市長と秘書 - 受け身市長

「市長! あなたはどうやって市長になったのですか?」
「じゃんけん」
「代われ」←野心
カッ。ドサリ。
                            完



「市長! 珍しく書類にサインなんてどうしたんですか!」
「いや、これただの始末書だから」
「期待した私がバカでした」
カッ。ドサリ。
                            完



「市長! 街のごみ問題についてですが………って、なんでゲーム機いじってるんですか?」
「シムシティをやっているんだ。どこにリサイクルセンター設置しようか迷うなぁ」
「ついに現実と空想の区別さえつかなくなりましたか」
カッ。ドサリ
                            完



「市長! なぜ私の銃を!」
「ふっふっふ、今まで秘書が私を簡単に倒せたのは、これのお陰だとは思わないか?」
「くっ! そ、それは!」
「いい顔だ………っ食らえ!」
カッ。ドサリ
「スペアぐらい持ってますよ」
                            完



「市長! 撃ちますよ!」
「よっしゃ、こい!」
カッ。ドサリ
                            完


後書き

これ書くの楽しいですね。癖になりそうです。
最近ぱろ学とか市長と秘書書かせてもらったり、なんか不思議な(?)体験が多い。
自分の作品書けって話ですが。


ビビンバさん、ごめんなさいm(_ _;)m

ってか秘書の武器って本当に銃なのかな。

この小説について

タイトル 受け身市長
初版 2009年11月29日
改訂 2009年11月29日
小説ID 3640
閲覧数 1616
合計★ 14
せんべいの写真
作家名 ★せんべい
作家ID 397
投稿数 62
★の数 646
活動度 12726
卓球とみたらし団子とピアノが大好きな変態です

コメント (4)

★青嵐 2009年11月29日 2時40分58秒

カッ。ドサリ
★丘 圭介 2009年11月29日 12時47分12秒
こんにちは。
せんべいさんへの罪滅ぼしということで、感想を書きます。

ただの二人のやり取りなのにとても面白かったです。
本当に受身ですね、市長さん(笑)


では。
★けめこ 2009年11月29日 23時06分36秒
遂に出た、せんべいさんリメイク第2プロジェクト!(なんじゃそら)

使う人によって銃?の威力が変わるんですねw
不死身でヘタレな市長に小さな小さな共感を覚えました……
★W.KOHICHI 2009年11月30日 20時13分14秒
なんと、まことに書かれたとは。有言実行の人ですな。
中身も面白かったし、私から言うべき事は特にありません。
しちょひしょをバカにするわけではありませんが、たまに息抜きみたいにこういうのを書くと面白いんですよね。
自分の作品も優先すべきではありますが、人生寄り道も必要でございましょう。
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。