にゃめんなよ! - <第二部>第一章「古龍」

第二部「鬼が出るか蛇が出るか。」
第一章「古龍」

 ああ、今日ほど気持ちの良い朝はあるものか。金色の陽に緑色(エメラルドグリーン)の木々。私は胸の底から来る清々しい「勝利」と言う二文字を噛み締めながら、ニヤリとした笑みを浮かべ、ベッドから起き上がった。
 時刻は五時。いつもながら習慣付けている朝練も眠気覚ましに心地よい刺激を与え、苦では無かった。母は朝早く起床し、私に玉露を淹れた急須と茶碗を乗せた盆持って庭先に来た。
 「随分気持ち悪い笑みを浮かべてるねぇ。何かあったのかい?」
 「あ、おはようございます。お母様。」
 「ああ、うちの娘も遂に毒されたか。大麻を吸ってもこうはならないと思っていたのに。」
 母は頭を抱え、襖を開けてどっかへ逃げ込んでしまった。失礼な。私だってたまにはこんな日もあるのに。
 「おはよ、お前ら。」
 「久しぶりにお嬢の機嫌がいい。何かあったに違いない。」
 「お嬢が変だ!俺らにいつも当たってくるのに!!」
 ヤクザ連中もひそひそと。私らしくないって、私がどう変わろうが本質は私に変わりないのに。あー、みんな分かってない。まあいい。今の私ならどんな悪口も気持ち良く流せてしまえそうな気分だ。これが善人の気持ちなんだろうな。
 そんな事をふっと笑いながら考えてもみる。私も暇人だなーと。

 そして、朝餉を済ませ、二杯目の玉露で目を覚まし、早々と学校に向かう事にした。
足取りは軽く、ステップを踏めばそれに呼応して外気が涼しく、小鳥もさえずってくれる。目もくれぬ自然に目が止まるとは心に余裕が出たしるしなのか。
そして、「眼つきが悪いアイツ」と遭遇した商店街付近で足が止まった。今日もいるかなーっと路地裏を覗くと、相変わらず惚けた顔で猫様を愛でている様子。
 「相変わらずいい趣味してるねー。」
 私はにやにやと笑いながら背後から話し掛ける。するとコイツはびくっとした様子で振り向いた。
 「ほ、ほっとけ!……ったく、朝から嫌なもん見ちまったぜ(小声)。」
 「ほー、そんな事言うんだあ。」
 「い、ううん、何でもないんだ。それより学校行くぞ!!」
 龍崎は若干取り乱しながら、私の手首を引っ掴んで引っ張って行った。扱いがガサツ過ぎる……。
 しかし、龍崎も龍崎だ。女の子と話した経験がないのか分からないが、恥ずかしそうにそっぽを向いて、一言も話そうとしない。手を掴まれてるのも忘れてるみたいで、離すことすら忘れてるし……。
 「アンタ、そう言えばどうして猫が好……。」
 「やばっ、ちょっと来い!!」
 私が話を切り出そうとした時、龍崎は慌てて私を路地裏に押し込むと自分も逃げ込んだ。そして、私の上に覆いかぶさるように……って何してんのコイツは!
 「ちょ!!龍崎、苦しいって!!」
 「まだアイツ徘徊してるのかよ。ったく……しつこいんだから。」
 私の言葉も意に介せず、気付けば体勢は龍崎に押し倒され状態。私が仰向けに倒れ込んで、その上から龍崎が両手を地面に突いて気配のする方向に顔が向いている。今にも押しつぶされそうな胸板の厚さと身体の密着感が私の感情に何かを点火させた。
龍崎は冷や汗を掻いて冷えた状態になってるんだけど、対極に私は……あー、もう、この状況下、酷過ぎる!!何か火照って来たし。
 私は抵抗して龍崎の胸倉をポカポカと殴ったが、しかし、異常なまでの恐怖心からか、一心不乱のご様子。この状況下で何も動じない鈍さも兼ねて、何かの気配が消えるのを待ち続けているようだ。

 そして……。
 「よし、去ったみたいだな。ん?お前、顔が赤いぞ?」
 「死ねッ!!」
 私は空いていた脚で龍崎の股間を蹴り飛ばした。よく分からぬ感情に苛まれながら、火照った顔を押さえる。
 「アンタ、状況を見なさいよッ!!汗臭い身体押しつけられた上に、湿っぽいとこに押しつけられてこっちはタマったもんじゃなかったんだから!!」
 私は地団駄を踏んで怒鳴った。龍崎はうずく股間を押さえ、泣きそうな痛みにうずくまって、私の話も聞いていないみたいだけど。
 「うるせー!!俺だって朝からお前みたいなウルサイ奴と鉢合わせした上に、命の危機に晒されてんだぞ!察しやがれ!」
 「アンタの主導権はこっちが握ってんだから少し黙りなさいよ!!」
 「あれは不可抗力ってか……卑怯過ぎるぞ!!」
 「あー、うるさいうるさい!!」
 私は不毛な争いをだーだーと続けてしまうんじゃないかって思って、さっさとこの場から撤退した。

 そして、少し距離を置いたとこで歩きながら若干荒めの呼吸を落ち着ける事にした。
 「ったく。危なかったなぁ。全く、アイツは何に恐れてたんだ?」
歩いていると、後ろからエンジン音がして、赤塗の大型バイクが接近して来た。そして、女性はバイクから下りると私に声掛けて来た。
 女性の風貌を言うならば、落ち着いているが『怖い』。言うなれば私の母のような感じかな。赤く染めた髪で、ダメージジーンズと革ジャン、そしてブーツ。耳には五、六個のシルバーリングピアスを付けた、男臭いおねーさん、いや、若いおばさんみたいな人が私に声を掛けて来た。
 「なぁ、アンタ、桜坂高校の生徒だろ?」
 「あー、そうですが。どうかしました?」
 「いや、ここらにさ、茶髪で眼つきの悪い『クソガキ』が通ったと思うんだが……知らないかぁ。」
 「そんな人なら私の知り合いに一人しか……龍崎って奴が。」
 「そーそー。そいつ。で、どっち向かってった?」
 「アイツならあっこの路地に……。」
 「さんきゅーッ!!」
 おねーさん(社交辞令)はバイクに乗ると、指を立てて黒煙を立てながら爆走して行った。
 「……さて、学校行くかな。」

 なんかやな予感がするんだけど、気にしないでおくか。どうして会いうが焦ってたのか凄く気になるけど。

 それから一週間、龍崎の姿を見た物は居なかった。噂によれば、赤塗のバイクが首都高を爆走し、「簀巻き」にした人間を引きずっていたと言う話を小耳に挟み、そのバイクは青森から大阪まで走ってたとか。そんな『デマ』が飛び交っていた。まぁ、ウソ臭いこの街だ。気にしないでおくかな。


……続きます。

この小説について

タイトル <第二部>第一章「古龍」
初版 2010年6月1日
改訂 2011年2月10日
小説ID 3933
閲覧数 906
合計★ 0

コメント (0)

名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。