの・・・・?」

「・・・・・・・・・
 ・・・・あ・・・・ぅ・・・・・・」

「・・・・・ねぇ、答えて・・・・・・?」

「・・・・・い・・・・息が・・・・・
 でき、・・・・・・・ないっ・・・・・・・・」

バタンッ

「カ、カンちゃん・・・・・?
 ・・・・カ、カンちゃぁあああーーーーーん!!!」

鬼姫は当てた。
だが、結局はわずか1P。
それほど気にはならない。
注目するは、
寛吉のカード。
当たっていれば、流局。
だが、負ければ・・・・・。
すると、
いきなり寛吉はイスを後ろに倒して
倒れこんでしまう。
倒れた寛吉を
必死に抱きかかえる大助。
その様子を驚いて眺める弁慶。

「!?、
 こ、こいつ・・・・
 泡吹いて、失神してやがるっ!!
 お、おい、鬼姫っ!
 これって・・・・・・・!」

「・・・・・相手のカード・・・・・
 確認して・・・・・」

「?・・・・あ、あぁ」

何と、
寛吉は失神していた。
恐らく、
あまりのプレッシャーに耐えれなかったのだろう。
自我を保つことができなかった。
そんな中、
弁慶は一人、
寛吉が選んだカードの
数値を確認する。
その数値とは・・・・。

「・・・・さ・・・・3だ・・・・・。
 アイツは、確か1だったから・・・・・。
 ハズした、ハズしたんだっ!!
 勝った・・・!
 鬼姫が・・・・・・
 鬼姫が勝ったんだぁああっ!!!!」

「・・・・・ククッ・・・・・・
 ・・・・く・・・・
 ・・・・・・・・っぐ・・・・・・」

バタンッ

「?・・・・
 お、鬼姫・・・・・・・?
 ・・・・お、鬼姫ぇええええーーーーーっ!!!」

同時。
それは同時だった。
寛吉のカードを確認し、
鬼姫が勝利を自らの目で確認すると、
自分もまた、
朽ちていく。
真っ赤になった包帯を抱えて、
ゆっくりと、
イスから転がり落ちていく・・・。

後書き

「(オマエが神ならともかく、
 そこらの人っ!!
 ・・・・調子に乗るなよ・・・・!)」

「(・・・・・・。
 でも、鬼姫がそこらにいたら
 凄いことになるよな)」

うむ、その通りじゃ。

次回、究明っ!!

この小説について

タイトル -混沌-
初版 2008年9月26日
改訂 2008年9月26日
小説ID 2723
閲覧数 955
合計★ 0
パスワード
編集/削除

コメント (0)

名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。