夏休みの自由研究

夏休みにおける宿題をサボることによる効能の検証

実験年月日 平成29年7月15日〜8月31日
提出年月日 平成29年9月1日
実験者:佐藤太郎




―――
1. 緒言
学力低下が叫ばれる昨今、また日本における詰め込み教育が復活しようとしている。これは由々しき事態であり、本来子供とは自由に遊び、その中から自由に子供独自の視線で学ぶべきものである。
よって、本実験では、あえて夏休みの宿題をサボることによって、より大きな成果が得られることを検証したいと思う。
2. 実験
(器具)
鉛筆、消しゴム、夏休みの宿題(白紙で提出)、ゲーム、漫画、アニメ、小説投稿サイトしょろぱ、スマホ、パソコン、タブレット型端末、お菓子、ジュース、コップ、氷

(操作)
1日目 さっそく宿題をサボることにする。この解放感、呪縛から解き放たれ、自由になったのだ!

宿題はランドセルの中に封印し、早速実験器具を取り出し、実験を開始することにする。

1.コップにジュースを適量注ぐ。
2.氷を入れるのを忘れてたので、とりあえず一気飲みし、氷を入れた後、ジュースを注ぐ。パキパキと音がした。
3.お菓子の袋を開ける。
4.スマホの電源を入れ、小説投稿サイトしょろぱにアクセス。
5.読みながらジュースと菓子を頬張る。

1日目終了。
3. 結果
宿題から解放されたことによる充足感。これは、今までの囚人のような生活、宿題があったときとは考えられないものだ。しょろぱで小説を読んだことにより、創作意欲もわき、新たな着想・知識も得られた。やはり、子供とは自由であるべきだ。


以下、様々な実験と結果が続く。


―――
4. 考察
本日で夏休みも終わり。だが、私は、大きな成果を得ることに成功した。
レベルはカンストし、日々の疲れも癒せ、様々なお菓子・ジュースをコンプリート。
かの有名な著書からの言葉を引用すると、1)人生とは学ぶために生きるのではない、遊ぶために生きるのだ!に尽きるだろう。遊ぶことによって、様々な知見を得て、人の幅も広がる。事実、しょろぱで投稿した作品に感想が付いた!これは、宿題に追われなかなか執筆できなかった今まででは考えられなかったことだ。
よって、上記の格言「遊ぶために生きるのだ!」そして、緒言で述べた「本来子供とは自由に遊び、その中から自由に子供独自の視線で学ぶべきものである」は成立している、と言える。
5. 参考文献
1) 遊びのススメ 遊部冪 遊び探究社 2000年 5〜6ページ


―――
「以上が僕の自由研究です!」
「「わあああああ!!!」」

ぱちぱちぱちぱち!!
万雷の拍手。

宿題を一切しない、という僕の姿勢。
それは、クラスメイトの心に大きく響いたようだ。

「いいぞー!!」

とか、

「宿題なんて燃やしてしまえばいいんだ!!」

とか、僕の思想に共感してくれて、うれしい限りである。
ふっふっふ、これで僕の夏休みの自由研究は完璧だろう!
そう思って、苦い顔をしている担任の先生を振り返る。

「先生!どうですか、僕の自由研究!!」
「ああ・・・内容はアレだが、形式と作りは小学生が書いたとは思えないほどしっかりしている・・・自由研究としては、まあ、合格でいいだろう・・・」
「やった!!」

言質は取った!!
これから先、宿題をサボる効能を証明した僕は、一生宿題しなくていいんだ!!
僕の時代が来た!!
そう、僕は、そんな明るい未来を信じて疑わなかった・・・


・・・次の言葉を聞くまでは。

「じゃ、佐藤。明日からの宿題2倍な?」
「うえっ!?え!?何で!?」
「何で、じゃない、当たり前だろう?宿題をサボったんだから」
「でも、自由研究は合格だって!」
「ああ、<自由研究は>な。他の教科の宿題をサボったことに対しては、許可していない。国語・算数・理科・社会、その他諸々。サボった分はやってもらうぞ?」
「そんな!横暴だ!!」
「横暴だ、じゃねえ!!サボったんだから当たり前だろう!!」

僕は、目の前が真っ暗になった。
皆も、英雄を称える声援から、悲劇のヒーローを見る、とても痛ましい雰囲気になって行った。

「何故、何故だ!!僕の理論は完璧だったはず・・・」
「どこがだよ!!」

担任の先生の突っ込みにより、場が苦笑に包まれる。

結局、僕は、倍返しの宿題を行う羽目になった・・・


・・・来年は、ちゃんと宿題やろう・・・

後書き

宿題をサボる時は、それ相応の代償が必要となります・・・

この小説について

タイトル 夏休みの自由研究
初版 2017年2月18日
改訂 2017年2月18日
小説ID 4889
閲覧数 148
合計★ 5
teiwazの写真
ぬし
作家名 ★teiwaz
作家ID 1049
投稿数 34
★の数 29
活動度 3463
はじめまして。teiwazといいます。
思いついた作品を思いついたときに投稿しますので、よかったら見てみてください。
これからよろしくお願いします!

尚、小説のタイトルと紹介文は必ずしも小説の内容全てを表しているわけではありませんのでご注意下さい。

コメント (2)

匿名 2017年2月23日 16時35分36秒
★teiwaz コメントのみ 2017年3月5日 19時32分59秒
高評価ありがとうございます!
これからもよろしくお願いします!
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。