市長と秘書 - 最先端市長

「市長!人口を増やすのに何かいい方法は無いでしょうか」
「紹介で他市から引越しをさせた人は人数に応じて住民税キャッシュバックキャンペーン」
「予算は?」
「引っ越してきた人の住民税」
「ねずみ講ですよね」
カッ。ドサリ。                      完


「市長!景観を良くする為に電線を地中に通して電信柱を減らしましょう」
「土壌を超伝導に改良すれば埋める必要もない」
「市民が感電で全滅します」
カッ。ドサリ。                      完


「市長!共同購入型クーポンが増えてきましたね」
「我が市でもそういう形式の販売してみたいな」
「例えば、何かあります?」
「100人以上購入で市民の個人情報が半額」
「売るな」
カッ。ドサリ。                      完


「市長!もっと観光客を誘引できるような都市環境にもしたいですね」
「市全体をフルCGで壮大な風景にみせかける」
「現実を活かす方向で考えて下さい」
カッ。ドサリ。                      完


特別読みきり 〜パン好き市長〜
「市長!パン屋が移転して遠くなりました!」
「残念だ」
                             完


特別読みきり 〜おかゆ好き市長〜
「市長!パン屋が移転して遠くなりました!」
「残念だ」←パンも好き
                             完

後書き

ビビンバ吉田です。
勤務中にうっかり思いついて書いてしまう市長と秘書。
年内に片付ける業務は大体終わったからいいや、とか思いつつ書きました!

最近はぱろしょ出張所も更新してませんでしたが、
今ちょっと小遣い稼ぎ程度にやってみたいことがあって、勉強中。投資関係じゃないです。
まあ、大したモノでもないけどそのうちコレをご覧の皆さんにも公開できればいいなあとか。

毎度のことながらコメント無しでも構わないので評価頂けるとありがたいです。

アメリカ勤務してた同期が一時帰国して6時間くらいぶっ通して飲みながら喋って楽しかった。
アメリカの吉野家はクラムチャウダーがあるんですねえ。すげー組み合わせ。。

この小説について

タイトル 最先端市長
初版 2010年12月27日
改訂 2010年12月27日
小説ID 4160
閲覧数 1767
合計★ 8
ビビンバ吉田の写真
作家名 ★ビビンバ吉田
作家ID 3
投稿数 148
★の数 1180
活動度 17563

コメント (2)

※コメントは作者にしか見えない設定になっています。

名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。