お前というやつは

ホントに大馬鹿者だ

走っていけば 間に合うかもしれない

それでも決めた

これが最善だ。と

心にケリをつけて


「あの時〜」って思い返せば

後悔ばかり

もっとやっておけば なんて

今更なのにね


臆病者って わかってる

泣き虫だし

天の邪鬼

わかってるよ それが俺

わかってるよ 大馬鹿者

今 できるなら

走っていける

全身で

あなたを追いかける

手を取る

引き寄せる

声かける

「待って」と

「ごめんね」と

「大好きだ」と

言えるのに

この小説について

タイトル お前というやつは
初版 2009年10月2日
改訂 2009年10月2日
小説ID 3527
閲覧数 670
合計★ 6
東雲 ヤクモの写真
作家名 ★東雲 ヤクモ
作家ID 203
投稿数 168
★の数 305
活動度 18354

コメント (4)

★ 2009年10月2日 21時57分55秒
どうも、丘です。
では感想を。


「待って」と

「ごめんね」と

「大好きだ」と

言えるのに

この文がすごい好きです。ああ、青春だなと思いました。
全体から見てもおもしろくて、よかったと思います。
では、失礼します。
★東雲 ヤクモ コメントのみ 2009年10月2日 23時13分52秒
丘さん、いつもコメントありがとうございます。
五月 2009年10月3日 21時39分30秒
コメでは初ですね。

自分は、走っていけるの部分が好きですね。
なんか素敵です・・・。

★東雲 ヤクモ コメントのみ 2009年10月4日 20時48分27秒
五月さん、ありがとうございます。
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。