ひなライフ - ひなライフ

りんりん
坂本ひな。中学一年生。お腹が弱い。乗り物にも弱い。小柄で、料理が上手。

坂本大志。中学二年生。ひなを全力で支えている。頼れるしっかり者。

坂本和彦。雅子と海外で働いてる。毎月大量に仕送りしていて、家族思い。少し鈍感。

坂本雅子。和彦と海外で働いてる。通訳の仕事をしている。

山崎千鶴。ひなの担任の先生。優しい先生。

神崎真矢。保健室の先生。ひなの体をよくわかっている。

松本安奈。ひなの友達。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
かっかっ!!みんなが集中して、テストを解いていた。ひなは英語のテストが終わり、確認していた。
ゴロッ!!
(こんな時に!!お腹が痛い。)
ぎゅるるるるる!!
(うそ…。あと20分もある。)
ぎゅるるるるるるるるるるるるる!!
(トイレに行きたい。けど…。)
ぎゅるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる!!
(我慢できないよ…。トイレに行きたい。先生に言おうかな…)
ひなの顔には汗びっしょりで青白くなっていた。そしてお腹をさすっていた。
それを見て、千鶴は声をかける。「ひなさん!!大丈夫?保健室に行きましょう。」
ひなは「はい。」といった。
先生はトイレに連れていった。ぶじゅぶりっびしゃーーーーーーーーーー!!ぶりぶりぶりびしゃーーーーーーーーーー!!ぶりぶりびしゃーーーーーーーーーー!!大量に下ボチャンボチャッ!!ブビーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!ブリッブビッブビビッ!!

痢便を噴射する。先生はあとは一人で保健室に行ってと言い教室に戻る。
ぶりびしゃーーーーーーーーーー!!ぶじゅぶりっびしゃーーーーーーーーーー!!ぶじゅぶりっびしゃーーーーーーーーーー!! (今日はなんでこんなにお腹が痛いの?)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆目を開けると、保健室にいた。脱水症になり倒れたのだった。
時計はお昼になっていた。トイレに駆け込む。ぶりぶりびしゃーーーーーーーーーー!!ぶじゅぶりっびしゃーーーーーーーーーー!!ぶじゅぶりっびしゃーーーーーーーーーー!!大量に下痢便を噴射していた。止まらない。 落ち着いてからまたベッドに戻る。昼休み。お弁当を食べた。早退することになった。兄が迎えに来て兄と帰ることになった。 兄とバスに乗る。このバスを使うひとはほとんどいない。二人席に座り、兄はひなを窓川に座らせた。家に帰るとトイレに走る。ぶりぶりびしゃーーーーーーーーーー!!ぶじゅぶりっびしゃーーーーーーーーーー!!ぶじゅぶりっびしゃーーーーーーーーーー!!ぶじゅぶりっびしゃーーーーーーーーーー!!大志は心配になりトイレの外で声をかける。「ひな!!大丈夫か?」ひなは「大丈夫。今日はお腹の調子がすんごく悪くて…。」大量に下痢便を噴射していた。
トイレからふらふらと出てきてソファーに横になった。兄はひなを心配していた。念のため洗面器を置いたらひなは洗面器の中に大量に嘔吐した。うええええええええええ!!おえええええええっっっっっつ!!うええええええええええ!!げええええええええええ!!うええええええええええ!!おえええええええっっっっっつ!!げええええええええええ!!ぴちゃっ!!洗面器から溢れてもはきつづける。落ち着いてからひなは「ごめんなさい。」 と謝った。ひなはまた洗面器に嘔吐した。うええええええええええ!!おえええええええっっっっっつ!!げええええええええええ!!ぴちゃっ!!げええええええええええ!!うええええええええええ!!おえええええええっっっっっつ!!げええええええええええ!!
その夜、ひなはトイレに行って、トイレで大量に下痢便を噴射していた。
ぶじゅぶりっびしゃーーーーーーーーーー!!ぶりぶりびしゃーーーーーーーーーー!!ぶじゅぶりっびしゃーーーーーーーーーー!!ぶりぶりびしゃーーーーーーーーーー!!ぶじゅぶりっびしゃーーーーーーーーーー!!ぶじゅぶりっびしゃーーーーーーーーーー!!ぶじゅぶりっびしゃーーーーーーーーーー!!ぶじゅぶりっびしゃーーーーーーーーーー!!ぶじゅぶりっびしゃーーーーーーーーーー!!
ひなは泣きたいのをこらえて布団に戻る。

朝になるとひなのパジャマは茶色くなっていた。ひなはお漏らしをした現実を受け止める。中学一年生になり、少しおさまったのに…。ひなは風呂で体を洗った。

兄が来週試合だから見にこいよ!!といった。ひなはうん。といった。自分のからだの調子が悪くなるのを知らずに…






後書き

先輩京子を登場させてみたいと思います。リクエストや希望シチュエーションあれば受け付けます。それに応じて、貴方のために作ります。

新キャラ募集中!!

この小説について

タイトル ひなライフ
初版 2012年4月2日
改訂 2013年6月29日
小説ID 4381
閲覧数 22948
合計★ 13
パスワード
編集/削除

コメント (8)

匿名 コメントのみ 2012年4月12日 21時08分25秒
コメントくださいませ
匿名 2013年6月29日 7時23分03秒
少し読みにくいが、中身としては良い

シチュエーションはストッキングで
★駿河地方に流れる風 2013年7月5日 18時20分29秒
初めまして〜☆
作品、拝見させて頂きました。
自分「クローン病」という腸の難病の為、今作の内容はとても他人事とは思えませんでした…。
下痢の為に、トイレに行く辛さ、そして漏らしてしまう辛さはよく分かりますから…。
とても親近感の湧くお話なので、共感部分も多々ありました。

後は、もう少し改行して読み易くすれば、更に素敵な作品になると思います☆
つづき、楽しみにしていますね♪
りんりん コメントのみ 2013年7月7日 17時01分07秒
コメントありがとうございます

改行ですね…頑張りますっ!!


いまはひならいふ2までありますよ
えれんらぶ コメントのみ 2014年4月18日 18時15分19秒
いい、小説?でした
嘔吐 コメントのみ 2014年5月15日 12時10分57秒
のしのすにていらに
最近風邪気味 コメントのみ 2015年7月5日 7時21分20秒
はじめまして!読んでみましたすごいよかったです!私最近風邪気味ですゲホゲホあ、すいませんこれからも沢山小説出してください!!とても楽しみにしてますよ!
では私は、このへんで。さようなら!うっ(トイレにいく)うっ  うおぇーおぐげーーー
はあはあ、んかっ おうえーーーーーー(びちゃびちゃ)    ゲホゲホ(ジャー)         すいません吐いちゃいましたあらためてさよーなら!(うぅうーーぇーーーおうぇーーーーげろげろうおえーーーーーーーーーーー)
コメント 2017年4月9日 15時31分55秒
すごくおもしろかったです!ひなの気持ちよーくわかります!ひなのことを心配する優しい先輩キャラ欲しいです。同じ悩みを持つ美人先輩、的な。保健室で吐いちゃうシーンとか、下痢がヤバくなってトイレから出られない!みたいなシーンを作って欲しいと思います!
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。