pain

僕等は非力なイキモノで

傷つくことしか知らなくて

両手を 血に染め

今日も拳振るっている

自分の名も 知らぬような

未熟で 愚かな 堕天使

今日もその翼 羽をもいでいる


傷つけることしか知らない手は

どうやっても震えてしまう

自分で自分が恐ろしく

止めることもできない


傷つけることをやめてしまいたい
中毒のような 甘い陶酔感 安堵感 安心感に侵されて
また蜜をすすってる


pain pain

君はどこ

pain pain

どうしたいの

傷つく自分を救いたい

そんな甘ったるい考え捨てて

もっと裸になって

36℃の赤が流れる肌地に

赤を染めて



傷つくことが恐れならば

傷つけることは許されるのか

弱いだから、何だって言うんだ

折れても、潰れても、また傷ついて 

この小説について

タイトル pain
初版 2009年5月29日
改訂 2009年5月29日
小説ID 3171
閲覧数 882
合計★ 10
東雲 ヤクモの写真
作家名 ★東雲 ヤクモ
作家ID 203
投稿数 168
★の数 307
活動度 18354

コメント (7)

★愛川千春 2009年5月30日 16時44分48秒
初めまして。
愛川千春です♪
何か。。。
詩って久しぶりなので、何かどのようなコメントを付けて良いか分かりませんが。。。
その……。
もの凄く、鳥肌が立ったと言うか。
『死』を意味しているような、そんな詩でした。
それに、何か歌の歌詞のようでしたね。
リズムがあって良いと思いました。
また、こんなジャンル(?)の詩を書いてみて下さいね!
ぜひ読ませて頂きます。
でわ。
また来ますね(*^_^*)
★東雲 ヤクモ コメントのみ 2009年5月31日 21時58分06秒
愛川千春さん、ありがとうございます。

★RENTA 2009年6月15日 22時50分21秒
初めまして★
あまり詩には詳しくないのですが、
感想を書かせていただきます。
この詩を引用します→ 未熟で 愚かな 堕天使
個人的に、この部分が好きです。
どこか、イイなあと思いました(^。^)
この詩に多数用いられている pain とは
どのような意味でしょうか??
それが気になりました(^_^;)
★東雲 ヤクモ コメントのみ 2009年6月16日 20時40分42秒
RENTAさんコメントありがとうございます。

私もそこは好きなところです。

天使より私たちは堕天使に近い。
清いというよりはむしろ汚れてる。そういう不完全さとか未熟な感じとかがこの詩のテーマです。
painっていうのは「苦しみ、苦悩」って言うのをさしていて私たちはいつも何かに悩まされてるってことをイメージして書きまして。
もう一つは‘罰’とか‘罪’をさしていて罪を犯す自分・重ねる自分を問うという意味で書きました。

受身であり、自発的な意味で傷つけ、傷つき、苦悩し、悩ませるという意味でpainにしました。
★RENTA コメントのみ 2009年6月18日 9時16分11秒
ありがとうございます。
この詩のテーマ、painということを心に納めて改めて読んでみると、
更に深く、更に哀しい(意味が違うかもしれないですが)詩だと思いました。
他の詩など、もっとヤクモさんの作品を読ませて頂きたいな
と思いました!(^v^)
★東雲 ヤクモ コメントのみ 2009年6月18日 20時39分32秒
RENTAさん、そういってもらえて嬉しいです。
ありがとうございます^^
caiyan 2017年4月20日 10時37分11秒
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。