笑え、嗤え、哂え


 笑えばいい、好きなだけ。
 見下せばいい、好きなだけ。

 面と向かって言える勇気がないような
 クズに負けるつもりはない。


 そうやって笑って、ほら。
 自分が上だと思いこみたいだけ。

 そうやって見下して、ほら。
 自分の愚かさに気付きもしない。



 
 腐ってる、何もかも。




 傷つかないとでも思っているのか?

 あの子も、彼も、その子も、彼女も、
 笑ってるけど傷ついてる。

 何故見ようとしない。
 何故知ろうとしない?

 結局は見た目が全てなのか。




 腐ってる、何もかも。




後書き

思ったことをそのままに。

この小説について

タイトル 笑え、嗤え、哂え
初版 2010年10月21日
改訂 2010年10月21日
小説ID 4087
閲覧数 791
合計★ 5
刹那の写真
常連
作家名 ★刹那
作家ID 673
投稿数 8
★の数 18
活動度 976

コメント (1)

隻音 2013年2月8日 16時46分09秒
かっこいいっす
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。