Ran! Ran! Ran!







少女は高鳴る鼓動を抑え切れなかった。
段々と迫ってくる走者。その後ろからは違うチームが迫っている。
伸ばされる手、そしてその手に握られている真っ赤なバトン。
走り出し、受け取るだけでいい。抜かされることさえなければいい。
失敗さえしなければ───。








リレーの走者に半ば無理やり決められた少女は困惑していた。
小学生の頃から運動音痴で、50m走は11秒台。
自分より遅い子がいるとはいえ、やはり遅いには違いない。
そんな少女がなぜ選ばれたかというと、クラスの誰も、リレーをしたがらなかったからである。
唯一、何の競技にでるか決まっていなかった少女はその流されやすい性格からクラスメイトたちに押し切られ、
そしてついに走者として選ばれてしまったのである。


プレッシャーだった。
第1走者、第2走者ともに運動部所属の、足の速さで言えばクラスの中で1、2位を争うほどだった。
そして第4走者。
アンカーとしてあがったのは、運動部所属どころか部活動をしていない子であった。
しかし足は速く、体育の授業ではオールマイティになんでもこなす、いわば運動音痴の少女とは正反対の子である。


今の順位は4組・2組・1組・3組の順番である。
特に前の2つ──、つまり自分のクラスの4組とライバルである2組は接戦だった。
抜かし、抜かされ、また抜かす。みんなの歓声に力が入る。

迫り来る第2走者、赤いバトン。
早く走らねば、というプレッシャー。
なんとしてでも最下位になることは許されなかった。

赤いバトンが手に触れた。
受け取るだけでいい。抜かされなければいい。

「あっ」
カランッ

少女の声と、バトンが落ちる音は同時であった。
赤いバトンが運動場のグラウンドでカラン、カラン、カランと音を立てた。

なんとしてでも最下位になることは許されなかった。

最下位のクラスは、腕立て・腹筋・背筋・スクワットをそれぞれ30回。
合計120回分のペナルティがまっているのだ。

負けたときのみんなの視線が怖かった。


床で小さくバウンドして砂がついた真っ赤なバトンを拾い上げ、全力で走った。
体制を整えて走り出したときには、3位であった1組が自分の横を通り過ぎていった。

真後ろでは、息遣いが聞こえる。砂を蹴る音がする。
すぐそこに、4位だった3組が迫ってきている。

走って走って走って、やっと次の人に押し付けるようにバトンを渡した。
第4走者だった彼女は早かった。
それはもう、驚くべき早さで差を縮め、そして1位になっていた2組の子に並ぶ。

クラス全員が、叫んでいた。





「お疲れ様でした。」

生徒の挨拶の声に「はい、お疲れ様。」と返事をして先生が去っていく。
腕立て・腹筋・背筋・スクワットを各30回のペナルティを終えた少女はぐったりと座り込んだ。
少女だけでなく、4組全員がぐったりしていた。


3位に転落した4組が2位へと追い上げ、1位だった2組と並び、みんなの歓声と感情が一気に高ぶったあの瞬間。
第4走者であった子の足がもつれ、ころんでしまったのだ。歓声を上げていたみんなの声がとまるほど、派手に。
立ち上がり、バトンを拾い上げ、すりむいて痛むであろう片足をひょこひょこさせながらゴールまで必死にたどり着く。彼女の瞳に涙は一度もにじまなかった。
結局4組は負けたのだ。

最下位クラスはペナルティ。

地獄のメニューを言い渡される。
みんなの視線が痛かった。少女は泣きそうになった。

「惜しかったね。ごめんね。」

誰かがそういった。
ふと見上げるとそこには第4走者だった彼女がいた。

「私がこけちゃったから。無駄にしちゃってごめんね、必死に3位を守ってくれてたのに。」

涙が溢れた。

「でも、本番は頑張ろうね!次は1位だー!!」

明るく笑う彼女。
擦りむいてあちこち痛むであろうに、何事もないというように笑っている。
彼女のプライドが、彼女自身を泣かさないのだ。弱音を吐かせないのだ。
この試合はなんとしてでも負けられなかった。


彼女の想いを知って、本番はなんとしてでも負けていられなくなった。
必ず1位を勝ち取って見せるから。そして1位のままバトンを渡すから。そう言うと、彼女は嬉しそうに微笑み、

「約束だよ!!」

擦り傷や砂がついた、右手の小指を差し出した。



なんとしてでも、1位を勝ち取らねば。
少女の焦りは、いつしか目標となった。


体育大会当日。

学校全体を包み込むほどの大歓声。
その真ん中で泣きながらしっかりと抱き合う第3走者の少女と第4走者の彼女。
果たして勝ったのか負けたのかは、さして重要ではない。

ただ、二人の涙と絆、繋がったバトンと想いが本物だったということは言い切れる。




後書き

相変わらずSSばかり書いています。
起承転結がうまくできずに四苦八苦中。終わり方もあまりうまくないなと不安になっています。
また厳しい意見も優しい意見もお待ちしています。いつもコメントを書いてくれている方や読むだけの方もありがとうございます。
人の作品を読む時間があまりなく、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

では、今回も評価・感想よろしくおねがいします!

この小説について

タイトル Ran! Ran! Ran!
初版 2009年7月2日
改訂 2009年7月2日
小説ID 3254
閲覧数 1170
合計★ 0
佐藤みつるの写真
ぬし
作家名 ★佐藤みつる
作家ID 510
投稿数 36
★の数 189
活動度 4935
だらだら社会人やってます。
本(漫画・小説)の量が半端なさすぎて本棚がぎちぎちになってます。

コメント (0)

名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。