世界終了チャイム - 世界終了チャイム*4*

“そう、過去なんかに手を伸ばしたってもう届かないでしょう?”

僕はふぅ、とため息をつく。時計を見ると午前0時、こんな時間だとは思わなかった。寝なくては。そう思ってもまだ夢について考えてしまって眠れなかったので、引き続き検索をすることにした。
『世界終了』
シャドウのホームページがでる。内心、世界終了というキーワードで検索ができるのであればいっその事シャドウでもヒットするようにしてほしいものだ、と毒づきつつ、スクロールしてゆく。かれらの活動内容は世界終了以外にも、記憶を消去するとか、時間を巻き戻すなどといった“術”を使うという活動をしているようだ。ただ記憶を消去する、のところが訂正されているのが気になる。記憶の消去はさすがにダメだと思ったのだろうか。いや、世界終了をするような奴らがそんな感情を持つだろうか?考えてもわかるものじゃない。記憶消去、世界終了、時間後退。術の一覧を見ていると、なぜかまた、遠い記憶を想ってしまった。

嗚呼、あの日も群青(あお)かった空。
視界の端でとらえたシリウスが一段と輝きを増した頃に。
彼女と願ったことは覚えていないけれど、儚く叶わない願いだということは覚えていて。
声には出さずに、遠い空に願った日。
きっと過去にはてを伸ばせば届くと信じて。
そしてあの日もまた前を向けなかった僕は、ただひたすらに、彼女を見ていた。

ああ、とつぶやき、頭をかかえる。どうしても思い出せないものというのは、もどかしい。いつも、いつの記憶かなんて分からないものばかりで、しかも相手の顔さえも曖昧だ。ただ、相手の、自分の『声』だけは覚えている。それはそれは鮮明に。彼女だって、友達だったか好きなひとだったか恋人だったか。きっとその頃は、恋人なんて概念が僕の中になかっただろうけど。いつか思い出せる過去なら幸いだ。
しばらく調べているうち、朝になってしまった。今日は探索に行くようだ。無理にでも寝ておけばよかった、と軽く後悔する。
また、新たな魔法を知った。光が灯る魔法だ。 探索に必要らしい。探索場所に着くと、まずサラさんが魔法で辺りを明るくした。僕らはそれに続くように次々と光を灯した。
「ペルースィア・ライト」
そう声をあげてから、はっとする。僕らの“光”は不可解なものを照らした。
「廃ビル…?」
レノがぽそりと呟く。各々の記憶にそんなものを探すと、幾秒かで僕らは顔を見合わせる。声がハモる。
「ここで会ったことがある?」
それは不気味な確信だった。記憶の海の彼方を泳いで、やっと見つけた宝箱のような。そうか、僕らは一度、ここで会っている。たった一瞬だったが、自己紹介はした気がする。
北条麗音(ほうじょうれのん)と、風碕恵美(かざさきえみ)と、高田夏葉(たかだなつは)と、あと、神立理央(かみたちりお)。たしかに、レノとエミとナツとリオと呼ばれなくもない。近くの公園でそれぞれに遊んでいたが、少し行ったところにあったここの廃ビルに呼び寄せられたように足を運んできたのだ。
「久しぶり」
誰かがつぶやいた。それに促されるように僕らはあの日、出会った子供達として、再会の挨拶を交わした。あの頃から廃ビルだったなんて、この建物も廃ビル歴長いんだなあ、とつまらないことを考えていた。一通りおわったあとで、サラさんが呆れ顔でいった。
「なあ、君たちは本当の目的を忘れていないか?」
そうだった、と我にかえった僕らは笑い、それから、本当の目的である探索を開始した。その廃ビルは研究所のような場所だったらしい。もちろん壊れているが、使われていたらしい機械がたくさんあった。ちぎれたコードや理髪店にありそうな椅子が散乱している。また、ベッドや風呂の残骸があることからここで生活していたことが伺える。ただひとつ、不可解なところがあった。それは、この場所にあるものは明らかに古いのに、埃を被っていないことだ。なにか、そう、例えば、魔法なんかがかかっているんじゃないかと疑う具合に。それにしてもなぜ、ここに探検に来たのだろうか。そう思ったとき、丁度ナツがサラさんに聞いた。
「サラさん、ここは、何なんですか?」
「元、シャドウの本拠地だ。」
みんなが身構える音が聞こえるようだ。
「大丈夫。シャドウは君たちに攻撃しない。また、ここは、もう捨てられた本拠地だからだ。」
なぜサラさんが確信をもってそんなことをいえるのかはよくわからなかったけれど、輪廻のリーダーだからだろうというなんとも簡単な理由で納得した。“証拠品”といわれたいくつかのものを輪廻の基地に持ち帰った。他班にまわして精密検査をすると言っていたので、まるで刑事ドラマだなと思った。
その日は、ひさしぶりに家に帰れる日だった。
家に帰った僕は、再会について、考えていた。あんなにも脳内をかき回した記憶が、あんなにすぐ蘇るだろうか?と言っても、みんな思い出したのだから、間違いはないのだろう。なのになんだ?この引っかかりは。これはまだ、本当の僕らの歴史じゃない気がするのはなんでだ?子供の頃の話なので、もちろん公園にはお母さんや何かが付いてきていたはずだ。また、僕が急に別のところへ行ってしまうなどということがあれば、お母さんも覚えているはずだ。そこで、僕は夕食時お母さんに詳細を聞くことにした。
「ねえ、僕が小さい頃公園に行った時、急に別のところに行ってしまたりしたことはあったっけ?」
お母さんの顔色が少し影る。だがこの事実が嘘だというなら本当を教えてもらわないといけないし、本当なら本当と言ってもらいたい。ただ今の所、9:1で嘘だという可能性が濃厚だ。でも、その嘘を思い出したのは僕らだ。どうして?
「そ、そうね。それがどうしたの?」
お母さんがの、を言い終わるのを待たず、僕は話し始める。
「それについて教えて欲しいんだ。」
「それ、って普通に、公園で遊んでいたら急にあなたが近くにあった木でできた小屋に勝手に言ってしまった、って話でしょう?それ以上ないわ。」
矛盾点。どちらかが嘘、もしくはどちらも嘘。可能性としては二つ。
「嘘だね?」
ためらいもなく、瞬時に否定した僕に、お母さんは面食らったようだ。
「ーーーーーっ、そんなことないわよ。それより、今日しか家にいられないんだから、部屋の片付けでもやっていきなさい。」
決定だ。これは嘘。思い出したのも嘘。仕方ないので今日のところは部屋の片付けをすることにした。

しばらく使っていない参考書やら、問題集やらが机の上に山積みになっている。到底片付ける気は起きないが、お母さんに勝手にやられて大事なものをなくすよりはマシだ。昔お母さんが勝手に掃除をして、とても大事にしていた透き通った綺麗なガラスの破片を捨てられてしまった。それ以来僕は面倒でも自分で掃除をするようになった。
掃除をしていると、USBのようなものを見つけた。試しに自分のパソコンに差し込んでみると、音声だけが流れ出した。ただ、雑音が多い。

「いいですか、奥さん?これで、録音していますのでザザザザーッ」
「はい。」
「私たちは、ミシュライ国のシャドウと言うものです。」

そこまで聞いて、僕の指は反射的に停止ボタンを押していた。明らかに僕のお母さんと、誰かの会話だ。シャドウだって?理解が追いつかない。そして、そのUSB風のものを包んでいた白い紙を見ると、そこには、エミ、レノ、ナツ、リオ、僕、あとは僕らのお母さんたちだと思われる人の集合写真だった。ますますわけがわからない。だけどこれがあれば、お母さんだってもう、素知らぬ顔はできないだろう。僕はもう一度、お母さんを問い詰めた。

後書き

今回は、だいぶ真実のようなことが明かされました。作者自身、まだ4話目なのに10話に辿りつかず終わってしまいそうで怖いですが、これからも頑張っていきます。
遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。

この小説について

タイトル 世界終了チャイム*4*
初版 2016年7月24日
改訂 2016年7月24日
小説ID 4805
閲覧数 441
合計★ 6
ポンダンの写真
駆け出し
作家名 ★ポンダン
作家ID 1011
投稿数 4
★の数 16
活動度 441

コメント (6)

★七宮 睦月 2016年7月24日 17時03分50秒
世界終了チャイムの第4話、お待ちしておりました!

話の内容もだいぶ進んで、個人的には皆の名前が分かったところが少し興奮しました。皆可愛い名前ですね!
それぞれの母親たちとシャドウの関係も気になります。今後どうやって展開していくのでしょうか……

少し気になったのが、公園の記憶の部分です。
小さい頃に一度会ったような気がする数名の名前を、そんなにすぐ思い出せるものなのでしょうか……?
私は記憶力があまり良くない方なので分かりませんが、それだけ、ビビッとくる運命的な何かを感じたということなのかな。

次の展開を楽しみにしています!
★ポンダン コメントのみ 2016年7月25日 18時49分09秒
コメントと評価、ありがとうございますmm

公園の記憶ですが、そのことだけ鮮明に覚えている、といったところですね。むしろ名前しか鮮明には覚えていないということです。

こんな小説を待ってくれていたなんて、嬉しい限りです。今後ともよろしくお願いします!
弓射り 2016年8月25日 23時32分14秒
とても感想が遅くなってしまいました。
読み易くなったような感じがします。テンポが良いから早めに伏線が回収できそうなのでしょうか。折角キャラが多いので、それぞれのキャラが主人公になる話で引っ張れるかもですよ(アニメではよくありますね)、ただ元々の雰囲気から逸脱してしまうと勿体ないですね。

文章が急にロマンチックになるところがありますね。意味深で良いのですが
どこか常套句というか、よくあるロマンチックな文章から借りてきた語群のように見えます。前半の3行は群青やシリウスなんてなかなかお洒落ですけど、後半がありきたりかな。かっこつけるなら、ご自分の言葉のほうがグッときます。

母親が何かを隠してる芝居の描き方がとても上手いと思います。次が気になる引っ張り方ですね。楽しみです
★ポンダン コメントのみ 2016年8月27日 18時37分59秒
今回も感想をくださり、ありがとうございます。
褒めていただき、嬉しい限りです。
そうですね、もっと他の話も考えてみます。
あとは、自分の言葉で表現することを心がけようと思います。
次回は今制作中ですが、より良い作品になるように頑張りたいです!
★ポンダン コメントのみ 2017年12月5日 18時57分23秒
作者より・更新遅くなり、申し訳ございません。
chenlina コメントのみ 2017年12月12日 18時22分50秒
w^~)w^~)http://www.adidasoutlet.me.uk
http://www.canadagoosecanada.ca
http://www.supremeclothing.us.com
http://www.cheapraybansunglasses.net.co
http://www.monclersitoufficiale.it
http://www.michaelkorstotehandbags.us.com
http://www.katespadeoutletsale.us.com
http://www.poloralphlaurenpascher.fr
http://www.tory-burch.org.uk
http://www.thenorthfaceuk.co.uk
http://www.snapbackshatswholesale.us.com
http://www.northfacejacketsclearance.us.com
http://www.outletcanadagoose.ca
http://www.northfacethe.us.com
http://www.moncleroutlet.us.org
http://www.coachoutletstoreonlineofficial.us.com
http://www.pandorajewelry-canada.ca
http://www.toryburchoutletoff.us.com
http://www.pandora-jewelry.me.uk
http://www.fitflopssale.org.uk
http://www.longchamp-outletstore.us.com
http://www.raybanwayfarersunglasses.us.org
http://www.ralphlaurenonlineoutlet.us.com
http://www.coachoutletonline70off.us.com
http://www.outletsuggs.us.com
http://www.adidasyeezy-boost.us.com
http://www.coachoutlet-online.eu.com
http://www.monclerjassen.be
http://www.ralphlauren-outletstores.us.com
http://www.nikeairmaxshoes.us.com
http://www.louboutin.in.net
http://www.coachhandbagsfactoryoutletonline.us.com
http://www.poloralph--lauren.us.com
http://www.fitflops.us.org
http://www.wwwuggsoutlet.us.com
http://www.northfaceuk.me.uk
http://www.saleuggboots.co.uk
http://www.pandorajewelrycanada.ca
http://www.manoloblahnik.us
http://www.ferragamooutlet.us.com
http://www.hermesbags.me.uk
http://www.cheap-oakleysunglasses.com
http://www.nikejordans.co.uk
http://www.uggbootsfreeshipping.us.com
http://www.coachoutletonlinestore.ca
http://www.coachoutletonline-sale.us.com
http://www.oakleysunglassescom.us.com
http://www.adidasshoesoutletstore.us.com
http://www.katespadehandbagsoutlet.us.org
http://www.burberryscarfsale.in.net
http://www.cheapnfljerseyscom.us.com
http://www.pandoracharms.us.org
http://www.coachfactoryoutlet-onlinestore.us.com
http://www.airjordanretro.fr
http://www.cheaprolexwatches.us.com
http://www.hollistercooutlet.us.com
http://www.uggbootscom.us.com
http://www.poloralphlaurenoutletoff.us.com
http://www.underarmouroutletclearance.com
http://www.northfaceclearance.us.com
http://www.uggboots-sale.us.com
http://www.christian-louboutins.fr
http://www.montblanc.com.co
http://www.nikeukstore.org.uk
http://www.outletuggstore.us.org
http://www.blackhawksjersey.com
http://www.canadagoosejacket.us.org
http://www.wwwnorthface.us.com
http://www.cheap-jordan-shoes.us.com
http://www.canadagoosesale.name
http://www.nikefree-run.fr
http://www.nfl--jerseys.us.com
http://www.chaussuresnikeairmax.fr
http://www.raybansunglassesforwomen.us.com
http://www.uggboots-cheap.us.org
http://www.uggbootscheapest.us.com
http://www.canadagooseoutletsstore.us.com
http://www.truereligionoutletjeans.us
http://www.longchampoutlet-online.com
http://www.northfaceoutletstore.us.org
chenlina20171212ހހ
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。