金持男と葉巻女 - 金持ち男が思い出す。

ミランダ
「俺の一番の馬?」そう、俺は聞き返していた。
彼女は頷くように煙を吐き出した。

「そう、あんたの一番の馬。一番印象に残っている馬の事教えて。」

「どうしたんだ、お前、熱でもあるのか?」
らしくないな、お前がそういうことを聞くのは。」 俺はグラスの中の氷を揺らした。

「たまには、ね。」彼女は促すように、葉巻をおき、こちらに体を向けた。

「一番印象に残っている馬か。

言うならアヴィリル、ローゼンアヴィリル。俺が初めて生産から携わった所有馬だ。

忘れられないよ、アヴィリルの事は。母は俺が始めて買ったリアナズソングで父がサドラーズウェルズ。生まれたのは十三年前、俺が十七の年、四月四日。四月生まれだからアヴィリル。それにローゼンをつけてローゼンアヴィリルが誕生した。彼女は非凡な成績を残したと思うよ。別にステークスを勝つほど強いわけではなかったし、クレーミングで走るほど弱かったわけじゃない。安定した成績を残した何百頭もの競走馬の中の一頭だったよ。」俺は、グラスに残っていたカクテルを飲み干した。

「始めて重賞勝ちした馬じゃないんだ」

「そうだが、彼女の息子、ローゼンレオナルドが半端ない活躍しているが。

あと、お前がこの前見たローゼンレディナはアヴィリルの孫だ。」そう俺は笑った。

「結局活躍したんじゃない」彼女が不満げに葉巻を吸う。

「アヴィリルが俺の原点だ。」


久しぶりに会いに行こうか、アヴィリルに、そう俺は呟いた。


























「ローゼンレオナルドの引退が決まった。」彼はグラスを弄び ながら言った。

彼の口からローゼンレオナルドの名前を聞くことは良くある。他の馬に比べてダントツだ。最初は天才クンと呼んでいたはずだがデビューしてからはレオナルドと呼んでいる

「前々からその話あったでしょ」 たしか、春先あたり」記憶が定かであれば、去年の秋あたりにもあったはずだ。


「全部切っていた。今年いっぱいは走らすつもりだったんだが、右前足が故障してな、引退がきまった。


もう直ぐ、正式に発表されるだろう」彼は寂しそうに言った

レオナルドは彼にとって特別な馬だったと思う。確実に。圧倒的な強さを持つ無敗馬、ローゼンレオナルド。私もブラウン管の向こう側ではあるが、よく、レオナルドの事を見た気がする。天才少年、それが彼だった。


「レオナルドに会いに行こうか」彼は私の方を見た。

「あんたが飛行機代を出せばね。」




「ローゼンレオナルドの引退が決まった。」彼はグラスを弄び ながら言った。

彼の口からローゼンレオナルドの名前を聞くことは良くある。他の馬に比べてダントツだ。最初は天才クンと呼んでいたはずだがデビューしてからはレオナルドと呼んでいる

「前々からその話あったでしょ」 たしか、春先あたり」記憶が定かであれば、去年の秋あたりにもあったはずだ。


「全部切っていた。今年いっぱいは走らすつもりだったんだが、右前足が故障してな、引退がきまった。


もう直ぐ、正式に発表されるだろう」彼は寂しそうに言った

レオナルドは彼にとって特別な馬だったと思う。確実に。圧倒的な強さを持つ無敗馬、ローゼンレオナルド。私もブラウン管の向こう側ではあるが、よく、レオナルドの事を見た気がする。天才少年、それが彼だった。


「レオナルドに会いに行こうか」彼は私の方を見た。

「あんたが飛行機代を出せばね。」


「ローゼンレオナルドの引退が決まった。」彼はグラスを弄び ながら言った。

彼の口からローゼンレオナルドの名前を聞くことは良くある。他の馬に比べてダントツだ。最初は天才クンと呼んでいたはずだがデビューしてからはレオナルドと呼んでいる

「前々からその話あったでしょ」 たしか、春先あたり」記憶が定かであれば、去年の秋あたりにもあったはずだ。


「全部切っていた。今年いっぱいは走らすつもりだったんだが、右前足が故障してな、引退がきまった。


もう直ぐ、正式に発表されるだろう」彼は寂しそうに言った

レオナルドは彼にとって特別な馬だったと思う。確実に。圧倒的な強さを持つ無敗馬、ローゼンレオナルド。私もブラウン管の向こう側ではあるが、よく、レオナルドの事を見た気がする。天才少年、それが彼だった。


「レオナルドに会いに行こうか」彼は私の方を見た。

「あんたが飛行機代を出せばね。」

後書き

書いてて楽しかったです。

この小説について

タイトル 金持ち男が思い出す。
初版 2014年9月25日
改訂 2014年9月28日
小説ID 4588
閲覧数 501
合計★ 0
パスワード
編集/削除

コメント (0)

名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。