最後の魔法 - 第将犠蓮必然の魔法



第将犠蓮必然の魔法


「えー・・・じゃ、おさらい」
「はい」
「ああ」
微妙なやる気があるのかないのか判らない声で返事をする2人がいた。
「魔法の源は「魔力」それはどんな人間でも秘めているわ。ただ、魔法が使えない人間はそれが不足してるか、コントロールが悪いか。これは分かるでしょ?」
「うん」
「ああ」
返事は何も変わらず前と同じ。
「・・・2人とも、ホント大丈夫?」
心配そうに猫にされてしまった人間、ラソが言う。
「ていうか、ノルカはいいのかよ」
皆の近くで余裕そうに本を読んでいるいきなり現れた転校生のノルカを見てミツカが言った。
「僕は大丈夫さ」
「何で言い切れる・・・」
裏庭に集まっていたティアナ達一行。
どうやら魔法の勉強のお浚い中。
「だって、100点取れる自身はあるの?」
「一年のテストじゃオレもあるわっ・・・!」
「わっ私もあるよ!本は読んでたし」
ガバッと身を乗り出して2人が叫ぶ。
「今回は、1年のテストじゃないからね」
『わ・・・分かってる』
どうやら、もうすぐ“テスト”らしい。

ここで1つ、この学園のテストについて説明をします。
この学園では、1年・2年・3年。と、学年ごとにやるテストと、学園生徒全員で受けるテストと種類が2つある。
1・2・3全員がやるテストは皆問題が同じで、基本が書かれている。
もちろん、魔法が下手な1年生でも100点を取るのは可能。
ペーパーテストなので、知識さえあれば問題はない。
魔法はだいたい習う事は同じ。
基本は全く同じなのだから。
ただ高度な魔法の学年が上がるにつれやるというだけ。
ティアナとミツカはそれなりに知識はあるが、ラソが心配で2人に先生のように教えていた。
「はい、判ったら次ここ」
はーいとやる気の無い返事を返した2人を、ノルカは微笑んで眺めていた。



「やっと終わったー」
放課後。
一応テスト範囲内は終わった。らしい。
あれから休み時間&昼休みを使ってこってり縛られた。
「んじゃ、帰るか・・・」
ノートやら筆箱を鞄に入れて、ミツカとティアナは寮に帰ろうとする。
「あ、ごめんよ。先に行っててくれ」
するとノルカがそう言って手を振って走って行ってしまった。
「え?ノルカ君?」
ティアナとミツカは不思議そうに彼の背中を見送った。
すると
「ティアナ」
「はい?」
「私もちょっと遅れる」
「えぇ?」
今度はラソも行ってしまった。
2人も行ってしまい、残された2人。
「な、何・・・?」
「・・・さぁ」
訳が判らず、とりあえず2人を見送った2人だった。



屋上。
風が気持ちよく吹いている。
そこから下を眺めると、下校途中の生徒がぞろぞろと出て来た。
「来ると思っていたよ」
ノルカは屋上の手すりを握りながら自分に近づいてくる人物に話しかけた。
「猫さん」
屋上にいたのは、先ほど走って行ってしまったノルカと、
先ほど彼を追って走っていってしまったラソだった。
「判ってたの」
「判ってた。なんか2人に勉強教えてる時も僕のこと気にしてたね」
ラソはお見事。とノルカを褒めた。
「・・・聞いていいか判らないけど・・・貴方は、学校は初めて?」
「そうだね」
「研究者達の資料だけで知識をつけたの?」
「そうなるね」
ラソは数秒黙って
「正直、貴方は凄いわね」
そう言った。
「ははは、お褒めに預かり創英です」
そんな会話をやり取りしながら、屋上で話しを進める2人。
「私は貴方が一緒に行動するようになってからずっと気になっていたのよ。ティアナとミツカとそんなに歳の変わらない少年が、どうして研究者の敵になるようなことをしていたのかね」
ノルカはこの学園に来る前、研究者達の研究を悪く言うと奪うような仕事をしていた。
「・・・そうだね。皆にはまだ話してなかったね」
ノルカは優しく微笑んだが、そこに悲しみがあることはラソ達になら判っただろう。
「話したくないならいいのよ。ちょっと気になっちゃっただけだから」
ラソはそう言い残し、振り返って屋上を去ろうとする。
それを
「いいよ。明日話そう」
ノルカが止めるのだった。



パタン・・・
そこは女子寮のティアナの部屋だった。
「あ、お帰りラソ」
「おー、猫」
そこにはおなじみのティアナとミツカが居た。
「あらミツカ。まだいたの?」
「あのなぁ・・・テストテスト騒いでたのお前だろ」
どうやら2人で復習していたらしい。
ラソはあら偉いのねと軽く呟く。
「ラソは何をしてたの?」
するとティアナからそんな質問。
「ちょっと散歩よ」
ラソはノルカに会っていた事を話さなかった。
「そっか。・・・もう猫になってない?」
「つーか元から猫だろ?」
「私は猫じゃなーい!」
いつもの調子で仲良くふざける3人だった。
ただ1人を除いて。



そこはいつもの学校の裏庭だった。
いつものごとく木は風に揺れ、小鳥達は鳴いている。
「ラソ?ココで何をするの?」
何も知らずに連れてこられたティアナとミツカ。
黙ってまつこと5分。
「おいおい。何をするってんだ?」
待ちくたびれた2人がいろいろ疑問を抱いてきた頃。
「ごめん。遅れたね」
そこにノルカがいつものように現れた。
「ノルカ君?」
「ちょっと時間あるかな?」
「あるけど・・・何をするの・・・?」
教えてないのか猫さ〜んとノルカは苦笑いでラソに言った。
「貴方から言った方が良いと思って」
「お気遣いどうも」
『んん??』
話が読めていない2人。
「今から、ボクの過去を話すよ」
『!!!?』
どういうことだ?とミツカはラソに尋ねる。
だが、彼女は黙ったままノルカを見た。
「もうそろそろ話したほうが良いと思ってね。研究者を調べているのなら、君達には好都合だろう?」
「え?そ、それは確かにラソを猫にしたのは研究者だから・・・話が聞けるならありがたいけど・・・良いの?」
ティアナは不安気にノルカに言う。
「いいのさ。ていうか、ボクが聞いて欲しいんだ」
ノルカは笑って言うのだった。
ただ呆然とラソを除く2人は立っていた。
「じゃ、話そうか。ボクの見てきたモノを―――・・・」
そしてノルカは語りだす。
自分の傷跡が残った過去を――――。





そこはどこか古惚けた家の中だった。
そこに本をがさがさと漁っている少年がいた。
彼の仕事は魔法使いを、研究者を監視すること。
魔法使いにはたまに禁忌を犯したり、自らの実験で生み出した誰も使った事のない魔法を使ったりするやつがいる。
いわゆるそれが“研究者”だ。
ただ魔法を研究するだけならそれは罪にはならない。
だが、危険を冒してまで研究をしようとするものを罰する者達がいた。
場合によってはその研究者をその場で殺すこともある。
彼らは決して魔法使いに心を許してはならない。
「ノルカ」
「ん?どうしたの」
ノルカと呼ばれた髪の長い少年は話しかけてきた自分同い年ぐらいの少女に返事を返す。
「この本」
「本?」
少女と少年は、仕事である研究者の研究所に来ていた。
そこは本当に本だらけで、研究に使われたと思われる道具ががやがやとありとあらゆる場所に置かれていた。
物騒な場所だ。
ノルカはそう思った。
それでも彼は知りたいことがあった。
だからこの仕事をやっていたのだ。
仕事は2人か3人で行われる。
研究者は何をしてくるか判らない。
まさに頭のいかれた連中達だ。
今のノルカのパートナーは今此処にいるこの少女だった。
彼女の名前はフローラと言った。
ノルカの一番身近な理解者だ。
彼は彼女と話すときだけは笑顔だった。
研究者も、それを罰する側も、碌な仕事じゃない。
腐敗してる・・・ノルカは何回そう思ったことか判らない。
そんな中でも、フローラがいたから彼は頑張る事が出来た。
そもそも、どうして彼はこんな仕事をしているのか。
「ねぇノルカ」
「何?」
前に彼女に聞かれた事がある。
「どうしてこんな仕事をしてるの?」
「ん?・・・うーん・・・そうだねぇ僕は、魔法を知らなきゃならないんだ」
ノルカは彼女にだけは理由を教えた。
「どうして、知りたいの?」
「世界を知りたいからね。魔法は世界と言っても過言ではないと思わないかい?」
ノルカの考えはそうだった。
世界を知るには魔法を知ることだと。
最初にティアナ達と出逢った時に彼は「生きてるうちに知れることは世界のほんの一部だ」と言っていた。
その通りだ。
人間は頑張っても100年少し越すぐらい。
200歳だぜ!なんて人はいない。
ノルカが世界を知りたいと思ったのには切欠があった。
彼はとある小さな村に住んでいたのだが、前にとても大きな戦争が起きた。
それの所為で村は跡形もなく消え去り、生き残ったのは彼一人だった。
彼は世界を、人を呪った。
あの戦争の所為で自分の両親や友は死んだのだと。
「ああ、でも・・・ボクも同じ・・・人間だ」
それからその大きな戦争は何年か続いた。
今となっては世界は復帰している。
学校だってそれなりに平和だ。
「そうだね。魔法は世界も同然だよね。あの戦争、私も覚えてるわ」
今生きている人間は、あの戦争を生き残ったものたちだ。
50年や100年そんな前じゃない。
本当に10何年と言ったほど最近にあった戦争なのだから。
「僕は魔法を知って、世界を知りたい」
ノルカの思いはそれだった。
フローラはそれを心から応援した。
応援すらも出来なくなるであろうあの日まで。



「わぁぁぁ!!」
とある研究所で2人はとある研究者を罰していた。
「魔法を使えないからと油断するからさ」
ノルカは魔法が使えない。
そう皆は思っていた。
だが、それは間違いだったのだ。
「ねぇノルカ。どうして貴方は魔法を使わないの?」
フローラだけは知っていた。
ノルカは組織にも“使えない”そう言っている。
だから研究者にも次第にそう噂が流れた。
「武器になりうる魔法なんて武装なものを使いたくないんだ」
「ねぇ、それって私も危ないってわけ?」
不機嫌そうにフローラは言った。
「ははは。まさか。君は至って普通だ。この仕事をしていること意外はね」
「む。貴方もじゃないのよー」
2人は汚れた仕事をしていた。
でも、2人でいるなら楽しかったのだ。
どんな嫌な事も彼女といれば。
彼といれば。
そんなものは苦ではなかった―――。


「ねぇノルカ」
「ん?」
フローラは不意に語った。
「ノルカは魔法が嫌い?」
「・・・魔法じゃない。人間が嫌いだ」
ノルカはハッキリとそういった。
魔法は決して悪くない。
悪いのはそれを扱う人間なのだ。
戦争だってなんだって、皆人間の・・・。
「私はね。人間って好きよ」
フローラは言った。
「確かに人間って愚かでとても汚れてる。でも、それだけでもないわ」
確かに彼女の言うとおりだった。
悪い所だけでもない。
でも、決して良いとことだけでもないのだ。
「いいさ。君の考えはそれで」
「え?」
「ボクのようにこんな考えを持たなくて良いんだ――――」
彼は判っていたのだろう。
自分の事を。
魔法の事を。
世界の事を。
そして、それ程に知らなかった。

世界は魔法で回ってる。
日常生活だって魔法で行っている者がいたりするし、もちろん使わないものもいるが。
誰にでも魔力は秘められているが、使えない人間がごくまたにいる。
「・・・・・・」
ノルカは机に向かって本を読んでいた。
仕事がない日は普通に自分の家で好きにしていい。
つまりは休日ということだ。
「ノ〜ルカ!」
フローラは休みの日はほぼノルカの家に遊びに来た。
2人は仕事場意外でも親友(パートナー)と呼べる存在だった。
「ねぇ?この本ってあの時見つけた?」
「ああ、うん。そう」
ノルカ手には1冊の本。
題名は書かれておらず、雪の上に投げ込んだように真っ白な本だった。
「珍しいだろう。白い本って」
「うん。今まで研究者の本を見てきたけどこんなのは初めて」
2人の目の前にある本。
白と聞くと「良い」感じのイメージになるが、研究者の本にそんなモノはないだろう。
ノルカはそう思った。
実際彼が思ったとおり中に書かれていた内容は良いなんて言える物じゃなかった。
「あー本当に研究者の本を読むと気分が悪くなるね」
「と言いつつ全部読むんだから」
フローラは紅茶をノルカの机に置いた。
有難うとノルカは短く言って再び本を読み始めた。
「・・・・・・」
彼女はこんな光景を何度も何度も何度も見てきた。
その度に自分に何かできないだろうか。
そう思うのだった。





嵐の夜だった。
そんな日でも彼らの仕事が終わる事はない。
研究者は人の数だけいると言っていいのだから。
「フローラ!!」
逃亡する研究者を捕まえようと雨に打たれながらノルカとフローラの2人はそれを追いかけていた。
フローラは魔法を使って研究者をノルカの方に誘導する。
後はノルカが確保すれば任務完了だ。
「――――――!!」
フローラは何かをボソッと呟く。
彼女が使っている魔法は“呪文”だ。
「っ!クソッオオォ!!」
すると、研究者がいきなり叫び、杖を取り出し、聞いた事もない呪文を呟いたのだった。
その瞬間。
「――――――」
フローラが地面にビシャという音を立てて倒れた。
「フローラッ!!」
やはり研究者なんて碌なやつらじゃない。
人間を一撃で殺せる魔法なんてこの世にはない。
はずだ―――・・・。
なのに、実際彼女は・・・。
「うあぁぁぁ!!」
ノルカは怒りのあまりに自ら封じていた“あれ”を使った―――・・・。


「その時初めて僕は禁じていた魔法を使った。それで人を殺したのも初めてだ」
『・・・・・・』
僕は思った。
もっと早く魔法を使っていれば彼女が死ぬ事はなかったんじゃないかと。
自分の未熟さで、僕は大事なものを無くしてばかりだった。
「これで全て。それから僕は仕事をやめて、ここに来たってわけ」
あたりはしん・・・としている。
なんて言えばいいのか。
何か言っていいのか。
判らない状態だったのだ。
「んで、ボクが言いたかったのはこの話を聞いてからの話」
『?』
ノルカは“モノ”のブレスレットをした腕を皆の前に出す。
「僕は魔法を使えてた。ここでおかしいと思わない?僕は君達に“使えない”そう言った」
「え?それはだから・・・前と同じように使わないってことじゃ・・・?」
ティアナと同じくミツカもそう思ったらしい。
「残念。それは不正解。・・・僕は“本当に魔法が使えなくなった”」
『!?』
「おもしろいだろう?使えていたのがあれを切欠に使えなくなったんだ。ここでボクが言いたいのは、ティアナ。君も何かあったんじゃない?」
ノルカはティアナを見る。
だが、ティアナには昔の記憶が無い。
だから可能性はある。
「あ・・・」
ティアナはガシッと頭を両手で掴む。
『ティアナ!?』
「ご・・・ごめん。大丈夫」
「悪かったね。無理はしなくていいよ」
次に、ノルカはラソに近づいた。
「そして猫さん―――。次は君に関することだ」
「私、に?」
ラソは自分に関係する話があったとすればあの本だ。
そう思った。
「さすが。回転が速いね。その通り、あの本には君と同じような現象が書かれていたんだ。“人を動物・物・自然”そんなものに変えられる魔法がね」
『!!!』
だが、
とノルカは続ける。
「残念ながら解く方法はのって無くてね。まるで見られるのを恐れたように続きのページは破られていたんだ」
「そう・・・」
ラソは残念そうに小さく呟いた。
「その本、持って来れば良かったね。まさか本当に例がいるなんて思わなくてね」
「でも、ヒントにはなったよ。有難う」
ティアナは笑ってノルカに御礼を言った。
その笑顔が、“誰か”に見えた気がしたのは、気のせいじゃないかもしれない。
「って・・・オレら勉強しなきゃ」
ミツカがボソッと思い出して青い顔をする。
「あー!!」
ティアナは話に耳が行き過ぎてテストのことをすっかり忘れていた。
「ラッラソ!?覚えてたんじゃ」
「言おうと思ったけど、貴方達真剣なんですもの」
「ちょっと――――!!!」


テストは明日。
さぁ、2人はどこまで取れるだろうか!?(オイ

後書き

どうもこの話ではお久しぶりです。
五月です。

やっとなんか書き進めました(^^;
あと4話で完結ですぜ!(多分(予定
2部書くかもう何ヶ月も前から考えてたんですが、多分書かないかなぁと・・・。
ここまで書き進めるの大変でした。
ネタが、ね・・・(苦笑
ホントはここで五月のどうでもいいばなしをしようと思ってたんですが、書くこと他にあって別に書かなくていいか・・・てきなことに。
次にでもやりましょう。

あ、でも題名どおり本当にどうでもいいかもしれません。
興味がわく方はわくかもしれませんがね(オイィ

この小説について

タイトル 第将犠蓮必然の魔法
初版 2009年8月31日
改訂 2009年8月31日
小説ID 3468
閲覧数 671
合計★ 2
五月の写真
作家名 ★五月
作家ID 497
投稿数 60
★の数 171
活動度 11432
一言・・・・・・頑張ります。

http://simotukiharuka.blog.so-net.ne.jp/
自分の小説ブログです。
ここに載せた小説についていろいろ書いてます。

コメント (3)

★ 2009年8月31日 18時25分36秒
どうも、丘です。時間があまりとれないので短めで行きます。
では、感想を。
とても読みやすかったです。魔法の事をぐだぐだ書くより、こういったギャグ混じりのほうが好きです。
なんかおかしい感想ですが許して下さい。
では。
★五月 コメントのみ 2009年8月31日 20時17分13秒
丘さん>いえいえ^^
好きと言ってもらえると嬉しいですww

またまた感想有難うございました!
2017.9.13xukaimin コメントのみ 2017年9月13日 10時04分57秒
w^~)http://www.adidassoccershoes.us
http://www.coachoutletonlineshopping.us.org
http://www.nba-jerseys.us.com
http://www.uggslipperssale.us.com
http://www.uggbootsoutlets.org
http://www.adidastrainersuk.co.uk
http://www.newcoachoutlet.us.com
http://www.archivigramsci.it
http://www.ugg.me.uk
http://www.manoloblahnik.us
http://www.pandora-jewelry.name
http://www.ugg-bootscheap.com.co
http://www.true-religion.me.uk
http://www.canadagooseclearance.us.com
http://www.uggboots.com.co
http://www.cheapraybansunglasses.net.co
http://www.raybansunglassesoutlet.net.co
http://www.bostoncelticsjerseys.com
http://www.uggbootsoutlets.in.net
http://www.oakleyssunglasseswholesale.us.com
http://www.oakleyssunglassescheap.com
http://www.airmaxuk.uk
http://www.uggscanadasale.ca
http://www.ferragamooutlet.us.com
http://www.oakleysunglassessport.us.com
http://www.superdry.me.uk
http://www.supremeclothing.us.com
http://www.coachfactoryoutletonlinesale.us.com
http://www.cheapmichaelkorshandbags.us.org
http://www.coachoutlet70off.us.com
http://www.longchamp-outlet.us.org
http://www.coachoutletfactoryon.com
http://www.louisvuittonusa.us.com
http://www.katespadehandbagsoutlet.us.org
http://www.cheap-ugg-boots.us.org
http://www.louboutinshoesuk.co.uk
http://www.adidasoutletclearance.com
http://www.uggclearancesale.us.com
http://www.pradahandbagsoutlet.us.com
http://www.truereligionsale.com.co
http://www.louis-vuittonoutlets.us.org
http://www.thenorthface-outlet.in.net
http://www.vibramfivefingers.in.net
http://www.villafranchi.it
http://www.northfacejacket.us.com
http://www.vitax.se
http://www.softworx.it
http://www.outletuggs.net.co
http://www.recoilmag.com.au/rolex.html
http://www.sproeiendekutjes.nl
http://www.coach--purses.in.net
http://www.michaelkorsoutletonline80off.us.com
http://www.mamiundich.ch
http://www.recoilmag.com.au/adidas-yeezy.html
http://www.moncler.eu.com
http://www.miamiheatjerseys.us.com
http://www.columbiaoutlet-store.com
http://www.uggsaustraliaboots.us.com
http://www.vayrocana.de
http://www.burberry-saleoutlet.com
http://www.nikehuarache.me.uk
http://www.michaelkorsuk.me.uk
http://www.coach-outlet.nom.co
http://www.fitflopssaleuk.org.uk
http://www.mathcad.be
http://www.moncler.me.uk
http://www.uggsaustralia.net.co
http://www.birkenstocksandals.org
http://www.toryburchhandbagsoutlet.us.com
http://www.uggbootsclearance.net.co
http://www.adidasstansmith.org.uk
http://www.usboots.us.com
http://www.fitflops.us.com
http://www.northfaceoutletstore.us.org
http://www.louisvuittonoutlet.nom.co
http://armani.sunglassescheap.us.com
http://cartier.sunglassescheap.us.com
http://www.uggbootsaustralia.us.org
http://www.seattleseahawksjerseys.us.com
http://www.cincinnatibengalsjerseys.us.com
http://www.moncleroutlet.us.org
http://www.northfaceoutletonline.me.uk
http://dior.sunglassescheap.us.com
http://www.newenglandpatriotsjerseys.us.com
http://www.niketrainers.uk
http://www.louisvuittonstores.us.com
http://www.jordanretro.us
http://www.vansshoesoutlet-store.com
http://www.chelseajersey.org.uk
http://www.raybanpascher.fr
http://www.cheapnorthfacejackets.us.com
http://www.louisvuittonuk.org.uk
http://www.montblancpenofficials.us.com
http://www.coachoutletsclearance.us.com
http://www.coach-factoryoutletusa.com
http://www.ralphlaurenpolooutlet.us.org
http://www.uggbootsonsale65off.in.net
http://www.uggbootsoutletclearance.us.com
http://www.birkenstockoutlet.us.com
http://www.hermes.me.uk
2017.9.13xukaimin
ހ
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。