チョコチップメロンパンの愛を語る

 「なぁ、聞いてくれないか?」


 「……お金くれるならいいぞ」


 「いやいや、何でそれ位で金取られるんだよ?!」


 「俺がお金好きだから」


 「…………聞いてくれるか?」


 「……明日の昼飯おごれよ?」


 「了解。で、本題なんだけどさ」


 「おう」


 「お前ってさ、チョコチップメロンパン好きか?」


 「……えっ?」


 「チョコチップメロンパン好きか?」


 「いや……、食べた事無いから、分かんねぇよ」


 「えっ」


 「だから……食べた事無いんだって」


 「―――――ハアァッ?!! ちょっ、えっ?! マジで??!!!」


 「うわっ……! おいっ、そんな大きい声だすなって……」


 「いや……そんな……。こんな、事って…………」


 「えーっ……、そんな落ち込むかよ……」


 「落ち込むに決まってるだろ?! あの偉大な食べ物、チョコチップメロンパンを食べた事無いだなんて……!! そんなの神への冒涜だっ!!!」


 「何でチョコチップメロンパン食べた事無いだけで神への冒涜になるんだよ??!!!」


 「いいか、耳の穴かっぽじって良く聞けこの冒涜者!!」


 「まさかの冒涜者決定?!」


 「チョコチップメロンパンっていうのは、普通のメロンパンにチョコチップを足した、所謂「お手軽なアレンジ」 みたいな物なんだ」


 「ふ、ふーん……」


 「普通のメロンパンでは表現出来ない絶妙な甘さ、それに加えてチョコチップのちょっとした苦味…………、夢のハーモニーという訳だよ!!!」


 「うん、お前頭大丈夫か?」


 「熱は無いぞ。で、最近ではチョコチップメロンパンの中に生クリームを入れるタイプもある。あれはあれで十分美味しいんだが、あれはチョコチップメロンパンの美味さを少し半減しているからな、俺としてはあまり好みじゃ無いんだが……」


 「…………お前って、本っ当にチョコチップメロンパン好きなんだな」


 「―――――好き? そんな軽い物と一緒にするな!! 俺はチョコチップメロンパンを愛しているんだ!! 何だったらチョコチップメロンパンを信仰しているといっても過言じゃ無い!!」


 「お……おう」


 「チョコチップメロンパンは正しく神の与えし食品……、これこそ正に俺の求めていた聖書と同じなんだ!!」


 「ごめん、何言ってるのか分からない」


 「……俺はその昔、あまり体の強い子供じゃ無かったんだ。周りの子供の様に外で遊べず、寂しく人生を送っていたんだ……」


 「えっ、何。何でシリアス展開?」


 「そんな俺の人生に…………、チョコチップメロンパンが、現れたんだ」


 「シリアス崩壊早くね??」


 「俺はチョコチップメロンパンを食べた頃から、俺の体は少しずつ丈夫になっていったんだ……。俺は、チョコチップメロンパンに救われたんだ!」


 「凄ぇなチョコチップメロンパン」


 「そう……チョコチップメロンパンは、悩める者を救いだす救済の菓子パン。俺を地獄から救ってくれ、お前やクラスの仲間に合わせてくれた、神様なんだ……」


 「…………お前」


 「しかしっっ!!! お前は神への冒涜を犯してしまったのだっっ!!!!」


 「振り出しに戻ったっっ!!?」


 「そう……お前はつまり、チョコチップメロンパンの素晴らしさを理解していないんだよ。それは即ち、救済の手を拒んでいるも同然……」


 「えっ……ちょっ、大丈夫か」


 「だから……俺がお前に、その素晴らしさを分からせようと思ってな……」


 「お前二重の意味で大丈夫か?」


 「何、痛い事をしようって訳じゃ無い。お前を救済の世界へと導こうとな……」


 「何だよそのうさんくさい宗教勧誘台詞は!!?」


 「大丈夫だって! お前も直ぐにチョコチップメロンパンの素晴らしさに涙するから!!」


 「やだよ!! 俺の本能が危ないって叫んでる!!!」


 「あっ逃げるな!!」


 「いーやーだーっっ!!!! 絶対にお前頭危ないって!!!!」


 「何を言ってんだ!! お前はまだチョコチップメロンパンの素晴らしさに気づいてないからそんな事言えるんだ! お前もこの清き美しさと美味さをしれば、絶対にそんな事は言えなくなるから!!!!」


 「怖ぇよ!!! 難だよ言えなくなるって!!! どう考えても洗脳的なアレじゃねぇか!!!」


 「あーもーっ、逃げるなぁー!!!!」


 「絶対にやだ!! お金取られそう!!!!!」


 「お前大半の理由それだろ!!!」









 キャラクター紹介


 (千野・智夏(ちの・ちなつ)…チョコチップメロンパン大好きな高校2年生男子。頭はいい方)
 (金田・数壱(かねだ・かずいち)…智夏の友達。常識人に見えるけど史上最悪の金好き)

後書き

手抜きチョコチップメロンパンクオリティ

この小説について

タイトル チョコチップメロンパンの愛を語る
初版 2015年4月23日
改訂 2015年4月23日
小説ID 4660
閲覧数 410
合計★ 2
小夢居イアノの写真
常連
作家名 ★小夢居イアノ
作家ID 917
投稿数 8
★の数 42
活動度 984
チョコチップメロンパンビーム!!

コメント (2)

2015年4月26日 9時32分30秒
数一のほうが、消極的な「受け」ばかりなのが、惜しいです。
あれです、妙なたとえですが、爆笑問題ってお笑いコンビがいるじゃないですか?
あれって、太田(背の高いほう)が滅茶苦茶なこといってボケて、一般人然とした田中(くそチビ)がそれを受けてツッこむんですけど、実は田中も相当な隠れ変態(異常)で、ツッコミに実は狂気がひそんでて、面白いんです。

あまりくどくど説明するとアレですので、そんなニュアンスの「惜しい」です。もちろん智夏のチョコなんたらパンへの愛がボケとして秀逸であることが大前提ではありますが。
★小夢居イアノ コメントのみ 2015年4月26日 12時57分19秒
弓様へ
コメントと★ありがとうございます。
数壱の点は盲点でした。
だたあまりお笑い芸人やコントに詳しくないので、また探してみます。
チョコチップメロンパン。
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。