始まりのヒト

始まりのヒト

パパとママのことはルーシィに聞いて知っていた
でも記憶については何とも言えない
僕は多分、宇宙で歳をとらずに眠り続けて長生きして旅の出来る、冷凍カプセルに入った前の記憶については不確かだ…余りにも幼かったせいもあるし
余りにも長時間の睡眠障害のせいもあると思った

僕は最後の人々の生殖細胞を保管してこと座のベガまで旅を続ける移民船の保母としての役割を与えられていた。

どんなことがあっても、人間の種としての継続は続けていかなければならない
数百年も前に死んでしまった地球上の人々はそう願っていた
古い映画や フォトフレーム、パパとママのホログラム映像には地球といった世界の景観が写っていた
僕は以前ルーシィに言った
とても不潔な世界だねって…
そこは多すぎる人々がひしめきあって窮屈に生きていて
お互いを傷つけあっているそんな世界にしか見えなかった
この船には今僕以外の人間が一人もいない
僕の話し相手、教育をしてくれる、ましてや生命維持の管理もしてくれているのは
ルーシィという人工知能だった。
彼女は女性というわけではなかったが、人類の基準から言うと女性というものを模して形成されていた
ルーシィは特定の姿を持たず、船内のいたるところの部屋に監視を行うだけの機能を備えていた。


僕はまだ地球がちゃんと文明圏として存在していたころの戯曲の映像をよく見る
そこには破壊と対立がふんだんにありとあらゆる人々の精神を支配している
そう思った
ルーシィはよく僕に言う
こういった世界を再び別の世界に築いていかなければいけない
その礎が僕だって
でも、僕は思う、どうしてこういった映像に写っているような悲劇的な世界を僕が推奨していかなければならないのかって…?

船のいたるところは無重力だ…
ルーシィはある日僕にこう言った

人類の種の継続計画は危機に陥っていると…

僕が予定より500年も早くに生命維持カプセルから出て長い眠りから覚めたのか
その理由についてルーシィは、僕の514歳の誕生日に説明してくれた…

「第一世代の子供たちを試験管培養します…誕生は二カ月先
あなたの実質年齢は14歳です、生まれてくる子供は4名、男女二名づつ…あなたはかれらを精神的な親代わりとして育てていかなければいけません…」
「でもさ…僕に考えがあるんだ
昔の地球の人たちのことを教えて…ぼくはあんな映画の多くの争い事ばかりしている人間には誰ひとりとして育ってほしくないからね…」
「あなたにはあなたの考えもあるでしょう、でもね人間にはいろいろな面があったのです
地球で文化をはぐくみ宇宙にまであなたたちを送りだしたのは人間たちの力です…実際いろいろ危惧されていた戦争によって人々の世界が滅んだわけではありません…地球の温暖化を招いたのは人間の文明だと言われていた時期もありました、でも太陽の活動変動が地球温暖化を招き…極地の氷河に封じ込められていた対処不能の病原菌が世界を滅ぼしたのです…

ジェイク、あなたには人類として欠けたところがあります
人間として自分以外の別の存在と関わることがなくあなたは成長してきました
わたしのような人工知能の私にあなたに出来うることは限界があるのです
あなたは4人の生成されるクローンベビィたちを育てることと同時にあなた自身彼らから学ぶでしょう、ヒト と関わるということはそういうことです…」

「ねぇルーシィ 計画は危機に陥っているといったよね
どういうこと…?」
「あなたがカプセルから出る2カ月前 隕石がこの船に衝突しました
それによって船体に保管されていた人類の生殖細胞2万人分の試験管が汚染され細胞としての死を迎えました
何とか蘇生した8体分の細胞を大切に移民計画を立てていかなければなりません
近親交配を避けるため、生き残った細胞の遺伝データはあらかじめ多種多様にコーディネートしました
それゆえに離れた遺伝子間の仲間として生まれてくる彼らの対立や確執は絶えまないでしょう…私はそれだけが心配です」

四人の子供たちが生まれたその日 ルーシィは機能しなくなった。
以前の隕石衝突が船に与えた影響は様々あったのだろう
ルーシィは最初の一世代の生成を果たすまでは何とか自己の機能を維持していたのだろう
僕はルーシィに代わって宇宙の移民計画の前責任者として、新しいコズミックチルドレンの育て親として責任を果たさなければいけない立場となった…

それがどれだけ重要で重い任務かということは、地球というもの、人類の本来の存在自体に否定的にみている僕だからこそ、それほど重荷に感じなかったのだろう…

ケインは黒い肌をした子供だった…彼は運動神経に優れ、体格にも恵まれていた
彼はベビーフードを誰よりも多く要求した
彼が2歳になるころ彼は自分の体力強化器具 鉄棒や 腹筋運動 ルームランナーなどはいろいろな船内の器具を取り壊してその材料でこしらえてしまうほどだった

メアリ は特に容姿に優れていた
もう一人の女性 レイチェルは薬品について特に興味を持っていた
レイチェルは三歳にもなるころ 僕が船内でぶつかって背中を強打してしばらく身動きが取れないとき 完璧な痛み止めと骨増強薬品を合成して僕は怪我の苦痛からいともたやすく救われた…
容姿に優れ、理想のプロポーションをした メアリ は歌ったり踊ったりすることが大好きだった
彼女はジョンのいい面倒見役として優しささえも備えていた
ジョンについて語るなら、僕はとても配慮が必要だと感じていた、彼は4歳になっても何一つ言葉を発しなかった
彼は一日中何もしようとはせず、ただ無気力にうつろな笑顔をしているだけだった。
ジョンが先天的に重い障害を抱えているのは明らかで…
僕は育ての親として一番気にかかっていたのは何よりジョンと関わることについてだった

もし 人工知能のルーシィが今も機能していたなら、どんな助言をくれるだろう
そう思った。

僕たちが ルーシィを失ってからこういった孤独な宇宙船内で5人の生活を始めて
16年が過ぎようとしていた
僕は中年となっていた
少しおなかが出て、体形が崩れかかってきていた
子供たちは思春期を迎えていた
この四人がどういった組み合わせでカップルになっていくのか予想がついた

能力体力的に優れた 黒い肌のケインと薬学博士のレイチェルはお互いを刺激して尊敬しあい喧嘩もよくしていたがウマが合うようだった。
アイドルのメアリは、カタコトの言葉しか発しない 16歳にしては小柄で華奢な体つきのジョンのそばから離れようとしなかった
地球の古い書物に聖書というものがあり 一時期それを見たが前世からの因縁とかあるというならジョンとメアリ は不思議な結びつきをしていると感じた…

ケインは昔の地球の映像のジャクソン マイケル といったキャラによく似ていた。
彼は気性も激しく 自信過剰な面をもっていた
彼は12歳の時船内の部品を僕が止めるのもきかず勝手に分解して船外活動用の小型宇宙艇を組み立てていた。それは彼が夢中になったため3機も造られてしまっていた。

確かにそうだ、昔ルーシィが言った通り人類の遺伝子には素晴らしい面があるのだろう
きっと地球という惑星に住んでいた人々も10歳を過ぎれば乗り物などいともたやすく造ってしまう高い能力を持っていたのだろう…それに比べて僕は何だろうと思う
30歳を過ぎても出来ることは限られている
子供たちの行く末を案ずることぐらいしかできない…ルーシィが僕が欠けた部分を持っているというのはそういうことだったのだろう。

僕が34歳の誕生日を迎えた日…人工知能のルーシィが再び目覚めた
原因は全て ケインが作った
ケインは18歳の時彼は18歳にもなって人工知能の修理や製作ができない自分を嘆いていた。ケインはその悔しさをバネにしてルーシィのシステムを二年がかりで修復した。

ルーシィと会話ができなくなって20年のブランクがあった
子供たちの成長を事細かく記録していた情報をルーシィに見せると、ルーシィは驚嘆していた、ルーシィに感情らしきものが備わっていいるとは以前は思えなかったが、ケインのルーシィの電子回路の修理の途中、ケインはとてつもない技術を発揮してルーシィに人間並みの感情の機能を勝手に組み込んだらしい。

僕は本来の人類が、ケイン やレイチェルのような高度な能力や メアリ のようなかけ離れた美しさを持った基準からはけた外れに突出していることを聴かされた

彼らは宇宙で誕生した新しい種類の人類として、まったく未知数の可能性を生み出してしまった産物だとルーシィは説明してくれた。

まだ培養されていない生殖細胞は4人分
しかし薬学博士の レイチェル はそれら限られた細胞から本来の二万人分よりはるかに多い多種多様な遺伝細胞を生成することに成功した。

宇宙で生まれた全く新しい人類はその驚異的な力で人類に降りかかったありとあらゆる危機すら全く問題にしないたくましさを持っていた。

彼らからみればルーシィすら劣った存在だった
ケインの施した処置により拡大したルーシィの外宇宙の監視能力は、全く新たな危機を告げた。
船のこのままの直進コースに回避不能な天体が待ち構えていること
それらを回避する方法は ケインの技術を借りれば何とかなったかもしれない…

けれど僕たちは選択した、 この船を捨て去ることを
それには、もはや僕たちは地球といった星からやってきた人類といったレッテルをはぎ取りたいそんな意図を誰もが感じていたからだ。

ケインが12歳の時創り上げた一人乗りの小型艇は三機しかなかった。

心優しき美貌のメアリはジョンとこの船ごと消滅することを望んでいた
むしろ自分たちの分の脱出艇をケインに造ってくれと言えば出来なくはなかった
ただ メアリ は運命とかといったもの以外の感情で自分とジョンの生にピリオドを打とうとしていた。

それからの日々、メアリはジョンとの二人きりのブライベートな部屋の使用をルーシィに望むようになった
セックスについて彼らは自然に理解していたし…
メアリはジョンとのあいだに子供を作って、卵子から取り出されたその生殖細胞を脱出艇に他の余りにも多くの再生された生殖細胞の仲間として加えてほしいと希望を伝えた。


ルーシィとのお別れの日はやってきた
ケインは全く未知なる技術で短期間で こと座のベガという太陽の第七惑星という地球型惑星に数カ月の小型艇での航行でたどり着く方法を編み出していた

メアリとジョンは一室に閉じこもり誰とも話やコミュニケートなどしなくなった。

僕は可能性を秘めた二人が脱出船に乗り込んで今すぐ発進の時、最後の会話を少しルーシィとした。
「ルーシィ 彼らにやれるのだろうか、人類の再建が…?」
「全ては未知数です、ただ信じましょう彼らを…彼らから引き継がれるのは全く未知の驚異的な能力を持った新しい人間たちです…でも、彼らが地球とつながっていないとは私は思いません…それよりも、まったく予想外のシナリオでした。
私は機械です死ぬことは怖くはありません、ただ メアリ とジョン のことを思うと不憫です
彼らも実質上最良の人類です…さあ行きなさいジェイク、あなたにもまだ役割があるのですから」
「ありがとうルーシィ さよならは 言わないよ…」

後書き

かなり昔 SFマガジンで読んだ短編
フレットヘイバーセイゲンの「バースディ」あたりとかに影響された部分があります
ただ、好きなものは好きといった作風からこの短編を書きましたが独自の展開 解釈など入ってしまった結果となっています

この小説について

タイトル 始まりのヒト
初版 2011年1月22日
改訂 2011年1月22日
小説ID 4183
閲覧数 891
合計★ 6
エーテルの写真
ぬし
作家名 ★エーテル
作家ID 179
投稿数 38
★の数 72
活動度 6746

コメント (5)

★那由他 2011年1月22日 13時29分52秒
はじめまして。那由他と申します。

御作を拝読いたしました。
初心者のくせに上から目線で生意気なコメントになりますが、ご容赦ください。

まず、文章についてなのですが、文末に句点があったりなかったり、登場人物の名前の前後にスペースがあったりなかったり、と見た目が気になりました。そこが読んでいて引っかかった点です。

読んでいて気になった箇所や、誤字・脱字を挙げておきます。

>わたしのような人工知能の私にあなたに出来うることは限界があるのです
一文に「わたし」と「私」が重複していますので、後ろの「私」は不要かな、と思います。

>僕はルーシィに代わって宇宙の移民計画の前責任者として、
ここの「前責任者」は「全責任者」だと思います。

>ルーシィに感情らしきものが備わっていいるとは以前は思えなかったが、
「備わっていいる」の「い」が衍字です。

世代宇宙船をテーマとした作品ですね。同じテーマですと、ハインラインの「宇宙の孤児」あたりがすぐに思い浮かびます。人工知能が管理する恒星間宇宙船となると、ロバート・J・ソウヤーの「ゴールデン・フリース」あたりが記憶に新しいところです。作者様の後書きにあったセイバーヘーゲン(すみませんが、「ヘイバーセイゲン」ではありません。「バーサーカー」や「東の帝国」の作者ですね)の作品は読んだことがないのですが、御作は独特の雰囲気を持った作品でした。

テーマが壮大ですね。単に男女五人の物語ではなく、人類という種全体の再生、さらに種としての進化(このあたりはクラークの「幼年期の終わり」やスタージョンの「人間以上」などが思い浮かびました)を扱っているあたりにスケールの大きさを感じます。読んでいて、作品の骨格に埋めこまれた奥行きの深さなどを楽しむことができました。ケインとレイチェル、メアリとジョンのそれぞれの選択も人類の進化の方向性を暗示しているようで、おもしろいと思いました。

さて、ストーリーの方ですが、テーマのスケールが大きかった分、この分量で収めるのは難しいかな、と思いました。失礼な言い方になってしまいますが、一読すると小説というよりもあらすじに近いような印象を受けます。キャラの相互関係など、ストーリーに幅を持たせるような肉付きがもう少しほしいかな、と思いました。ただ、加筆するとなると、それこそ長編並みの長さになってしまうような気がしますので、加減が難しいところですね。

あと、AIのルーシィと保護者であるはずの主人公の存在感がいまひとつ薄かったかな、という印象です。特に、新しい世代の子供たちの名前を決めたのは主人公だと勝手に想像しているのですが、子供たちとの触れ合いや保護者としての自覚など、そのあたりにもう少し筆を費やしてもよかったのではないかな、と思います。ルーシィは読者に対する説明役みたいな役割に収まってしまっている感じがありますので、主人公や子供たちへアドバイスをするなど、もっと積極的な立場にあってもいいように思います。

世代宇宙船と人類の進化という壮大なテーマを彩色するキャラの造形にもう少し力点が置かれれば、この作品はもっとすばらしいものになるように思いました。

コメントは以上です。たいして参考にならないかもしれません。初心者が書いているものですので、平にお許しください。
次回の作品もがんばってください。
それでは失礼いたします。
春燕 2011年1月22日 20時36分58秒
二度目になります。春燕です。

ノアの箱舟のような風味を感じました。テラ(地球)へという漫画がありましたが、あれを思い出させるような何とも深い話でした。

これは短編で済ますというよりも、じっくりと作り上げていって起承転結をしっかり持った長編の方があっているかもしれません。あくまでかもしれないというだけですが……

やはり、小説を書くにいたっての文の書き方、これに固執する必要はありませんし、詩の場合はまた違った場合になりますが、短編の場合はやはり小説の書き方を適用したほうがいいと思われます。

キャラはそれぞれがいきていたように思います。ただ、もう少しAIと十四歳の少年の過去、冒頭部分で説明していただけると、この二人の伏線も張れるかと。

どこまで役に立つかは不明ですが、コメントを書かせていただきました。

では。

★エーテル コメントのみ 2011年1月23日 9時41分41秒
那由他 様
かなりしっかりとした把握をこの作品から感じていただいているのがわかります…正直申してしっかり読んでいただいた上でのご指摘ですので、上から目線でも、こちらからすると感謝の気持ちしか湧きません

SFについてかなり詳しい方とお見受けしました

全般的に自分のある程度把握してる問題点も指摘していただきましたが、それ以外にもいろいろ発見がありました。

かなり収穫のいただいたコメントでした
ここでその辺を反映できるかどうかは自分なりの努力にかかっています
重ね重ねありがとうございます。
★エーテル コメントのみ 2011年1月23日 9時46分48秒
青燕 様
地球へ、は自分にとって思春期に入りかけの頃出会った作品でした、多分文学で扱われているSFのニュアンスを初めてコミックやアニメに反映された物語として別格でした。

いろいろストーリィ上のご指摘
いろいろと参考になりました

2017.9.13xukaimin コメントのみ 2017年9月13日 9時56分53秒
w^~)http://www.katespadehandbagssale.us.com
http://www.truereligion-outletjeans.us.com
http://www.louisvuittonhandbags.nom.co
http://www.recoilmag.com.au/christian-louboutin.html
http://www.canadagoose-canada.ca
http://www.pandoracharms.us.org
http://www.birkenstock.us.org
http://www.uggboots-onsale.us
http://www.uggbootsclearances.com.co
http://www.coachoutletonline70off.us.com
http://www.ray-banssunglasses.com.co
http://www.adidas-nmd.co.uk
http://www.hermesbeltoutlet.com
http://www.uggbootsonsale75off.us.org
http://www.uggoutletsonline.us.com
http://www.michaelkorsbagsuk.co.uk
http://www.truereligion-jeans.com.co
http://www.ralphlaurenoutletofficial.us.com
http://www.sevensoulmotion.be
http://www.cheapnfljerseyswholesale.us.com
http://www.monclerjacketsonline.us.com
http://www.officialcoachfactoryoutletonline.us.com
http://www.coach-bags.us.org
http://www.uggoutletstore.net.co
http://www.kibbie.at
http://www.truereligionjeans-outlet.us.com
http://www.discountnike.us.com
http://www.grupolanda.es
http://www.adidastrainers.uk
http://www.nikefactory-outlet.us.com
http://www.christianlouboutindown.com
http://www.ralphlaurenoutlet-poloshirts.us.com
http://www.underarmouroutletclearance.com
http://www.truereligionoutlet.eu
http://www.recoilmag.com.au/michael-kors.html
http://www.ugg-outlets.com.co
http://www.swarovski-jewelry.name
http://www.newyorkknicksjerseys.us.com
http://www.uggsaustralia.it
http://www.chaussureschristianlouboutin.fr
http://www.uggonsale.in.net
http://www.montblanc-pens.name
http://www.uggaustralia.me.uk
http://www.burberryoutletsales.us.com
http://www.christianlouboutinuk.uk
http://www.canadagoosesale.name
http://www.coachhandbagscanada.ca
http://www.adidas.in.net
http://www.goldenstatewarriorsjerseys.us.com
http://www.louisvuitonnoutlet.com
http://www.outletuggboots.com.co
http://www.truereligionoutletjeans.us
http://www.uggsoutletstores.us.com
http://www.coachfactory-outletonline.org
http://www.outletcanadagoose.com.co
http://www.monclerjacketsoutlet.us.com
http://www.pandorajewelry.in.net
http://www.pandorajewelryoutlet.us.org
http://www.outletpolo-ralphlauren.us.com
http://www.redbottoms.me.uk
http://www.ugg.com.co
http://www.adidasshoes.in.net
http://www.nikeairmaxshoes.us.com
http://www.michaelkors--outlet.us.com
http://www.ugg-boots.name
http://www.washingtonwizardsjerseys.com
http://www.michaelkorstotehandbags.us.com
http://www.funoase.at
http://www.longchamp-outletstore.us.com
http://www.noltingorgelgendringen.nl
http://www.cheapairjordans.us.com
http://www.supremeuk.co.uk
http://www.ferragamobelt.us.com
http://www.coachfactoryoutletonlinesale.us.com
http://www.maccosmeticsonline.us.com
http://www.uggsslippers.com.co
http://www.outletcoachfactoryonline.us.com
http://www.uggbootsaustralia.in.net
http://www.mulberrybagsuk.me.uk
http://dolceandgabbana.sunglassescheap.us.com
http://www.clearancemichaelkorsoutlet.us.com
http://www.ralphlauren.eu.com
http://www.nikeoff.com
http://www.uggsale.com.co
http://www.outletslouisvuitton.us.com
http://versace.sunglassescheap.us.com
http://www.uggsoutlet.org
http://www.christianlouboutin.me.uk
http://www.uggsoutlet.nom.co
http://www.salomon-shoes.in.net
http://www.denverbroncosjerseys.us.com
http://www.michael--kors--canada.ca
http://www.cheapauthentic-nfljerseys.us.com
http://oakley.sunglassescheap.us.com
http://www.anzeigenmaerkte.ch
http://www.cheapraybans.ca
http://www.recoilmag.com.au/ralph-lauren.html
http://www.uggslippers.us.org
http://www.ray-ban-sunglasses.com.au
http://www.michaelkorsoutlet75off.us.com
2017.9.13xukaimin
ހ
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。