第二次世界対戦 戦後 - 原爆ドーム 平和の記念碑

大日本帝国 山本長官
始めに 注意

この小説は、原子爆弾のことがのっています。 そう言うのは苦手という方は、あまり見ないほうが、良いと思います。 これらのことを承知した上小説を読んで下さい。 以上注意


第一章 原爆ドーム

広島市には、一発の原子爆弾で破壊され、そのままの形で今日まで保存されてきた「原爆ドーム」と呼ばれる建物があるこの原爆ドームが、平和を築き戦争をいましめるための建造物として、ユネスコ世界遺産への仲間入りを果たしたとき、私は、建築されてからこの日まで、この傷だらけの建物がたどってきた年月を思わずにはいられなかった。
その年月は、私達の父母や祖父母達が生きてきた時代、そして社会が激しく変わっていった時代と重なる。
「原爆ドーム」は、広島市のほぼ中心を流れる川のほとりに建っている。 元々は、物産陳列館として、1915年(大正4年)に完成した。 ヨーロッパ出身の若い建築家が設計した鉄骨 レンガ造りの三階建てで、建物の真ん中には楕円形の丸屋根が五階の高さに突き出ている。 建てられた当初は、小さいながらひときわ目立つ建物だったと言う。 この建物は、広島を取り巻く時代の流れをじっと見守ってきた。 この建物ががけを落とす川には、荷物を運ぶ小舟が行きかっていたし、夏になると、子供たちが水遊びや水泳をして楽しんでいた。 また、小学生たちの絵や書の作品展の会場としても、この建物は多くの市民に親しまれた。
1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分、良く晴れた夏空が広がる朝、広島市に原子爆弾が投下された。 それは、この建物にほど近い、上空約600メートルで、爆発した。 強烈な熱線と爆風が放射線とともに市街を、襲った。 市民の多くは一瞬のうちに生命を奪われ、川は死者でうまるほどだった。 ようやく生き残った人々も傷つきその多くも死んでいった。
爆心地に近かったこの建物は、たちまち炎上し中にいた人は、全員なくなったと言う。 建物はほぼ真上からの爆風を受けたため、全焼はしたものの、レンガと鉄骨の一部は残った。 丸屋根の部分は支柱の鉄骨がドームの形となり、この傷だらけの建物の最大の特徴を、後の世代にとどめることとなった。

第二章 戦後広島

原爆ドームを保存するか、それとも取り壊すか、戦後間もない広島では議論がつづいてた。 保存反対論の中には、「原爆ドームを見ていると原子爆弾がもたらしたむごたらしさを、思い出すので一刻も早く取り壊わして欲しい」 と言う意見もあった。 市民を原爆ドーム永久保存に立ち上がらせたのは、一人の少女の日記であった。
その少女は、赤ちゃんのときに、放射線を浴びて10年たって急性白血病(きゅせいいいはっけつびょう)と見られる病に、倒れたのだった。 その日記には 「あの痛々しい産業奨励館がいつまでも、恐るべし原爆のことを、後世に訴えかけてくれるだろう」 とかかれていた。 これに後押しされて市民も役所も 「原爆ドーム永久保存」
に、立ち上がった、しかし傷だらけの建物だけにそう簡単ではない 原爆ドームには、何より補強工事が急がれた。
このことが、新聞やテレビなどで伝えられると全国からたくさんの手紙や募金が、
寄せられた、そして今の形になっている。

最終章 原爆ドームユネスコ世界遺産登録

日本が1992年(平成4年)にユネスコの世界遺産条約に加盟した直後から原爆ドームを
世界遺産にしようと言う動きがたまった。 この市民中心の活動は、原爆ドームが、世界遺産に指定される1996年(平成8年)まで続いたのだった。 世界遺産は、人間の歴史に大きな役割を果たした文化遺産と、地球上にある貴重な自然遺産を、未来へ向けて大切に守って行くためにユネスコと世界の国々が調査していく制度である。
エジプトのピラミッドやギリシャのオリンピア遺跡など、すでに六百か所以上が、世界遺産として手厚く保護されている。 日本では、姫路城や屋久島等がある原爆ドームが世界遺産に、なったとき世界の人々の平和を思う気持ちを改めて感じたのだった、原爆ドームは、「未来に、核兵器は不必要だ」 と世界の人々に、忠告する記念碑なのであった。

後書き

最後まで見てくれた方 ありがとうございました!
ここから頑張りたいと思います!
それではまた。
さようなら。

この小説について

タイトル 原爆ドーム 平和の記念碑
初版 2015年9月28日
改訂 2015年9月28日
小説ID 4714
閲覧数 4094
合計★ 1
パスワード
編集/削除

コメント (2)

★そら てんご 2015年9月29日 14時25分39秒
若い人らしく、素直でうまく順序立てた文章が好感持てます。
多くの本を読み、好きな作者が見つかれば、その文体を参考にして、
多くの言葉が書き出せるようになればいいですね。
頑張って下さい。
コメントのみ 2015年10月12日 23時18分43秒
原爆ドームに対する厳粛な気持ちはすごく伝わってきます。律儀な文章から。見学にいって感想文書くというテーマなら100点かもしれません。よく調べてあるし。

でもパーソナルでオリジナルでオンリーワンでインディビジュアルな思いが伝わってこない。事実が列挙されてますが、変な言い方ですがもっと『つくり話』してほしい。
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。