深い夢

最近毎日夢を見る。奇妙な夢だ。まるで物語のように昨日見た夢と、今日見た夢が繋がっているのだ。最初の数日間は特に気にも留めなかったのだが、それがもう二週間近くにも渡って続くとなると、さすがに不気味に思えてくる。

 その夢のはじまりはいつも決まってこうだ。まず僕がひとつのドアの前に立っている。あたりは薄暗くて、ほのかに青色の色素を浴びたような淡い闇に包まれている。

 目の前にはただひとつのドアだけがある。あとは何もない。ドアがある以外の箇所はぜんぶ壁になっている。壁といっても、それは文字通りに聳え立つようにやたらと高い壁だ。

垂直に延びた壁が果てしなく続き、その終わりは見えない。左右両方方向にもやはり同じように壁がずっと延々と続いている。背後の空間は白い靄のようなものにつつまれていて何もわからない。

 僕は少し躊躇ってから、目の前のドアを開く。ドアのノブは金色でひんやりとしている。

 ドアを開けると、ピアノの音が微かに聞こえてくる。とても哀しげな感じのするピアノの音だ。まるで女のひとがしくしくと泣いているような。あるいは冬の寒い日に静かに降る雨音のような。

 周囲の空間はかなり薄暗いが、でも、全くに何も見えないというほどではない。ドアを開けた向こう側は、かなり広い空間になっているようだった。薄暗いせいでその空間がいったいどれくらい向こう側まで広がっているのかは検討もつかなかった。床や壁の色は全部深い青色で、そのせいか妙に寒々しく感じられた。

 ピアノの音はかなり遠く離れた場所から聞こえてくるようだった。僕は聞こえてくるピアノの音を頼りに、どこか冷たい感じのする、青暗い闇のなかを恐る恐る歩いていった。

 どれくらい歩いただろうか。時間にして十五分か二十分くらい。やがて僕は奥の右隅の空間に、ピアノを弾いているらしい、人影を見つけた。シルエットだけなので正確なところはわからなかったが、恐らくピアノを弾いているのは女の人だと思われた。髪の長い、華奢な感じのする女性だ。

 いよいよピアノの音がはっきりと聞こえてくるところまで近づいていくと、さっきまで聞こえていたピアノの音はぱったりと止んでしまった。僕の存在に気がついた女の人が演奏するのを止めてしまったのだろう。彼女を警戒させてしまったかと思ったけれど、でも、僕は思い切って彼女がいるところまで近づいていってみることにした。

 ピアノの前に座っていたのは、思っていたとおり女の人だった。濃い青色の色素を含んだ闇のなかでは彼女の顔をはっきりと見てとることは不可能だったけれど、それでも彼女が整った顔立ちをしていることはなんとなくわかった。

 歳の頃は二十歳前後といったところだろうか。二対の美しい、でも、どこか哀しげな感じのする瞳で彼女は僕の顔をじっと見つめてきた。僕は何か喋らなくてはと思って口を開きかけたけれど、でも、それを制するように彼女の方がさきに口を開いた。
「どうして来てしまったの?」
 と、彼女は言った。
 
僕は彼女の言った言葉の意味がわからなくて、「えっ。」と、言った。すると、彼女は言葉を続けて言った。
「ここはあなたが来てはいけない場所だったのよ。」
 と、彼女は少し責めるような口調で言った。

「どういうこと?」
 と、僕は彼女の言っていることがよく飲み込めなくて訊き返した。
「ねえ、今、あなたがいる場所は普通の場所じゃないのよ。」
 と、彼女は言った。
「それはわかってる?」

「普通の場所じゃない?」
 と、僕は小さな声で彼女の言葉を反芻した。
 彼女は僕のリアクションに短くため息をついた。失望した、といった感じのするため息のつき方だった。
「ねえ、いい?あなたは今眠っていて、それで夢を見ているの。」
 自分がいま夢を見ているのだということに、僕ははじめて気がついた。
「べつに夢を見ることは悪いことじゃないし、普通のことなんだけど・・。」
 と、彼女は話を続けた。
「でも、夢のなかには見てはいけない夢があるの。入ってきてはいけない場所。・・そこにはあなたは入ってきてしまっているの。」

「入ってきてはいけない場所?」
「そう。入ってきてはいけない場所。」と、彼女は短く頷いた。
「ここはある意味では本当の夢。深い夢。・・いったんここに入ってしまうと、もう二度とはここから出て行けなくなってしまうの・・。それどころか・・。」

「それどころか?」
 と、僕は彼女の言葉の続きが気になって尋ねてみた。でも、彼女は何も言わなかった。それから、彼女はふと何かを思い出したようにそれまで座っていた椅子から立ち上がると、僕の手を取った。彼女の手はやわらかく、そして暖かかった。

「今ならまだ間に合うかもしれないわ。」と、彼女は言った。
「今ならまだ間に合うって?」
 僕は何だか急に恐ろしくなってきて言った。
 彼女は僕の問いには答えずに、僕の手を取ったまま走り出した。勢い、僕も彼女のあとを追って走り出す形になった。

「ねえ、今ならまだ間に合うかもしれないってどういうこと?」
 と、僕は彼女に引っ張られるようにして走りながらもう一度さっきと同じ質問を繰り返してみた。すると、彼女は僕の方を振り返ると、「今ならまだあなたをもとの世界に帰してあげられるかもれしない。逃してあげられるかもしれない。」と、彼女は言った。

 逃してあげられるかもしれない?逃がしてあげられるかもしれないって?僕がそんなことを思った瞬間、背後に何か気配を感じた。シュウシュウという何かの生き物の息遣いのような音が微かに聞こえた。

 僕は気になって背後を振り返ろうとした。

 が、それよりさきに、
「振り返っちゃだめよ!」
 と、彼女の制止の声が響いた。僕はびっくりして振り返るのをやめた。
「振り返ったら終わりだから。」
 と、彼女は走りながら言った。

 終わりという言葉がいったいどういこうとを指すのかわからなかったが、口に出しては何も訊かなかった。とにかく何か恐ろしいことが起こるのだということだけは彼女の口調からしてだいたい想像はついた。僕は黙って彼女のあとに従うことにした。

 また背後でシュルルという音が聞こえた。それは僕が背後を振り返らなかったことを残念がっているように聞こえた。

 十分間ほど走り続けたあとで、僕の前を走っていた彼女が突然立ち止まった。ほとんど全速力に近いスピードで走っていたせいでかなり僕は息切れしていた。立ち止まった瞬間に、背後から何かが襲いかかってくるような気がしてびくびくしていたが、どうやらそういうことはなさそうだった。彼女は繋いでいた僕の手を離すと、
「ここから逃げて。」と、手で何かを指し示して言った。

 彼女が手で示した場所を見てみると、そこにはドアがあった。そのドアにはNO6という番号が表示されていた。

この小説について

タイトル 深い夢
初版 2009年7月11日
改訂 2009年7月11日
小説ID 3283
閲覧数 618
合計★ 0
上原直也の写真
駆け出し
作家名 ★上原直也
作家ID 535
投稿数 4
★の数 14
活動度 381

コメント (0)

名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。