金持男と葉巻女 - 金持ち男と天才

ミランダ
「ローゼンレオナルドの引退が決まった。」彼はグラスを弄び ながら言った。

彼の口からローゼンレオナルドの名前を聞くことは良くある。他の馬に比べてダントツだ。最初は天才クンと呼んでいたはずだがデビューしてからはレオナルドと呼んでいる

「前々からその話あったでしょ」 たしか、春先あたり」記憶が定かであれば、去年の秋あたりにもあったはずだ。


「全部切っていた。今年いっぱいは走らすつもりだったんだが、右前足が故障してな、引退がきまった。


もう直ぐ、正式に発表されるだろう」彼は寂しそうに言った

レオナルドは彼にとって特別な馬だったと思う。確実に。圧倒的な強さを持つ無敗馬、ローゼンレオナルド。私もブラウン管の向こう側ではあるが、よく、レオナルドの事を見た気がする。天才少年、それが彼だった。凱旋門賞。ロイヤルアスコット。キングジョージ。ブリーダーズカップ。彼はどのにでもいた。


「会いたいなぁ」ふと、本音が零れ落ちる。

「レオナルドに会いに行こうか」彼は私の方を見た。

「あんたが飛行機代を出せばね。」あいにく、飛行機代に割けるお金を私は持っていない。



















「ローゼンレオナルドの引退が決まった。」彼はグラスを弄び ながら言った。

彼の口からローゼンレオナルドの名前を聞くことは良くある。他の馬に比べてダントツだ。最初は天才クンと呼んでいたはずだがデビューしてからはレオナルドと呼んでいる

「前々からその話あったでしょ」 たしか、春先あたり」記憶が定かであれば、去年の秋あたりにもあったはずだ。


「全部切っていた。今年いっぱいは走らすつもりだったんだが、右前足が故障してな、引退がきまった。


もう直ぐ、正式に発表されるだろう」彼は寂しそうに言った

レオナルドは彼にとって特別な馬だったと思う。確実に。圧倒的な強さを持つ無敗馬、ローゼンレオナルド。私もブラウン管の向こう側ではあるが、よく、レオナルドの事を見た気がする。天才少年、それが彼だった。


「レオナルドに会いに行こうか」彼は私の方を見た。

「あんたが飛行機代を出せばね。」







「ローゼンレオナルドの引退が決まった。」彼はグラスを弄び ながら言った。

彼の口からローゼンレオナルドの名前を聞くことは良くある。他の馬に比べてダントツだ。最初は天才クンと呼んでいたはずだがデビューしてからはレオナルドと呼んでいる

「前々からその話あったでしょ」 たしか、春先あたり」記憶が定かであれば、去年の秋あたりにもあったはずだ。


「全部切っていた。今年いっぱいは走らすつもりだったんだが、右前足が故障してな、引退がきまった。


もう直ぐ、正式に発表されるだろう」彼は寂しそうに言った

レオナルドは彼にとって特別な馬だったと思う。確実に。圧倒的な強さを持つ無敗馬、ローゼンレオナルド。私もブラウン管の向こう側ではあるが、よく、レオナルドの事を見た気がする。天才少年、それが彼だった。


「レオナルドに会いに行こうか」彼は私の方を見た。

「あんたが飛行機代を出せばね。」












「ローゼンレオナルドの引退が決まった。」彼はグラスを弄び ながら言った。

彼の口からローゼンレオナルドの名前を聞くことは良くある。他の馬に比べてダントツだ。最初は天才クンと呼んでいたはずだがデビューしてからはレオナルドと呼んでいる

「前々からその話あったでしょ」 たしか、春先あたり」記憶が定かであれば、去年の秋あたりにもあったはずだ。


「全部切っていた。今年いっぱいは走らすつもりだったんだが、右前足が故障してな、引退がきまった。


もう直ぐ、正式に発表されるだろう」彼は寂しそうに言った

レオナルドは彼にとって特別な馬だったと思う。確実に。圧倒的な強さを持つ無敗馬、ローゼンレオナルド。私もブラウン管の向こう側ではあるが、よく、レオナルドの事を見た気がする。天才少年、それが彼だった。


「レオナルドに会いに行こうか」彼は私の方を見た。

「あんたが飛行機代を出せばね。」












「ローゼンレオナルドの引退が決まった。」彼はグラスを弄び ながら言った。

彼の口からローゼンレオナルドの名前を聞くことは良くある。他の馬に比べてダントツだ。最初は天才クンと呼んでいたはずだがデビューしてからはレオナルドと呼んでいる

「前々からその話あったでしょ」 たしか、春先あたり」記憶が定かであれば、去年の秋あたりにもあったはずだ。


「全部切っていた。今年いっぱいは走らすつもりだったんだが、右前足が故障してな、引退がきまった。


もう直ぐ、正式に発表されるだろう」彼は寂しそうに言った

レオナルドは彼にとって特別な馬だったと思う。確実に。圧倒的な強さを持つ無敗馬、ローゼンレオナルド。私もブラウン管の向こう側ではあるが、よく、レオナルドの事を見た気がする。天才少年、それが彼だった。


「レオナルドに会いに行こうか」彼は私の方を見た。

「あんたが飛行機代を出せばね。」













「ローゼンレオナルドの引退が決まった。」彼はグラスを弄び ながら言った。

彼の口からローゼンレオナルドの名前を聞くことは良くある。他の馬に比べてダントツだ。最初は天才クンと呼んでいたはずだがデビューしてからはレオナルドと呼んでいる

「前々からその話あったでしょ」 たしか、春先あたり」記憶が定かであれば、去年の秋あたりにもあったはずだ。


「全部切っていた。今年いっぱいは走らすつもりだったんだが、右前足が故障してな、引退がきまった。


もう直ぐ、正式に発表されるだろう」彼は寂しそうに言った

レオナルドは彼にとって特別な馬だったと思う。確実に。圧倒的な強さを持つ無敗馬、ローゼンレオナルド。私もブラウン管の向こう側ではあるが、よく、レオナルドの事を見た気がする。天才少年、それが彼だった。


「レオナルドに会いに行こうか」彼は私の方を見た。

「あんたが飛行機代を出せばね。」

後書き

文字数に苦しみました。

この小説について

タイトル 金持ち男と天才
初版 2014年9月28日
改訂 2014年9月28日
小説ID 4593
閲覧数 469
合計★ 0
パスワード
編集/削除

コメント (1)

★Webmaster コメントのみ 2014年10月3日 0時42分19秒
ミランダさん

管理人です。

文字数制限を突破するために同じ内容を複数繰り返して貼り付けるのではなく、何話にも分けて投稿している内容を一つの投稿にまとめる方向で解決いただけないでしょうか。

アナウンスに記載の、1600文字制限が導入された背景についてご理解をいただければと思います。

・小さく区切って小説を投稿する行為を防ぐため(新着小説がすぐに流れてしまい、他の投稿者に迷惑である)
・小説と呼べないような内容のない投稿を防ぐため

ご検討のほどよろしくお願いいたします。


名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。