青空の下で

にゃんける
俺は現在高校2年生の高橋葵。いたって普通、どこにでもいる一般人だ。俺は過去にあった出来事で未だに心を痛めている。
今から2〜3年前のこと……
中学3年の頃、俺はある一人の女子に出会った。名前は西園寺あいみ。その子は、勉強はいつもトップクラスの成績で、誰にでも優しい人だった。出会ったきっかけは席替えで偶然隣になった。ただそれだけだった。席が隣になったからと言って話すわけでもなく…。
その数日後、俺は休み時間が終わり席に着くと制服が汚れている西園寺を見た。

「おい、その制服どうしたんだよ。大丈夫か?」

と聞くと西園寺は、

「ちょっと昨日雨降ってたから水たまりにはまって転んだだけだよ。」

と、笑顔で返事をした。その瞬間、俺は悟った。昨日は雨なんて降っていなかった。西園寺はいじめにあっていると…。

そんなことは全く気にもせず、3年生の2学期が終わろうとしていた。放課後、俺は担任に頼まれて裏庭に使われなくなった荷物を置きに行っていたところ、偶然にもあの西園寺と俺のクラスメイトの3人がいた。気づかれると大変だった為、影に隠れて聞いていた。

「おい、お前さほんとむかつく」
「死ねば!」
「……」

男子に暴言を吐かれるも西園寺は無言をつらぬいていた。だが、悪夢は明日から始まった。俺が登校すると西園寺の机がなくなっていた。さらに教科書までもがボロボロにされていた。かわいそうで見ていられなくなった俺は一言行ってやろうとしたが、ここで西園寺の見方をすると自分までいじめられるのではないかと考えた。
10分ほど経って西園寺が登校してきた。西園寺は表情が急に曇り、教室から出て行ってしまった。あの後、西園寺が戻ってくることはなかった。

お昼を食べに屋上へ行った。そこにはあの西園寺がいた。転落防止のフェンスを乗り越えて崖っぷちに座っていた。しばらく黙って見ていたが、……とうとう気づかれた。

「あっ!ごめんなさい。邪魔しちゃって。」

屋上から出て行こうとすると西園寺は急に立ち止まった。

「ねぇ、葵くん。私の話、聞いてくれる?」

突然の問いかけに驚きを隠せなかったが、慌てて頷いた。

「…私ね、いつか周りに何にもなくて誰もいない世界に行って見たいの。地面は芝生で空は青空なの。家…貧乏だからさ制服買い直す余裕もなくて。いつか私を一人で育ててきたお母さんに幸せな生活をプレゼントしたいな。……って、ごめんね。このことは男子たちに言わないで。馬鹿にされるだけだから」

と言い残すと、どこかへ去っていった。俺はずっとあの言動が忘れられず、ずっと頭の中にリピートしてきた。そのせいで俺は曲がり角からトラックが来ていることに気が付いていなかった。

「葵くん!危ない!!!」

キキー‼ガッシャーン……。気づくと目の前にはお昼にあった西園寺の姿が。俺は頭が真っ白になった。どうすればいいのかわからず只々生き返ってくれと祈るばかりだった。すると西園寺が最後の力を振り絞って…

「生きていてくれてありがとう。」

とだけ言い残し、西園寺は息を引き取った。俺は罪悪感がつのるばかり、学校では担任の先生から報告もあった。なぜあんなに幸せを願う西園寺がなくならなければならなかったのか、いっそ俺が引かれれば良かった。どっと涙が溢れてきた。…その日の夜、夢を見た。どこかで見たことのある景色だった。

「西園寺の、考えていた世界……」

なぜあの時いじめを止めてあげなかったのか、西園寺を救うことができるのは俺だけしかいなかったのに。思い詰めれば思いつめるほど苦しかった。その日から、俺の夢には度々西園寺が出てきた。西園寺は、決まって同じことを言う。

「生きていてくれてありがとう」

と。



あれから2年、俺は県内有数の進学校に受験して見事合格することができ、将来学校関連の仕事に就こうと決めている。未だに西園寺の最後の言葉の意味はよくわからないがこれから解明していくつもりだ。命を大切にしてこれからも精一杯西園寺の分まで生きていく。

この体験を俺は一生忘れない。






後書き

どうでしたか?
だいたい90分くらいで仕上げました。

この小説について

タイトル 青空の下で
初版 2016年3月12日
改訂 2016年3月12日
小説ID 4766
閲覧数 269
合計★ 3
パスワード
編集/削除

コメント (2)

弓射り 2016年3月19日 21時46分42秒
90分で書いたのですか。

どういう意図のアピールなのか困惑します。
簡単にみんなを感動させられそうな話を書いた俺(あたし)すごいでしょみたいなことかな。すごいすごい。

もう90分かけたら僕みたいなひねくれもんも感動しますから、もう90分かけてみて下さい。
★にのやしあ 2016年4月17日 20時06分06秒
話があんまり印象に残らないな、と思いました。
私の目が肥えているせいからかもしれないけど。
でも、普通の高校生といじめられっ子っていう設定はいろいろな話を作れそうで、いいなと思います。応援してます、がんばってください。
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。