偽彼氏はひどい奴。 - [1]

[1] チャムピョを買ってから。
    あんたは後回しよ!



 [ハロォ藍良っ☆デサデサ、ちょッと質問シたぃんだヶド、今日の宿題なんだッけェ〜???]

 …こんにちは。
 私の名前は村石藍良。(むらいしあいら)
 頭も乙女さも悪いけど、力強く明るい高校2年生。

 [確か計算プリントとテスト勉強だったと。思うけど。【PS】いい加減そのギャルメールやめろ。]

 メールの相手は、昔から仲の良い藤北美葵。(ふじきたみき)
 同じ高校2年生で、天然な熱血娘。(すっごいギャル女)

 [ぁりガとォvこんな時間にゴメンね〜(>_<)でゎ、また明日ァw]

 ものすごいギャルメールを送ってくる美葵。
 ムカつくから、私からはあんまメールを送んないようにしている。

 「藍良ーっ。夕飯よー。マンガは一回やめて早く来なさーい。」
 下の方から、私のお母さんの声が聞こえてくる。

 …あっ、なんで『マンガ』という言葉が出てくるかと言うと。
 私マンガ家志望なんだ。だからちょっとオタクっぽい。
 とにかく今、すごくハマってる。
 そして、35ページの作品のペン入れ(下書きにペンを入れること)&消しゴムかけ(下書きを消すこと)が、もう少しで終わるんだ。
 後はアシさん(アシスタント)にトーン貼り(スクリーントーンを原稿に貼ること)とベタ塗り(墨で黒く塗ること)をやってもらうだけ。

 「はーい。」
 私は大きな声で返事をして、机の上にのっているマンガの道具達を片付ける。

 「藍良。あんたまだやってんの。」

 部屋のドアの陰から、ひょいと聖良(せいら)が出てきた。

 …あ〜っ、聖良っていうのは、私の姉ちゃんなの。
 私と違ってすんごくキレイで、しかも優しくて頭が良い。
 よくモテるし、お母さんからも私より愛されてる。

 「ダメ?そっちこそ、もらったラブレター破ってるくせに。」

 外では優しい聖良。
 だけど内面は、すっごいイヤな奴。

 「そんなのあたしの勝手でしょ。あんたこそいつ彼氏作んのよ?好きな人がいたら言ってよ。私が相談してあげるから。そんでね…――。」

 ポケットに手を入れて、聖良がいつもの長話を始める。

 ――ちなみに聖良は、オシャレも勉強もベテランの天才ちゃん。
 小学校、中学校は私立、高校は国立大学付属高校、大学は国立で、すんごい人。
 それに比べて、私はどんだけだ。
 小学校、中学校は普通に市立、高校はレベルの低い公立――それに今は、高卒で青春を終わらせるという夢(?)を持っている。
 …まあこんな人生だけど、一応楽しい人生送ってるんだ。

 「うっさい!良い人が見つかるまであたしはがんばるの!」

 原稿用紙を床にバンと叩きつけて、私はそう叫んだ。

 …我ながら怖いな。

 「そ〜ですか。一生独身だけにはならないようにがんばりちょ。」
 「――聖良は一言多いんだよ!」
 「すみませんね〜ぇ。」

 聖良はそう言って、階段をトントンと下りていった。

 …とりあえず、聖良はこんな奴とゆーことが分かってもらえば結構です。
 とにかくうざいんです。
 しつこい奴なんです。
 性格の悪い奴なんです。

 ――でも良いところもあるんだぜ。(キラン)

 どうかこれから、こんな変な人ですが仲良くお付き合いください。(私が主役だけどね)


●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●


 …晴天の中、新幹線の指定席で、窓からこぼれた太陽の光をたくさん浴びている。
 冬だけど暖かい今日。
 外が見える窓には、薄い色のスクリーンが取り付けられていて、少し向こう側が透けて見える。
 ――これはまるで、好きな人の心をのぞいている様な気持ちだった…。

 「あ〜ドキドキする〜。」

 どーも。藍良です。
 …私は今、美葵と一緒に新幹線に乗っています。

 なぜかって――?

 私達はね、『東京』に行くのよ。

 …私達は、超田舎に住んでる。
 その場所は『長野』。
 まあ田舎っちゃあ田舎だし、田舎じゃないっちゃあ田舎じゃないんだけど、私達は長野の山奥にいる。
 そんで高校の全校生徒は9人。(あ。田舎だ)
 私と美葵とあるオタク男1人、そして不思議な女の子達だけなんだ。
 しかも、そのオタクは『早乙女 貫太郎(さおとめ かんたろう)』ってゆー名前なの!
 いつ聞いても笑えるよな〜。
 ぷぷっ。

 …とまあそんなつまんない話はやめて――。

 今日は東京に行って、新しいマンガ道具を買いに行くの。
 5年間毎日描いてたら、そりゃ道具達は苦しむわ。
 昨日パキッとね。あり得ない感じにペン軸が折れてしまって。
 もうこれでは無理だろうと、学校をずる休みして来た。

 「まあ東京だからな。――あっちでも良い人見つけられるかもしれないし。」

 東京に良い人なんていっぱいいるんだろうなあ。
 例えば――。



 「ここ分からないの〜。勉強教えてくれないっ?」

 まずは、頭が良くて優しい人。
 何でも頼れる人気者タイプだな。

 「ああ、いいさ。いつでも大丈夫だよ。」

 このような感じで接してくれて、暴力なんて振るわない。
 こんなのは、小さい頃から憧れてたんだよね。


 「今日もお仕事がんばってね♪」

 うーんと次は、仕事に熱血なパワフルタイプ。
 会社では、課長とか(微妙…)部長とか、あるいは社長まで行ってる人とか?

 「うん。晩飯期待してるぜ。」

 んな感じのこと言って、行ってきまーすと玄関を出ていく…――。

 …ああ、想像でも幸せ。

 これは、大人な人が憧れるタイプね。

 …でもこんな人いるかしら。
 滅多にいないタイプね。



 「…いら。藍良っ。」
 「――へ?」

 私はやっと現実に戻って、私は目をぱっちりと開けた。

 「まーた変な妄想してたっしょ?そのクセ続けるととんでもないことになるよ。」
 「…え?とんでもないことって?」
 「――全く。あんたはニブすぎよ。」
 「どこがよっ。」
 「もう着いたよ〜ん。早く降りよ♪」

 くっ…。
 美葵はいっつもこんな…。
 ぜってー後悔させてやる!

 「待てーっ!」


●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●


 「かっわいーっ!」

 あるクッションを手にとって、私はそう叫んだ。

 ――今は、銀座のデパートにいる。(その中の雑貨屋さん)
 外はまだ明るい昼間だけど、窓がないお店の中は電気の光だけが頼りになっている。

 「ぶっ…――。あっはははははっ!なーによその変なパンダは!あんた今度こそ本当にバカになるよ!あーっはっはっはっはっ!」

 …何よ。
 そんなにイジメなくったっていいじゃない。

 このパンダ、超カワイイんですけど。
 まあちょっとタレ目だけど、まったり系アニマルって感じ。

 そして…――お腹をかかえて大笑いしている美葵に、私は怒りモードになる。

 「――あんたにはこのかわいさが分かんないのっ?そっちこそバカじゃないっ。そんな偉そうなこと言って…。あたしをナメんじゃないわよっ!」

 ぬいぐるみくらいの大きさのパンダを握って、私は美葵の着ている洋服の襟を掴む。

 「…ねえちょっとあれヤバくない?」
 「カツアゲとかムリ!」
 「やっ…ヤクザ?」

 周りから、通行人のひそひそ声が聞こえる。
 私はこの声にムカッときて、こう叫んでやった。

 「あんたらは私の気持ちが分かんねーのかっ?こんな変なギャル女にバカっぽいこと言われて…。あたしの身になってみろっ!」

 …心の中の気持ちをいっぺんに叫んで、私はダンッと床を蹴る。

 ――すると、バックの中に入れていたあの原稿が、ヒラヒラと床に散らばってしまった。

 「――これもしかして…君が描いたの?」

 私が美葵から手を離すと同時に、男の人の低い声が聞こえてきた。

 ――私は後ろを振り向くと、その男は私の原稿を手に持っていた。
 それに、ちゃんとしたスーツを上品に着こなして、顔は上級の超イケメン。

 「…あんた誰よ。」
 「マンガ家目指してるんですか?」
 「返事をしろ!」
 「意外と良いじゃないですか。」
 「余計なお世話!」
 「顔に合わないですがね。」
 「一言多いっ。(怒)」
 「――僕、こーゆーモノなんデスが。(納得してもらえます?)」

 口げんかを止めて、その男はポケットから名刺を出す。

 ――そこには、「松谷社  『らぶり〜』編集長  松谷 渚佐(まつたに なぎさ)」と書かれていた。

 …そして私は、黙ってもう一度名刺をじーっと見つめた。

 「『らぶり〜』って…あの少女マンガ雑誌の!?」

 私は目を丸くして、名刺をギュッと握りつぶした。(←すごい力)

 「ええ。僕はその編集長です。」

 へっ…編集長!

 …私、『らぶり〜』って毎月買ってて超好きなの。
 あの原稿をそこのマンガ賞に応募しようとしてたんだ。

 「だから、今から編集部来てほしいんです。」

 うっうそっ…編集部に!?

 超憧れだった場所なんですけど!

 死んでも行きたかった場所なんですけど!

 「…無理デス。」

 嬉しかった私だけど、完全拒否する。

 …だって、こんな私が編集部に行くなんて。
 どんな理由で行かなきゃいけないんだよ。
 もしかして私に恋しちゃったの。
 でもそんなのありえない。
 どーしよー。
 行きたいけど行きたくない。
 悩むー。

 「せっかく、マンガ家にデビューさせようと思ったのになあ。チャンスですよ?」

 でびゅう…。


 「ひょえ――――――!!!!!!」


 私は、とんでもない大声を出した。

 「ちょちょちょっ…それホント!?」

 私は、松谷さんを疑うようにそう訪ねた。

 「はい。それでスカウトを。――承知してくれますか?」

 もう一枚新しい名刺を出して、松谷さんはそう言った。

 「…詐欺じゃなければ承知しますけど。」
 「詐欺じゃありません。」
 「編集部に行って殺さなければ行きますけど。」
 「それは分かりません。」
 「殺そうとしたら、私はあなたを殺しますよ。」
 「もしかしての話です。――君、名前は?」
 「…村石藍良。高2。」
 「村石藍良…じゃあ、これからは村石と呼びます。(呼び捨てですがね)」
 「…分かった。じゃああたしは『松谷さん』と呼ぶ。」
 「では、早速来てください。来月の読み切りに載せますんで。」

 松谷さんは、私の手をとってエレベーターに向かう。

 「まっちょ!(『待ってちょ』の略語)」
 「…何ですか?」
 「あのパンダ買わせて!」

 さっきのお店を指さして、私は足を止める。

 「?」

 松谷さんは首をかしげているけど、私はスタスタとお店に向かう。

 「すみません。これください。」

 さっきのパンダを店員さんに差し出して、私はバックの中から財布を取り出す。

 …少し話変わるけど、このパンダは『チャムピョ』とゆー名前にしよう。
 ぴったりだからな。

 「…ありがとうございました。――あっ、お客様、レシートは…。」

 私はおつりのないようにお金を払ったから、店員さんがくれるのはレシートだけ。
 でも私は、レシートをもらわなかった。

 「いらないでーすっ。今急いでるんでーっ。」


 「…って…待ってよ藍良――――――!」


 エレベーターに乗ろうとしたその瞬間、後ろから美葵の声がした。

 「あっ、ごめん。美葵のこと忘れてた。」

 はっと思い出したように、私は足を止める。

 「今から編集部行ってくる。」
 「じゃあ画材屋さんは…。」
 「また今度!」
 「あたしはどうすれば…?」
 「先帰ってて良いよ。」
 「うんっ。じゃあねっ。」

 美葵のその言葉と同時に、エレベーターのドアが閉まる。

 「松谷さん、すぐに終わりにしてくださいね。」

 チャムピョをギュッと握って、私は松谷さんにそう言った。


 「相当長くなりますよ。少なくとも1か月はいここにいてもらわないと。」


 「へ…?」

 渚佐はそうつぶやいた後、しばらく黙り込んでしまった。


●●○○●●○○●●○○●●続く●●○○●●○○●●○○●●



[主な登場人物]


●村石 藍良(むらいし あいら)

 高校2年生。
 元気で明るい性格だけど、力強くて頭が悪い。
 チャムピョがお気に入り。


●松谷 渚佐(まつたに なぎさ)

 23歳。
 顔も頭も良いけど、性格はひどい。
 出版社『松谷社』から出ている少女マンガ雑誌、『らぶり〜』の編集長。


●藤北 美葵(ふじきた みき)

 高校2年生。
 流行モノ大好きのギャル女。


●村石 聖良(むらいし せいら)

 大学3年生。
 頭が良くすごくモテるが、もらったラブレターを破るほどの悪い性格。

後書き

読んでくれた方、超感謝デス(^o^)/

コメくださった方のところには必ず遊びに行く&コメント書くんで、ぜひコメくださいね♪
辛口なアドバイスでも全然OKです☆☆

次回もよろしくお願いしますっ。

この小説について

タイトル [1]
初版 2008年11月8日
改訂 2008年11月23日
小説ID 2806
閲覧数 1188
合計★ 0
ショコラの写真
ぬし
作家名 ★ショコラ
作家ID 425
投稿数 9
★の数 28
活動度 2125
初めまして!ショコラです(^o^)/
私は全く良い小説を書けない未熟者ですが、よろしくお願いします。
ちなみに、恋愛小説とケータイ小説が好きです。

コメント (3)

★東雲 ヤクモ コメントのみ 2008年11月17日 20時57分22秒
第一話拝見させていただきました。
渚佐ですよね?大好きな名前で少しドッキリしました。
私も大の少女マンガ好きなので、分かります。
藍良ちゃんの気持ち。
展開が速くて、「少女マンガ」って感じがでてて初々しくてたのしみです。

また、コメントしますね〜*
★ショコラ コメントのみ 2008年11月17日 21時56分27秒
[東雲 ヤクモ様]

コメント、ありがとうございました!
私、展開早く書いちゃうんですが、それが逆に長所になって嬉しいです!!!
本当にコメント、ありがとうございましたv
2017.9.13xukaimin コメントのみ 2017年9月13日 10時08分47秒
w^~)http://www.adidassoccershoes.us
http://www.coachoutletonlineshopping.us.org
http://www.nba-jerseys.us.com
http://www.uggslipperssale.us.com
http://www.uggbootsoutlets.org
http://www.adidastrainersuk.co.uk
http://www.newcoachoutlet.us.com
http://www.archivigramsci.it
http://www.ugg.me.uk
http://www.manoloblahnik.us
http://www.pandora-jewelry.name
http://www.ugg-bootscheap.com.co
http://www.true-religion.me.uk
http://www.canadagooseclearance.us.com
http://www.uggboots.com.co
http://www.cheapraybansunglasses.net.co
http://www.raybansunglassesoutlet.net.co
http://www.bostoncelticsjerseys.com
http://www.uggbootsoutlets.in.net
http://www.oakleyssunglasseswholesale.us.com
http://www.oakleyssunglassescheap.com
http://www.airmaxuk.uk
http://www.uggscanadasale.ca
http://www.ferragamooutlet.us.com
http://www.oakleysunglassessport.us.com
http://www.superdry.me.uk
http://www.supremeclothing.us.com
http://www.coachfactoryoutletonlinesale.us.com
http://www.cheapmichaelkorshandbags.us.org
http://www.coachoutlet70off.us.com
http://www.longchamp-outlet.us.org
http://www.coachoutletfactoryon.com
http://www.louisvuittonusa.us.com
http://www.katespadehandbagsoutlet.us.org
http://www.cheap-ugg-boots.us.org
http://www.louboutinshoesuk.co.uk
http://www.adidasoutletclearance.com
http://www.uggclearancesale.us.com
http://www.pradahandbagsoutlet.us.com
http://www.truereligionsale.com.co
http://www.louis-vuittonoutlets.us.org
http://www.thenorthface-outlet.in.net
http://www.vibramfivefingers.in.net
http://www.villafranchi.it
http://www.northfacejacket.us.com
http://www.vitax.se
http://www.softworx.it
http://www.outletuggs.net.co
http://www.recoilmag.com.au/rolex.html
http://www.sproeiendekutjes.nl
http://www.coach--purses.in.net
http://www.michaelkorsoutletonline80off.us.com
http://www.mamiundich.ch
http://www.recoilmag.com.au/adidas-yeezy.html
http://www.moncler.eu.com
http://www.miamiheatjerseys.us.com
http://www.columbiaoutlet-store.com
http://www.uggsaustraliaboots.us.com
http://www.vayrocana.de
http://www.burberry-saleoutlet.com
http://www.nikehuarache.me.uk
http://www.michaelkorsuk.me.uk
http://www.coach-outlet.nom.co
http://www.fitflopssaleuk.org.uk
http://www.mathcad.be
http://www.moncler.me.uk
http://www.uggsaustralia.net.co
http://www.birkenstocksandals.org
http://www.toryburchhandbagsoutlet.us.com
http://www.uggbootsclearance.net.co
http://www.adidasstansmith.org.uk
http://www.usboots.us.com
http://www.fitflops.us.com
http://www.northfaceoutletstore.us.org
http://www.louisvuittonoutlet.nom.co
http://armani.sunglassescheap.us.com
http://cartier.sunglassescheap.us.com
http://www.uggbootsaustralia.us.org
http://www.seattleseahawksjerseys.us.com
http://www.cincinnatibengalsjerseys.us.com
http://www.moncleroutlet.us.org
http://www.northfaceoutletonline.me.uk
http://dior.sunglassescheap.us.com
http://www.newenglandpatriotsjerseys.us.com
http://www.niketrainers.uk
http://www.louisvuittonstores.us.com
http://www.jordanretro.us
http://www.vansshoesoutlet-store.com
http://www.chelseajersey.org.uk
http://www.raybanpascher.fr
http://www.cheapnorthfacejackets.us.com
http://www.louisvuittonuk.org.uk
http://www.montblancpenofficials.us.com
http://www.coachoutletsclearance.us.com
http://www.coach-factoryoutletusa.com
http://www.ralphlaurenpolooutlet.us.org
http://www.uggbootsonsale65off.in.net
http://www.uggbootsoutletclearance.us.com
http://www.birkenstockoutlet.us.com
http://www.hermes.me.uk
2017.9.13xukaimin
ހ
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。