秘密の言葉

T君が部活の練習中に怪我をして、一週間の活動禁止を医者に言い渡されたことがあった。

そのとき、彼は私にこう言った。

「早く部活に出れるようになりたい」

私は言った。

「どうして?部活って練習大変だし、たまには休めてラッキーじゃない?」

彼は言った。

「逃げたら負けだから」





試験前に、私はY君にこんなメールをしたことがある。

「明日からは絶対に携帯いじらないで、試験勉強がんばる!携帯なんか電源消してやる!」

すると、すぐに彼からこんな返信が来た。

「携帯の電源を切れば、勉強ができるとは限らないよ。他にも戦わなくちゃいけない誘惑が沢山あるから。でも、それが今の自分の決心だと思うことが重要だと思う。それだけ、やる気が出せるから」




勉強の出来るS君に、ガンバレッ、と言ってしまったことがあった。
すると彼はこう言った。
「頑張ってるよ。

頭のいい奴って、なんだか、こう……なんとなく頭が良いように見えるけど、本当はみんな、ものすごく苦労して、努力して、成績上げてるんだよ。だから、そんな人に向かって頑張れって言っちゃいけないと思う。…………だから俺に頑張れって言わないで」




時々、彼らの言葉を思い出して、真似するように声に出していってみる。
いつのまにか、
私だけの秘密の言葉になっていた。


おわり

この小説について

タイトル 秘密の言葉
初版 2012年2月9日
改訂 2012年2月9日
小説ID 4353
閲覧数 705
合計★ 8
齋岐ナユの写真
熟練
作家名 ★齋岐ナユ
作家ID 754
投稿数 7
★の数 27
活動度 1185
初めまして。最近、波瀾万丈に生きております。愛犬の死や愛する人との別れ…そんな経験を元に小説を書いてゆきたいと思います。

コメント (3)

IMOUTO 2012年3月10日 16時58分32秒
S君の言葉、刺りました....Σ!!
「頑張れ」という言葉は手軽な励ましの言葉であっても、とても深く重い言葉だということを教えられた気がします。
努力をしてるけどそれを表に出さない人ってとてもカッコイイと思いますし、私もそんな人になれたら...いいな(笑)憧れます。
そろそろノートPCが熱くなるまでpcいじるこの生活を脱出せねば...!(=ι=)

★齋岐ナユ コメントのみ 2012年3月10日 20時21分50秒
>>IMOUTO 様

コメントありがとう!!
S君は、本当に偉大な人です。
私の知る限り、彼は世界で一番大きな心と知識を持っていると思います。
彼は、私が勉強する理由を考えている間にも、どんどん勉強して、その喜びを学んでいる人です。
彼のような人間になれたらよかったと、
ときどきしんみりします。

私もPC脱に励まなければ・・・・。

齋岐ナユ
★川原晴輝 2013年5月6日 20時59分06秒
ですね···。僕も苦しんでいる人に「頑張って」と言ってしまったのです。
やっぱり、同じ返答が返ってきます。
「『頑張れ』なんて言わないで」と。
だから、僕は苦しんでいる人を見かけると、僕はこういってみたりします。
「ラッキーじゃん。お前(君? 貴方?まぁ二人称)が覚醒するチャンス!!!」とかね。でもやっぱり、S君の言葉、すっと入ってきますね···。
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。