ぺっぱのトンネル

一 原っぱ
ぼくの名前は「やまは」、小学六年生。
これは本当にあった話。
ぼくの家で本当にあった話なんだ。
三年前のことだった。

☆☆☆☆☆

妹のそらは寝てしまった。となりですうすう寝息を立ててる。もともと寝つきがいいんだけど、つかれもたまってるだろう。四月になって、そらは小学校へあがっていた。
ぼくは安心して、トンネルをくぐり始めた。
今度はいい感じだ。ネコのぺっぱといっしょに通ったときと同じ。空間がゆがんでゆくような気分・・・。
(んー、心がまざっていくような感じっていうか)
ぺっぱとぬけた布団のトンネル。何回通っても不思議なトンネル。ぼくの布団なんだけどね。
(今度はぬけられるだろうか・・・)
胸がどきどきしてくる。
(あの原っぱに、いるんだろうか?)
胸がしめつけられるような気がしてくる。
苦しい。
せつない。
(それでも行きたい!)
ぺっぱに会いたい、そう思いながらずいぶん長いあいだトンネルの中をはっていた。
「あっ!」

小さく光る点が見えた。
光る点はまるい月のようになって、次第に大きくなる。
あの明るいのは窓だ、トンネルの出口にちがいない。あの外が原っぱだ。

・・・・・・

初めてそこに行ったのは、その四か月前の十二月だった。ぼくはまだ小学二年生。ぺっぱは生まれて六カ月で、一キロぐらいの黄トラのこにゃだった。(あ、こにゃは子ネコのことだよ)
そのころぼくがベッドへ行くと、いつも少しおいてぺっぱがやってきた。待っていました、というようにあらわれるんだ。
その夜もそうだった。

そらは先にベッドに入っていた。布団を深めにかぶっているけど、こっちを見ている。
「やまちゃん、またシャツがでてるよー」
「わかってるよ。そら。早くねろよ」
シャツをおしこみながら布団に入った。

そらは二才下の妹だ。「空音」と書いて「そらね」。まだ保育園だった。お母さんに似てしっかりもの。それはいいんだけど、ちょっとうるさい。そんなとこまで似てしまってる。「やまちゃん、またぼんやりして」なんてよく言われる。「ちょっと空想していたんだよ」と言い返すけど、兄貴としてのメンツがないようでくやしいんだ。
そんなぼくの名前は「山羽」って書く。たよりがいがないのか、そらは「やまちゃん」と呼ぶ。まるで同い年みたいだ。
そらは、いつでもあっという間に寝てしまう。ぼくもその内、うとうとしかける。すると、ぺっぱがあらわれる。キャットドアをぬけて、「とととと」って。まくらもとにとびのって、ぼくのかたの辺りから鼻をつっこむと、おもむろに「ぐいぐいぐいっ」と布団の中に入ってくるんだ。いつものことだからあんまり気にしてない。ぼくはぺっぱがもぐりこんだくらいには寝てしまっている、と思う。
でも、その夜はちがったんだ。そらは寝ちゃってたけど、ぼくはまだ起きていた。そして、ぺっぱがいない気がした。
たしかに布団に入ったのに。

「あれ、ぺっぱ?」
ぼくは吸いこまれるように布団に入っていった。ぺっぱみたいに、頭から。
そこは、ぼくの布団のはずなのにまるでトンネルのようだった。
(へんな感じだな)
でもぺっぱが気になって、布団のトンネルをはっていった。
どのくらいの時間がたったろう。遠くに光が見えて、トンネルをぬけた。
そこは陽だまりの小さな原っぱだった。
明るい原っぱにぺっぱがいる。真ん中に横になっていた。
「やまくんもこれたんだ。よかった!」
「うん、びっくりだな。ふとんもなくなっちゃったし。ここはどこ?」
応えておいて、自分におどろいた。あれ、ぺっぱと話をしてる? んん、ぺっぱが話している?
「・・・ぼくのことば、わかるの?」
どきどきして聞いた。
「いつもわかるけど」
ぺっぱは少し不思議そうな顔をした。
「やまくんの家でも話してるよ」という。でも、ここではもっと話が通じるらしい。
「それよりね」
ぺっぱはゆっくり起き上がる。胸いっぱいに空気を吸ってみせた。
「なんと、立てるんだよ!」
小さな原っぱの中で、何でもなく自然に立っていた。
ぼくの目の前に両手をのばして、ぐーぱ、ぐーぱしてる。手も自由に使えてる。
ぺっぱは家で不思議に思っていたらしい。何故両足で、二本足で立てないのか。両手の指が使えないのか。
「ねえ、何してあそぼう? せっかくやまくん来たんだし」
「ようし。じゃあ、あのチョウチョをつかまえよう!」
原っぱにはチョウが飛んでいた。モンシロチョウだ。
ぼくらはチョウを追いかけた。ぺっぱは四足で走っていく方が速い。そして、飛びつくとき、ぼくと同じように手をのばしている。不思議な感じだ。二人で息が切れるまで走り回った。
「こんな場所があったんだねえ。ぺっぱと話せるなんてうれしいよ」
ついに走れなると、二人であおむけに転がった。はあはあ、息をついてる。
「やまくん、いつも話してるじゃないか」
「にゃあとしか聞こえないもの。なんとなくはわかるけど」
「ぼくの言葉、わかりづらいんだね」
ちょっと残念そうだ。
やわらかくてしっとりした草が気持ちよかった。ひんやりとしている。目を開けると空がある。青い空。白くて細長い雲が流れていく。そこへチョウがひらひらきてぺっぱの鼻にとまった。
「あはは!」
あんなに追いかけてつかまえられなかったのに。おかしくて二人で笑った。
「やあ、楽しいな」
その日は、日が暮れるまでおにごっこをして遊んだ。
「ねー、やまくん、また来ようよ」
ぺっぱとまた来る約束をした。
原っぱは森に囲まれている。でも一か所だけブッシュのトンネルがあって、そこがぼくの布団に通じているらしい。走り回りすぎて、本当にもうつかれてねむたくなったころ、ぺっぱといっしょに部屋へもどった。
布団に入り直して「おやすみ」を言うと、「にゃあ」と言った。たしかに会話してるんだけど。なんとなくはわかるものの、やっぱりネコの言葉だよなあ。
それから何回か、ぺっぱにさそわれるように原っぱへ行って遊んだ。

そうだ、ぺっぱは面白いやつだった。
生まれたのはこの六か月前、その年の六月だ。

二 五人兄弟
小学二年の六月、ぼくの家のネコは倍の数に増えた。
「にー、にー、にー」
にぎやか。こはくが赤ちゃんを産んだんだ。二階にあるぼくとそらの部屋でね。
それまでは、はくに、ろんとしょう、そしてこはくの四ひきだった。それが一気に五ひきも増えちゃった。こはくは、まだ生まれて十カ月のこにゃだったんだよ。

「うう、うっ」
少し落ち着かないのは、孫ができたはく。
ぼくの家の初代のネコだ。なんだか、赤ちゃんを見ないようにしてるみたい。三才そこそこだけど、もうお祖母ちゃんになっちゃった。はくばあちゃん。あはは! すごいなあ。ぼくより五つも若いのに。早くおばあちゃんになったのが信じられないのかな? 
こはくの兄貴たちがろんとしょう。はくの三びきの子供たち。二ひきとも黄トラのオスだ。こはくは一才前にしてママになったけど、こっちはおじさんたちになった訳だ。こはくといっしょだから、やっぱりまだ十カ月のこにゃだったけど。おじさんになったからか、遠巻きにしつつ、赤ちゃんのいる段ボールを見にくる。
一週間くらい前、お腹が大きくなったこはくに段ボールを用意していた。大きめのを横にしてね。ぼくの家のひっこしで使ったやつだ。くつろげるように、しま模様のフリースをしいた。赤ちゃんを産むのに、こはくが段ボールに入ったときはうれしかったよ。
「にゃぁ、ぁぁぁ」
かぼそい声で、消え入りそうに鳴くこはく。いつもこんな声なんだけど、この時は箱をありがとうと言ってるように聞こえた。
フリースの上に折り重なる五ひきの赤ちゃん、その誕生は感動的だったな。

「わー、かわいい!」
赤ちゃんが生まれる度に、そらはおおはしゃぎだ。
「ちっちゃいんだねえ」
赤ちゃんが生まれてくる。
なんて神秘的な感じなんだろう。命を生み出すことのできるこはくはすごい。
一方で、ちょっとグロテスクだなとも思った。これはだまってた。そらにおこられるから。
段ボールの中はいそがしい。つぎつぎと赤ちゃんが生まれる。まだ生まれるの? というくらい。
赤ちゃんはふくろのようなものに包まれていて、こはくは一ぴき産む度にていねいになめてやってる。その姿はかいがいしくて、優しい。中から出てくる命は大仕事を終えてぐったりしてるけど、しっかりと息を始めていた。
「ふう、ふう」
短く呼吸する小さい命はみんなぬれてる。全身の毛がぺったりだ。ぬれててやせっぽち。テレビで観たかわうそのようだと思った。
「ほら、かわうそみたいだよ。ぬれたかわうそ」
面白くて、ついそらに言った。
「やまちゃん、ひどーい!」
「あはは。こはく、いっぱい、うんだなあ。それに、しっかりママをしてる。えらいぞー」
そらは、ぼくをおしやっておいて一心にながめている。黒いひとみをきらきらさせていた。

そのうち、おじさん二ひきがだんだん近くに寄ってくる。
お母さんが名前をつけたおじさんたちだ。
「ろんとしょうがいいね」
しっぽがロングとショートだから、だって。かんたんに名前をつけるなあ。
確かに、ろんのしっぽはすらりとして、しょうのしっぽはちっちゃいんだけど。お母さん、もうちょっと何かない?
でも、仕方ないかな。小さいころは本当にそっくりだったから。
五ひきの赤ちゃんは、四ひきがこはくと同じキジトラ。やっぱり見分けがつかない。でも一ぴきだけ黄トラだった。こいつだけはわかる。おじさんたちと同じ色だ。この三番目に出てきた黄色いやつ、まるでもぐらみたいなんだ。目が開いてないしね。しっぽは半分くらいだ。ちょうど、ろんとしょうの間くらいだな。

一晩たつとかわいた毛が起きてきた。ぬれたかわうそや黄色いもぐらも少しだけネコになった。まだとても小さくて、やせてる。
(何びきいるのかわかりにくいー)
同じような色で、おたがい、からみあって、段ボールの中に転がってる。どこに頭があって、どこにおしりがあるのかな。黄色いもぐらは、頭が見えないし。
これ、今は寝てるけど、一ぴきがおっぱいに吸いつくと、みんなしていっせいにくっつくんだ。目が開いてなくて、まだ足が弱いんだろう。鼻をたよりに、はうように移動する。
(そう言えば)
ろんとしょうも、こんなだった。だんだんちがいが出たんだなー。
ろんは、くっきりしたトラ模様でつやつやの毛並みになった。ビロードというのかな。ビロードの黄トラネコ。しょうはもふもふした毛になった。黄色のもふもふはお腹の方まで続いてる。トラ模様はうすい。黄色いクッションのネコ。
でも、はくばあちゃんは、こげこげ茶色なんだよ!
だから、キジトラと黄トラが生まれたのが不思議。どういうこと?

ろんといっしょに赤ちゃんを見ていた。ろんもすっかり慣れて段ボールの前にいる。二人で腹ばいになってのぞいてる。
生まれて三日ぐらいで、かわうそたちはぬいぐるみのようになっていた。ふかふかの産毛に包まれている。頭の横にちっちゃい丸い耳がついていて、それがよれているのがまた可愛い。二ひきとか三びきで身を寄せてる。すやすや寝てる。
「カタン」
「あ、お帰り」
「にゃぁぁ」
聞えないくらい小さい声。こはくだ。
まだ子ネコのようなこはくママ、案外落ち着いているな。赤ちゃんをおいて、ふらりと気分をかえに行くんだ。生まれて何日もたたないのにね。
でも実際、たいへんそうだからなあ。帰ってくればすぐおっぱいになるから。
こにゃたちは、もぐらのように腹をすりながら、もぞもぞとお乳のにおいのする方へはっていく。
黄色いもぐらも元気だ。
(こはく、ごくろうさま!)

-------
※全九章のうち、二章まで。
「goodbook project2」(goodbook社サイト)に掲載中。
"http://goodbook.jp/newpage54.html"

後書き

現在、goodbook社サイト(goodbook project2)に掲載中のため、一部の投稿で申し訳ありません。
下記にいくと八章まで読むことができます。↓
"http://goodbook.jp/newpage54.html"

この小説について

タイトル ぺっぱのトンネル
初版 2011年7月22日
改訂 2011年7月27日
小説ID 4297
閲覧数 628
合計★ 0
むんの写真
駆け出し
作家名 ★むん
作家ID 742
投稿数 2
★の数 0
活動度 203
童話を中心に書いています。絵本も書きます。
最近は青春短編を書いてみました。

コメント (0)

名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。