にゃめんなよ! - <第二部>第四章「黒い蝶と賭博打ち。」

【第二部】
 第四章「黒い蝶と賭博打ち。」

 場所は変わって夜の首都高。ひの達の住む街に向かって一台の黒塗りのリムジンが月夜に照らされ、流れるように走っている。
 運転手は黒服の男性。助手席に厳つい筋肉太りの大男、後ろにはちょっと痩せた感じの青白い肌をした青年。隣にはかんざしを髪に止め、和服を着た少女が座っている。
 恐らく、大男はひのの親父に違いない。
 最初に口を開いたのは青年だった。
 「お父さん、これからどこに帰るの?」
 「決まってるだろ。お前の生まれたところだよ。」
 「何にも変わってないといいけど。」
 何かを思い出したのか、ため息を吐く青年。
 「まぁ、今までの事に比べればましか。」
 そして苦笑い。
 「宗一さん、私ちょっと緊張してきたみたい。お手洗いに行かせて頂きたいのですが。」
 「あー、はいはい。運転手さん、次のサービスエリアで止まっていただけますか?」
 「了解しました。」

 ******
 サービスエリアにて。
 「俺もちょっと降りてタバコでも吸うかな。宗一、降りろ。」
 「はいはい。」
 長い旅の疲れなのか、疲れを感じさせる口ぶりの宗一。
 葉巻を美味そうに吸う親父を見ながら、宗一は口を開いた。
 「お父さん……質問が三つほどある。簡潔に答えてくれ。」
 「あ?珍しいな。お前から話題を振ってくるなんて。」
 宗一はちょっと脂汗を掻きながら、指を立てながら三つの質問を投げかけた。
 「一つ。俺をわざわざモナコから連れ戻した理由は何でだ?二つ。なんでみーさんをわざわざ連れて来たんだ?三つ。ひののとこにわざわざ戻る理由は何でなんだ?」
 「ったくうっせーなぁ、このガキは。ホントに(ピー)に毛が生えてんのか?」
 親父はちょっとイラついた態度で、宗一の質問に対する返答を丁寧を返してやった。
 「一つ。お前の顔が見たくなったから。二つ。美鈴の顔も見たくなったから。それから三つ。ひのの顔も見たくなったから。以上だ。」
 「いつものと一緒かよおお!くっそぉ!!」
 宗一は拳を下に振り下ろしてちょっと悔しがった。
 「で、なんか飲むか?」
 「日本酒!強いの。」
 「相変わらずだなー。ガハハ。」

 親父は嬉しそうだった。

 ******
 「ちくしっ!だれか噂してんのかなぁ?」
 早朝四時。私は稽古場でいつもの薙刀の練習に励んでいた。
 ちょっと変わったことと言えば、この桐沢(ゴリ)と柳川(チンパ)がなんか見張ってることだろうか。ちょっと気持ち悪い。
 「お嬢、毎朝早いっすネ!」
 「ほほう、強さの秘訣はそこにあるんですか?」
 「うっさい!何見に来てんのよ!!誰かに聞いてきたんじゃないでしょうね?」
 「いや、なんか小便に起きたら声が聞こえたもんで。」
 「ウッス。」
 気持ち悪いなぁ。こいつら、トイレのタイミングが一緒なのかよ!
 しかし、見れば見るほどこいつらホント霊長類なんだよね。あ、閃いた。
 「ゴリラ(桐沢)、アンタゴリラ顔してるから、今度から語尾にウホ!って付けなさい。チンパンジー(柳川)、アンタはサル顔だから語尾にウキッ!って付けなさい!分かった?」
 「んな殺生なぁあ……。」
 「もうね、言わせてもらうと、アンタらの個性の無さに一部の読者は飽き飽きし始めてるの。この先キャラクターとして生き残っていくためにはこうするしかないの。著者も嫌になってき始めてるし。」
 ちょっと強引な事情を押し通してみる。
 正座をして、弱々しく右手を挙げる桐沢。
 「お嬢、何言ってるかさっぱり分かんないっす。」
 「文句あるのっ?!これは命令だよ!!」
 竹製の薙刀を膝の前に振り落して威嚇。
 「もし、やらないんだったら、もっと怖いことするからね。うちのお袋様にアンタらの処遇任せたって構わないんだから。」
 ニヤリと笑みを浮かべる私。頭の中ではお袋様による精神拷問のフルコースが出来上がっていた。何故こんなことを強要するか?決まってるじゃない。面白いからよ。
 私の表情を見たのか、二人は抱き合って震えていたようだった。

 ******
 「ひのっちいくよー!」
 「はいはーい。」
 稽古が終わり、食事が終わっていつもの日常に戻る。とっても気持ちのいい朝日に背伸びをして、学校に……あれ?
 「アンタらなんでついてきてるの?」
 「いや、……なぁ、ウホッ。」
 「だって、ねぇ。ウキッ。」
 「ひのっち、また何か仕込んだでしょう?」
 ともちゃんから湿っぽい視線で見られて、視線を泳がせながら話を進める。
 「学校こっちじゃなかったよね?」
 「いや、お嬢のお母様にいろいろされちまいましてウホホ。」
 「もう田舎の学校に居るくらいなら、お嬢と一緒の学校に通いなさいってウキキ。」
 型にはまってるなぁ、と我ながらの調教センスをべた褒めしつつ、笑いをこらえながら二人の霊長類君の話を聞く私。

 要約すると、偉大なる母様が裏工作をして、学校を一緒にしたとか。しないとか。
結構めんどくさいことになった。ため息の多さが増す私。結局面倒見るのかよー。相変わらずやる事がこすい!!

 ******
 同日昼。桜坂高校校門前にて。
 「それじゃあ、俺はちょっとうちに戻る。お前らは町でぶらぶらするなりして時間を潰しててくれないか?さっき幹部から急な電話があってな。」
 ひのの親父はちょっといつもと違った険しい顔つきで言う。それを察したのか、宗一と美鈴は無言で頷いて、車を降りることにした。

 「確か、みーさん(美鈴のこと)、ここらへんにお母さんの実家あったよね?」
 「はい。そうですよ。昔はここら辺で暴れたものなんですがね。」
 うっとりと頬を染めて過去の思い出に浸る美鈴。

 キーンコーンカーンコーン!
 軽快な終業のベルが校舎から鳴って、昼休みに突入する。それと同時に校舎から昼食を買いに行く生徒がぞろぞろと出てきた。
 「腹減ったー。」
 「あ、よく見れば宗一じゃんか!!」
 「お前生きてたんだな!!」
 宗一の顔見知りの友人たちが宗一の顔を見るや否や暖かく歓迎してくれた。
 「お、おお。久しぶり。かれこれ半年くらいヨーロッパの方漂流してたようなもんだから、顔覚えられてないかと思ってたよ。」
 「そんな訳あるかよ!お前浅葱兄妹はこの学校でかなり名が通ってるんだぜ。」
 聞いて苦笑いをする宗一。俺も俺ならひのもひのか。
 「ひのは元気にしてるのか?」
 「おお、最近、霊長類面のヤンキー二人と、龍崎って怖い奴従えて学校で暴れまわってるみたいだぞ。」
 相変わらず何やってるんだ、アイツは。と言う感じで苦笑いする。まぁ、元気で何よりだ。
 「それはそうと、そこの和風美人の女性はお前のこれか?」
 にやりと笑って小指を立てる友人。
 「え?私のことですか?」
 蚊帳の外に居て、周りの景色に見とれていたのか、美鈴は急に来た振りに戸惑い気味に反応する。
 「ああ、紹介が遅れたよ。暮崎美鈴さんって言ってだな、俺のいとこにあたる人だ。ちなみにお前らとタメ。」
 「えええええ?!見えないよ!!!」×3
 あまりの大人びた雰囲気を持つ美鈴に驚く三人の友人。
 「暮崎美鈴です。よろしくお願いします。」
 深々と頭を下げる美鈴にぼーっとして見とれてしまう。
 「お前も水臭いなぁ。こんな美人いるなら紹介してくれればよかったのに。」
 「そうだよ。」
 にやにやしながら肘で宗一を突っつく友人たち。そして、積もる話もあったのか、宗一を羽交い絞めにして校舎の中へ引き込んでいった。
 「美鈴さん、すまない。俺らコイツと話があるから、また今度お茶でもしましょう!」
 「Good bye!」
 投げキッスをして引っ込んでいった。
 「離せぇええ!」
 宗一の虚しい抵抗を響かせて。

 「一人になっちゃいましたね。仕方ない、市街地に行きますか。」
一時間ほど、市街地に出て買い物をしながら散策をしていると、美鈴にも偶然の出会いがあった。
 「あ、姐さん!!お久し無礼です!」
 ちょっと身長が低めの赤い髪の女の子が人懐っこく美鈴を見つけて走ってきた。
 「『無礼』じゃなくて『振り』ね。それと、今は総長じゃないから。」
 「失礼いたしました!!」
 「久しぶりだね、リツカ。元気にしてた?」
 「ええ、それはもう。」
 「立ち話もなんだし、そこの喫茶店に入って話でもしますか。奢るよ。」
 「わーい!」

 ――――店内。
 「昔はいい時代でしたねー。総長が居た頃の黒蝶と赤蜥蜴(アカトカゲ)。ちょうど姐さんが仕切ってた時、レディースのバブル時代って言っても過言じゃなかったですよ。」
 「だねー。リツカの表現が古い気がするのは置いといて。」
 「姐さんなんか、首都高で爆走した後、河川敷でサシの喧嘩になって、日本刀で相手を切りつけて。かっこよかったなぁ。」
 「シー、ここで人聞きの悪いこと言わないの!!」
 美鈴はちょっと恥ずかしそうにメニューで顔を隠しながらリツカを黙らせる。
 「それはそうと、リツカ、この後暇?」
 「高校中退したんで時間は有り余ってますよ。」
 ニパーッとシャレにならないことを言うリツカ。美鈴は苦笑いしながら続けた。
 「巴さんのとこ行ってみようよ。」
 「あ、いいッスね!!」
 人との出会いはろくな波瀾を生んだことがないと、この物語では証明されているらしく、同時刻、京介は寒気を感じたらしい。(後日談)

 ******
 一方、一時間前の学校。
 「へぇー、そうだったんだ。」
 「相変わらずお前は大変そうだなー。」
 昼休みの残り時間をフルに使って、宗一は友人との談義に花を咲かせていた。その時、割って入るようにタイミング悪くアナウンスが流れる。

 ――ピーンポーン!
 「えー、3年B組浅葱宗一君。帰宅していることは親父さんから聞いています。それなりに重要な話があるので、校長室まで来るように。」

 「お前、なんかやらかしたのか?」
 「いいや、別に。」

 ******
 ――――校長室。
 「相変わらずええ身体してるのぉ。」
 「校長、何か言いましたか?」
 「ゴホン。いや、君を呼んだのは、言うまでもなく次期生徒会長の話でな。」
 窓から体育をする女子の姿に夢中になって宗一に背中を向けながら話を進める校長。あくまでも冷静を装っている。
 「ま、まさか俺に任せるっていうんじゃないでしょうね?!」
 宗一はちょっとドキドキしながら言葉を紡いだ。
 「いや、そうじゃないんだ。」
 「ですよねー。」
 肩を落とす宗一。
 「君のいとこはとても不良を統率するのが上手いらしくてな、最近耳に入ってきたんだよ。うちの学校は転入生が最近増えてきてな、嬉しいことなんだが、ヤンキーばっかりなんだ。二年生の龍崎くんを筆頭に、君の妹のひのさん。それから、転入してきたきりさ……なんだっけ?あと、やなぎなんとかくんだ。それ以外にも、ここいらで名の通ってるようなヤンキーがなぜか集まっててな。」
一端呼吸を入れて校長は続けた。
 「確かに君の勝負運の強さ、人脈の広さと、語学から成績の優秀さは買っているんだ。買っているんだけど、親父さんがうるさいだろー、なんかこの前もヨーロッパ飛び回ってて、結局半年は帰ってこれなくて。可哀想なんだが、学校になかなかいられないキミを会長って訳には……。」
 「仰せのとおりです。」
 宗一は拳を握りしめて泣いた。因みに校長のご厚意か分からないが、宗一の登校できない間の単位は海外留学として扱われているらしい。ヤクザの裏権力なのかなんなのか。
 「だから、暮崎美鈴さんをうちの学校に入れて、学校の改変をして行こうって話でな、この話も、四月の生徒会総選挙で話そうと思ってる。最近キラリと光る人材が居なくて、嘆いてたんだよ私も。」
 校長は話を終えると、机に置いてあった渋茶を飲んだのだった。
 「いい案だと思いますよ……凄く。いいと思います。」

 ******
 「確か巴さんの家こっちだったよね。」
 昔の勘を頼りに話ながら歩く美鈴とリツカ。市街地を抜け、商店街の並木道を抜けて、ちょっとした郊外の灰色の建物の前に来た。家の「龍崎」と言う表札を見ると、二人顔を見合わせて確信したようだ。
 「ん?うちになんか用か?」
 ちょうど京介が帰宅したらしい。美鈴は車庫に置いてある赤と黒の二色の1000ccのバイクに見とれているのか、夢中になっているのか、気が付かない。リツカは、美鈴をほっておいて、とりあえず律儀に挨拶をした。
 「あ、初めましてアタイたち、巴さんの旧知の仲でして。弟さんッスか?」
 「あー、アネキのかぁ。認めたくないんだけど、血が繋がってるんだよね。」
 京介はちょっと長くなったぼさぼさの頭を掻きながら答えた。
 「長ランに木刀?アネキのゾクの知り合い?」
 「そんな感じッス。」
 「なんかそっちの人は和服着てるけど、ずいぶん奇抜な格好してるんだね。ふーん」。
リツカが誰と話してるのか気になったのか、美鈴は後ろを振り向いた。京介を見た瞬間、身体の中に電撃が走るような衝撃が走ったらしい
 はぅっ!だれこのカッコいい人!?」
 口元を押さえて固まる美鈴。リツカは紹介した。
 「姐さん、この人、巴さんの弟さんらしいよ。どうしたの?」
 「巴さんの弟……。」
 「まぁ、上がってよ。散らかってるけど。こんな外にいるのもあれだし。」
 「あざーっす!」
 リツカは右手を挙げて京介の後についていった。
 「あ、待って!」

 ―――― 一階客間。
 「はい。粗末なものですが。」
慣れた手つきでほうじ茶と水羊羹を二人に差し出す京介。リツカは甘いものが来たのか、ちょっと喜びつつ、話の口火を切った。
 「そういや、アタイたちの自己紹介まだだったね。この方が姐さんってアタイが慕ってる人だよ。」
 「は、初めまして。く、暮崎美鈴と申します。趣味は茶道と生け花で、剣道も嗜んでおります。18歳です。」
ちょっと緊張して固くなっている美鈴。しどろもどろに言葉が出てくる。
 「んでもって、アタイは橘リツカ。16歳だよ。昔、姐さんと一緒に黒蝶ってレディースやってて、巴さんが赤蜥蜴(アカトカゲ)ってレディースやってたの。巴さんとは喧嘩仲間でもあり、師弟関係でもあるんだ。あ、因みにアタイは黒蝶の幹部だったの。」
 時々威張りながら鼻息を唸らせつつ、自己紹介を進めるリツカ。
 「へー。」
 京介はちょっと興味がなかったのか、半分眠そうに聞いていた。
 「あ、で、俺は龍崎京介。17歳だ。結構喧嘩は強い方なんだけど、自分からは手を出したことがない。アンタらが慕ってるあの凶暴なアネキと血が繋がってて、好きなものはネ……。」
 「だーれが凶暴だってぇ?」
 「イダダダダ!!」
 京介は後ろから気配無く現れた巴に後ろから頭を鷲掴みにされ、持ち上げられていた。
 「出た!龍崎零式『ドラゴンクロー』!!」
 久々に見る巴の必殺技に興奮するリツカ。美鈴はちょっと哀れみの目で見ていた。
 「この口が偉大なるお姉様を侮辱したのかああああ!!」
 そして、立て続けのキャメルクラッチ。通称、「龍崎弐式『虎の羽交い絞め』」と言うらしい。
 「くうぅ、痺れるなぁあああ!この技の数々で何人の男をあの世送りにしたことか。」
 そして、リツカは三カウントを始め、京介は泡を吹いて倒れた。



〜第三部・第一章に続く

この小説について

タイトル <第二部>第四章「黒い蝶と賭博打ち。」
初版 2012年5月15日
改訂 2012年5月16日
小説ID 4394
閲覧数 656
合計★ 0

コメント (0)

名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。