飛行船αの上空紀行 - 飛行船αの上空紀行

 時はいつか。私たちの住むこの次元からは到底見ることの叶わない次元Δ。そこの中にある王国β。
 世の中には魔法という便利な技術が発展し、叶わない望みというものは余程のことがない限り全てが意のままになった。

 ここに、富でも名声でもなく“自由”を求める者たちがいる。彼らは自分達だけの力で交通手段を製作し、誰にも邪魔されない場所で世界を見ていた。


王国βの街θ。

ドォォォオォオン

「なッ、なんだ!?」
「おい、まただぞ、今月に入って家が爆発されたのは三軒目だ!」
「しかもそれは街の困り者ばかり……」
「まぁいい、町長に報告しよう」
 人々が町長の家へ押しかける。
 町長は興奮する人々を宥めようとするが、困ったことに全く耳を貸さない。
 数ヵ月前から街の困り者の家が爆破されるという出来事は起こり始めた。いくら犯人を探しても証拠もなければその時間帯にその周りにいた者もいない。こんなことから、彼らはこの事件を単純に“神の鉄槌”が下っただけなのだと解釈した。
 誰もが神と同じような力を使えるようになっているというのに、都合が合わないと神のせいにしてしまうというのは、なんとも皮肉なことである。

「今回もきっと神の鉄槌が下ったのだ……さぁ、皆安心して帰るように」

 そういうと町長はぐいぐいと街人を外に追いやり、ひとまずため息をついた。
 騒動が起きる度にこうなってしまうのでは、神の鉄槌も困ったものである。
 町長は今日34回目のため息をついた。



王国β 上空

「ふぅ……」
「レジ!また……?叔父さん達困ってるみたいだったよ?」
「まさか!俺が爆破してるのは街の困り者だぜ?街人が困ってるっていうんだったら、例え役所でも爆破してやんよ」
「うーん……」
 ここは飛行船の甲板。彼らは王国βの上空を飛ぶ飛行船αの乗組員だ。この飛行船は旅の交通手段であり、同時にギルドの拠点でもある。
 街θで話題になっている事件を起こしていたのは、αのエンジニア、レジ。
 それを渋々横で見ているのは当飛行船の航海士、フェリーである。
「スターノさんに怒られても僕知らないよ…………ってスターノさん」
 グッドタイミングなのかバッドタイミングなのか。そこにはギルドマスター、スターノの姿があった。
「レジ……お前またやったのか?」
「げっ、スターノさん」
「げっ、とは何なんだ……」
 レジは苦笑したままフェリーに助けを求める。ところが、フェリーは昼食の準備を始めていてレジの視線に気づく気配さえない。
「レジ」
「はえっ!?」
「お前の正義好きは良いが、大概にしろ」
「ちぇ、俺の発明品なら証拠も残らず鉄槌を下せるってのにー」
「文句はいい」
 とりあえず、いい加減にしておけとだけ伝えて、スターノは甲板から降りていった。
「なんだかな」
 レジは呟く。
「人間じゃないみたいっつーか……」
 怒られた自分が言うことではないのだがと苦笑する。
 しかし、レジの思うことは本当だった。まるで、感情をどこかにまるごと置いてきてしまったような。なんだかそんな感じだ。
 まぁいい、とレジは特化型バズーカを横に置いて、フェリーのもとへと駆け寄った。

 

 一方その頃、飛行船最下部では。
「昼のワインはこれだね。かるーい感じで。モントこれもって」
「はぁ?フェリー君が昼はパスタだって言ってた。それならこっちだろ」
「馬鹿、そんな真っ昼間からアルコール濃度が高いやつなんか飲んだら、午後の仕事に支障が出ちゃうじゃん!ダメダメ。こっちねー」
「…………このジジイめ」
「あ゙?何だよチビ」
「チビじゃねぇ!これから伸びるんだ!」
「21歳がそれ言っちゃう?」
 αのワイナリーでギャアギャアと喚きあっているのは、狩人のリックと踊り手のモント。この二人は本当に相性が合わない。いちいちぶつかりあっては悪態をつく。リックが「黒」と言えばモントは「白」と言い、「右」と言えば「左」と言う。しかし、相手が正しいと思うときは黙って話を聞くのだ。そこでつく悪態と言ったら、「俺が先に考えていたのに」くらいのものである。
「リックさん、モントさん!みんな待ってますよ」
「おー、今行く」
「ちょ、リック!?」
 フェリーに呼ばれ、ドタドタと音をたてリックはモントをおいて食事室に向かう。が、一瞬だけ足を止めて下を向いた。
 モントもその俊敏な耳で地上から聞こえたなにかの音を察知する。
「……どうせいつものレジの“神の鉄槌”だよね」
「いや、確かに家が崩れる音はしたけど」
「大丈夫」
 そういうとリックはそのまま上へと向かった。
 何が大丈夫なんだとモントはため息をついてからリックの後を追った。


「今日はフェリー特製潮の香りパスタですよ」
「おっ、旨そうだなぁ」
 全員がわらわらといつもの席につく。
「いただきます」
「いただきます!」
「潮の香りっていうか……シーフード?」
「そうとも言います」
 具沢山のパスタをほおばりながら、他愛もない話を繰り広げる。
「そういえばさ、レジ。今日の“神の鉄槌”はどうだったわけ?」
「おい、リック……」
「もちろん、俺の腕に狂いはない!今日は金を巻き上げてた奴だったけど……」
「え?二人目は?」
「なに言ってんだよリックさん。俺は一回しかやってないぜ」
「…………………!!」
 リックは目を見開いてモントを一回見ると、そのまま走って甲板へと上がっていった。スターノとレジがそのあとをついていく。
 途中までついていこうとしたフェリーは止まって、一人佇むモントを見た。
「モントさん、また“耳”ですか?」
「……あぁ。リックは神の鉄槌だって言って聞かなかったんだ。けど、やっぱり違うっぽいな」
 モントは口許を緩ませた。


「今日は俺の勝ちみたいだ」
 



飛行船α甲板

「やっぱり……」
「リック!どうしたんだ、急に」
「あれ」
 スターノがリックの指す方向を見ると、レジが破壊したのではない家が何軒も崩壊していた。
 負傷者も見える。
「モンストロか……リック、“耳”で分かったんだろう?何故言わなかった」
「レジの悪戯かと思ったんだよ」
 リックはおどけて肩をすくめてみせた。
 
「……で、ギルドマスター?」
「迅速に用意しろ。すぐに向かう」
 スターノは長い羽織を翻して室内に入った。
「そうこなくっちゃ!さぁ、レジ……ガンガン働いてもらうからね?」
「任せろ!」
 じゃあ……とレジはリックに三本の鋭利な鉤爪がついた戦闘用アームウォーマーを二つ渡した。
「刃は研いでおいたぜ。いざとなったらサポートするし」
「了解ー」
 するとそこに、やっと甲板に上がってきたフェリーとモントが現れた。
 フェリーがレジのところによって来てそっと耳元で訊ねる。
「やっぱり、モンストロだったの?」
「おう、中級ってとこか。それが大量に」
 腕がなるぜとレジは楽しそうな笑みを浮かべた。
 それと対照的にフェリーは顔をしかめた。
「数が多いとなると、どうせまた争い始めるからなぁ……見てるこっちが怖いよ」
「あー、今日もカウンター頼まれたから付けといたし」
 飛行船αは度々出動するときがある。討伐する対象が複数の時、犬猿の仲であるリックとモントが数を競って繰り出していくのだった。
 戦闘時上から観戦組であるレジとフェリーはそのカウントを任せられ、とても面倒な思いをしていた。
 そこで、満を持してレジが作ったのがその“カウンター”。モンストロを倒した際に放出される大量の魔力・セムを検知して、討伐したモンストロの数を記録することができるというアイテムだ。これのおかげで観戦組の二人の面倒はなくなったわけである。
 しかしまぁ、上から見ていても危なっかしい。というか、余裕ぶっこいて討伐しまくる二人が狂って見える。戦いに入らないで文句をいうのもなんなのだが。
「フェリー!飛行船を地上に下ろしてくれ」
「はい、今すぐ!」
 スターノの呼び声に気がつき、フェリーは操縦幹へ寄った。
「んじゃ、俺たちは行ってくるね」
「ちゃんとカウントしろよ!」
「いってらー」
 レジは手を振り、そのまま背を向けて自動魔法式望遠鏡に手をかけた。
「……………腹へった」

 



地上 街θ

「………っ!」
 息切れが激しい。怪我をした人たちをなんとかここまで運んできたはいいけれど、私だけの魔力じゃどうしてもこれだけの人数を全回復させるのはどうしても無理なようだ。それに、この小屋だってそんなに長い間はもたないだろう。でもだからって折角助けようとした人々を見殺しにするようなことは出来ない……

 つまり私は今、究極の選択を迫られている。

 見捨てて逃げるか逃げずに死ぬか。私に残された選択肢はそのAとBだけ。
 冷静に考えれば簡単なことだろうが、その“簡単な選択肢”はあまりにも難しすぎる。
 少女は俯いてスカートの端をギュッと握った。

 カタカタ カタカタ

 小屋の脆くなったガラス戸が突然の風に揺らされた。
 すきま風が入り込んで肌寒さを余計感じさせる。少女は隙間を塞ごうと、辺りにあった布をもって窓際へ駆け寄った。
 と、同時に窓の前を何かが高速で横切った。
「キャッ、モ、モンストロ………!?」
 しかし、今回街を襲ってきているのは怪力だが鈍足のモンストロ。あんなに早く目の前を駆け抜けることができるわけがない。自分自身の置かれた状況を把握できないのはとても危険だ。
 ……仕方ない。少しだけ、少しだけだ。この扉を開けよう。少し確認して状況を把握したらすぐに閉めよう。覗くだけだ。大丈夫、大丈夫。
 そう思って、少女は扉を開けようとした、が。
「っ!?」
 いくら押しても、開かない。なにか重いものが扉の前に立ちふさがっているような感じだ。気を取り直してもう一度強く押すが、開かない。まさか、モンストロがここにいるんじゃないのか。最悪の状況が頭を駆け巡った。
「………嫌だ……」
 少女はゆっくりと扉から後ずさった。

「今は出ない方がいい」

 少女は顔をあげた。
 誰かが、いる?
「だ、誰……!?」
「通りすがりの者だ」
「………………」
 なんだこの『怪しい』の塊みたいなやつは。崩壊しかけていてモンストロが徘徊しているような街に誰が通りすがるというんだ。馬鹿なのか。
「安心しろ、俺たちは敵じゃない」
「そんなの最初から………………って、他にも仲間がいるの!?」
「そうだ。お前の方にも誰かがいるな。消えかけたセムを感じる」
「あ………」
 少女は後ろを振り返った。
 息も絶え絶えな街人たちが横たわっている。
 私がここまで運んできたはいいけれど、結局のところ何も出来てないじゃないか。回復魔法専門とはいえ所詮は見習い。誰かを呼ばないと限界なんだ。
「大丈夫か?」
 思考の途中でふと声が聞こえた。いるじゃないか、ここに。頼るべき“誰か”が。

「あの、た、助けて!」

 少女は思いきり叫んだ。この人が頼れなくたって関係ない。誰か、私のそばにいて欲しい。
「ほう、それは“依頼”か?」
「い、依頼?」
「俺はしがないギルドのマスターだ。依頼とあらば受けてやろう」
「…………依頼だよ!」
「そうか、分かった。契約開始だ」
 そう言うと男はずっと寄りかかっていたであろう扉を開けて中へ入ってきた。
 長い羽織と木製の杖を携えた金髪碧眼の若い男だ。



   「契約内容を確認しよう」



後書き

初めまして。この作品が投稿初の、七宮 睦月です。
実はこの作品に出てくる全てのメインキャラクターは、私含め友人達の苗字を英語に直し、頑張って(?)キャラクターみたいな名前と容姿を付けたものなのです。
これを読んでいる全ての『ホシノ』さん、『ハヤシ』さん、『ミヤケ』さん、『ワタナベ』さん、『マツザキ』さん、『イトウ』さん、『キタガワ』さん!おめでとうございます。今挙げたのが誰に当てはまっているかと言うのを考えるのも面白いかもしれませんね。(結構どうでもいいですよね……)

と言うわけで、これからも読んでいただけると嬉しいです。

コメントなどお待ちしております!

この小説について

タイトル 飛行船αの上空紀行
初版 2015年12月30日
改訂 2015年12月30日
小説ID 4743
閲覧数 473
合計★ 5
七宮 睦月の写真
熟練
作家名 ★七宮 睦月
作家ID 981
投稿数 10
★の数 51
活動度 1093
拙い文章ですが、楽しんでいただけると嬉しいです

コメント (2)

匿名 2016年1月24日 16時23分38秒
2017.9.13xukaimin コメントのみ 2017年9月13日 10時00分05秒
w^~)http://www.adidassoccershoes.us
http://www.coachoutletonlineshopping.us.org
http://www.nba-jerseys.us.com
http://www.uggslipperssale.us.com
http://www.uggbootsoutlets.org
http://www.adidastrainersuk.co.uk
http://www.newcoachoutlet.us.com
http://www.archivigramsci.it
http://www.ugg.me.uk
http://www.manoloblahnik.us
http://www.pandora-jewelry.name
http://www.ugg-bootscheap.com.co
http://www.true-religion.me.uk
http://www.canadagooseclearance.us.com
http://www.uggboots.com.co
http://www.cheapraybansunglasses.net.co
http://www.raybansunglassesoutlet.net.co
http://www.bostoncelticsjerseys.com
http://www.uggbootsoutlets.in.net
http://www.oakleyssunglasseswholesale.us.com
http://www.oakleyssunglassescheap.com
http://www.airmaxuk.uk
http://www.uggscanadasale.ca
http://www.ferragamooutlet.us.com
http://www.oakleysunglassessport.us.com
http://www.superdry.me.uk
http://www.supremeclothing.us.com
http://www.coachfactoryoutletonlinesale.us.com
http://www.cheapmichaelkorshandbags.us.org
http://www.coachoutlet70off.us.com
http://www.longchamp-outlet.us.org
http://www.coachoutletfactoryon.com
http://www.louisvuittonusa.us.com
http://www.katespadehandbagsoutlet.us.org
http://www.cheap-ugg-boots.us.org
http://www.louboutinshoesuk.co.uk
http://www.adidasoutletclearance.com
http://www.uggclearancesale.us.com
http://www.pradahandbagsoutlet.us.com
http://www.truereligionsale.com.co
http://www.louis-vuittonoutlets.us.org
http://www.thenorthface-outlet.in.net
http://www.vibramfivefingers.in.net
http://www.villafranchi.it
http://www.northfacejacket.us.com
http://www.vitax.se
http://www.softworx.it
http://www.outletuggs.net.co
http://www.recoilmag.com.au/rolex.html
http://www.sproeiendekutjes.nl
http://www.coach--purses.in.net
http://www.michaelkorsoutletonline80off.us.com
http://www.mamiundich.ch
http://www.recoilmag.com.au/adidas-yeezy.html
http://www.moncler.eu.com
http://www.miamiheatjerseys.us.com
http://www.columbiaoutlet-store.com
http://www.uggsaustraliaboots.us.com
http://www.vayrocana.de
http://www.burberry-saleoutlet.com
http://www.nikehuarache.me.uk
http://www.michaelkorsuk.me.uk
http://www.coach-outlet.nom.co
http://www.fitflopssaleuk.org.uk
http://www.mathcad.be
http://www.moncler.me.uk
http://www.uggsaustralia.net.co
http://www.birkenstocksandals.org
http://www.toryburchhandbagsoutlet.us.com
http://www.uggbootsclearance.net.co
http://www.adidasstansmith.org.uk
http://www.usboots.us.com
http://www.fitflops.us.com
http://www.northfaceoutletstore.us.org
http://www.louisvuittonoutlet.nom.co
http://armani.sunglassescheap.us.com
http://cartier.sunglassescheap.us.com
http://www.uggbootsaustralia.us.org
http://www.seattleseahawksjerseys.us.com
http://www.cincinnatibengalsjerseys.us.com
http://www.moncleroutlet.us.org
http://www.northfaceoutletonline.me.uk
http://dior.sunglassescheap.us.com
http://www.newenglandpatriotsjerseys.us.com
http://www.niketrainers.uk
http://www.louisvuittonstores.us.com
http://www.jordanretro.us
http://www.vansshoesoutlet-store.com
http://www.chelseajersey.org.uk
http://www.raybanpascher.fr
http://www.cheapnorthfacejackets.us.com
http://www.louisvuittonuk.org.uk
http://www.montblancpenofficials.us.com
http://www.coachoutletsclearance.us.com
http://www.coach-factoryoutletusa.com
http://www.ralphlaurenpolooutlet.us.org
http://www.uggbootsonsale65off.in.net
http://www.uggbootsoutletclearance.us.com
http://www.birkenstockoutlet.us.com
http://www.hermes.me.uk
2017.9.13xukaimin
ހ
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。