ウツ空からの平和論 - 続『ウツ空からの平和論』(1)

先の平和論が平成27年でしたので、2年ぶりの登場になります。
2年前と違っていることは、現在プロの作家としてこれに望んでいることです。
しかしあまり好みではない論文のたぐいを書き始めています。
ですからお金は取りませんのでご安心下さい。(笑)
動機は先の平和論と全く一緒でして、やむに止まれぬ気持ちの高揚によるものです。
いえ、ある種の危機感と言ってもいいかも知れません。
これは私だけの危惧ではなくて、現在多くの国民が危惧している問題でもあります。
《北朝鮮が暴走を繰り返しているし、アメリカも強気の姿勢を崩してはいない》
《真っ先に戦火を受けるのは日本国ではないか》
《もしかしたら世界は戦争状態になるのではないか》
連日のニュース番組は、この話題で持ちっきりの状況であります。

シーッ、どさくさに紛れて政府は防衛力という名目で軍備を増強しています。
シーッ、戦闘支援という名目でアメリカと密に連携して北朝鮮を威嚇しています。

少し立ち止まって専守防衛について考えてみましょう。
その意味は攻撃を受けたときにのみ武力を行使して、自国を防衛することとあります。
ほんの少し前まで、日本は平和を貫いてきました。戦火は蚊帳の外の出来事でした。
そんないい意味での臆病で安心の国であった日本が、このままであれば米国と共に討ち死にをしかねない国になりつつあります。これはもうただ事ではありません。
いつの間にか“戦闘前提の自衛隊”なのであります。気がつくと多くの国民が悪い酒を飲まされて、戦闘、戦争やむなしの風潮に流されかねません。
気づくと“核の抑止力”という誤った平和主義に守られている錯覚に陥ろうとしています。
核には核で持って対抗するなどという誤った平和主義である限り、真の平和はあり得ません。つい先日まで核のない世界平和を目指していた日本は、一体どこに行ってしまったのでしょう。また、行こうとしているのでしょうか?
このままであれば、米国(或いは大国)の防波堤としての役割を果たすのがおちではありませんか。世界の大国(核を有する大国)に世界平和は任されません。

当国の首相は声高らかに、軍備力による平和主義を掲げて世界中を駆けずり回っています。
その行動力には敬服しますが、
《それは間違っている!! 世界に訴えるべきことが間違っている!!》
誰かが大声をあげて軌道修正しなければなりません。
《日本国の首相が世界各国に対して叫ぶべきは、対話による平和主義》であります。
積極的な核兵器廃絶と武力行使廃絶を叫んで世界を平和主義に導くべきであります。
それは一見非力な行動に見えるかも知れないが、真実の叫び声を挙げるべきです。
核で脅そうが武力で脅そうが、ひたすら対話を軸にして毅然とした態度で望むべきであります。ガンジーが叫び勝ち取った平和主義で行くべきだと思います。
相手が野蛮だからと言って、自分まで野蛮になってしまったら救われません。


先の大戦で二度にわたって原爆を浴びてきた日本。
戦後72年にわたって一度も戦火に見舞われることのなかった日本。
そんな日本が今さら軍備力を増強して何をしようとしているのでしょう。
いやな流れについて書きます。
北朝鮮の暴走を止めることのできない、いやな流れです。
今日の今日とて、北朝鮮による弾道ミサイル発射のニュースがあり、日本では今後弾道ミサイル防衛体制の見直しなどの議論が加速する可能性もあると報じられていました。
《ストップ!!》
ミサイル防衛体制の見直しとはもはや戦争を前提にした論評ではありませんか。
そうではなくて世界と共に暴挙を非難することが大事だと思います。
武器には防御をといくら言っても、戦争が始まってしまったら一巻の終わりです。
それこそ大国の驕りでしかありません。取り返しのつかない状況になります。

日本に武器は必要でない。
たとえ全世界が軍事力による平和主義を貫こうとも、戦争の悲惨さを訴えて毅然と世界平和を勝ち取っていける国は、世界の中で日本しかないのです。
そんな誇りを日本の指導者は持って欲しい。
綺麗ごとでは世界戦争を避けることが出来ないと言われるかもしれませんが、過去の戦争で得た教訓を訴えるべきです。戦争の残酷さを訴えるべきです。二度と悲惨な戦争を起こさない英断を他国に訴えるべきです。
攻撃を受けたときにのみ武力を行使して、自国を防衛すること。小国で軍備増強を頑張ってやり遂げてきた日本。そんな誤った平和主義が何を私たちにもたらしてくれたのだろう。
同じ憲法改正をやるのであれば、その反省を不戦と言う魂に置き換えて実行すべきだと私は思う。そうすれば沖縄に基地などいらないことに気づくのではなかろうか。
決して大袈裟では無くて、地球の今まで手に入れることのできなかった世界平和を築くことのできる国は、日本を抜きには語ることが出来ないと私は思っています。
例によって一気にここまで書き進めてきましたが、少々お疲れモードに成りました。
今日はこのあたりまでにしておきます。(笑)

後書き

私のウツ症状はいまでも続いていますが、ウツと仲良く共存しています。
先日、主治医に小説家としてプロデビューすることを報告しましたら、自分事のように喜んで下さいました。
それにぱろしょのフィールドで自由闊達に遊ばしてもらったお陰だとも思っております。そういう意味で有難うございます。

H29年5月15日

この小説について

タイトル 続『ウツ空からの平和論』(1)
初版 2017年5月17日
改訂 2017年5月24日
小説ID 4941
閲覧数 115
合計★ 4
そら てんごの写真
ぬし
作家名 ★そら てんご
作家ID 675
投稿数 30
★の数 106
活動度 7730

コメント (2)

★アクアビット 2017年5月19日 12時57分59秒
『対話による平和主義』
これに私は心から賛同します。

今、反対運動が拡がらないのは、
本物の戦争を知らない世代が
大多数になってしまったからかな、と。

故郷が戦場になったら、どうなるのか。

想像力というスキルが欠如した人々に、
解れという方が無理なのかもしれません。

何はともあれ、
作家デビューおめでとうございます!!

★そら てんご コメントのみ 2017年5月24日 6時55分12秒
コメントをありがとうございます。
長い物には巻かれろという格言が報道の中に隠れているような昨今です。
危なっかしい指導者が世界中に充満していくような気がするのは
私の思い過ごしでしょうか?
痛みを忘れた人類の行く末が心配です。
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。