ドラゴニスト - ドラゴニスト〜語り継がれる「神話」〜

 満月の夜。ハーネイは木の上で震えていた。別に木が好きなわけでもなく、寒いわけでもない。月見をしたいわけでもない。
 アレのせいだ。
 緑竜様は「マーメイド」と呼んでいるアレ。アレが恐ろしいことに地中に潜んでいるというのだから地に留まることなどとてもできない。次の瞬間、アレの醜態に飲み込まれるのではないかと思うと一気に血が引いていく。
 彼女の希望する最期はそんなものではなかった。むしろ、この最期は彼女の最も望まない最期だった。そもそも、まだ死するのは早い。などの理由で彼女は木の上で恐怖に震えていたのだった。
 そんな彼女を地上から見上げているものがいた。緑竜だ。はっきりと名前は覚えていないらしく、相当長い年月を一人で過ごしていたようだ。それが彼を狂気に導いたのではないか、とハーネイは思っていた。
 狂気に浸るあまり、あんな恐ろしいペットを……。
 と考えたこともあったがそれは自分の中で否定した。否定しないと、自分の行動がただ臆病なだけかもしれないと思ったからだ。
 緑竜は何やらハーネイに用があるそうだ。だが、ハーネイはマーメイドとやらのせいで、情緒不安定になっており、さっきまでは目を合わせることもしなかった。ハーネイの心中を察して、しかたなく緑竜はなんどか出直した。これが4回目の呼びかけである。
 「ハーネイさん。お話聞いて下さいますか?」
 緑竜がそういった。ハーネイはまだ震えていたが、マーメイドのショックからずいぶん立ち直れたようで、緑竜に対して何か反応を示さなければならないと判断することはできた。ハーネイは木から身を乗り出して下の緑竜にいう。
 「はい。聞かせていただきます。でもここにいさせてください」
 後半はほとんど懇願するような声でいった。ビブラートともとれる震えがかかっていた。緑竜は「いいですよ」とハーネイの懇願を認めた。そして話し出す。
 「もうすぐお別れですねー」
 「はい。いずれまた来るのでそれまで待っててください」
 ハーネイはそういったが、そんな予定は全くなかった。ただアレのショックから完全に立ち直れていないからであって、考えもしないことをいってしまったのだ。が、緑竜はそれを真に受け、嬉しそうに笑い、続けた。
 「そういってくれると嬉しいです。で、土産話といっては難ですが、ちょっと、ドラゴンに伝わる神話をお話ししましょう」
 「あ、それ知ってます。」
 ハーネイは一回緑竜の所へ訪れたことがある。そのときに緑竜からじきじきに神話を聞かせてもらったのだ。だが、緑竜は、
 「あれは偽物なんです。」
 といってハーネイの意表をつき、
 「全部有りのままに話すと少々都合が悪いので。」
 と、申し訳なさそうに顔を沈め、呟くようにいった。
 「……その本物のほうを聞かせていただけませんか?」
 ハーネイがいうと、
 「ええ。そのつもりであなたに話しかけたんですし。」
 緑竜はそういった。そして一つため息をついて語り出す。
 「ドラゴンと人間が戦争をしていた時代。各々は己の長所を駆使して相手を負かすことを考えていた。ドラゴンは武を、人間は智を。はじめ、ドラゴンの武が人間を圧倒していたが、人間の智がやがて大きな変化をドラゴンにもたらした。人間は、一頭のドラゴンを捕らえ、その体質などから、ある薬品をつくりだした。それはドラゴンの遺伝子が詰まったもので、一人にうつとそのものと血がつながるものは全てドラゴンの遺伝子を持つことになる。そのドラゴンの遺伝子をもつ人間がドラゴンの体液などを血液中に取り入れると、十五日ほどでそのものはドラゴンに身を変えるという。ただ、その姿は哺乳類と爬虫類の間である、鳥類の特徴を備えたものになる。そのものの記憶は奥深く閉ざされ、何かきっかけがなければ開くことはなくなる。……ここまでいいですか?」
 ハーネイは頷いた。もとの話とは全く違った内容のものだが、今は口を出さないほうがいいと思った。緑竜はハーネイが頷くのを確認すると話を再開した。
 「ドラゴンの薬品をうたれたものは、子を産むと、それを捨てるよう言い渡される。親はそれを拒んだが、国からの指令を拒みつづけることはすなわち死を意味する。親は泣く泣く子を捨て、子は孤独の一生を歩む。やがて、そのものはドラゴンと出会うことになる。当然、ドラゴンは人間を殺そうとするが、その人間の雰囲気が普通の人間ではないことに気付く。ドラゴンはその人間を仲間と認め、そのための儀式を行う。つまり、牙印を刻む。ドラゴンは人間を噛み、人間の体内にはドラゴンの唾液が入る。人間は激しい頭痛を感じて十五日間の眠りにつく。そして目覚めるころにはドラゴンになっている。そして、ドラゴンはいう。『人間だったのにどうして?』ドラゴンになった人間は自分は人間だったという記憶を呼び起こされる。人間はそのドラゴンを利用して、戦争をいい方向へもっていこうとしたのだが、」
 ここで間を開けた。そして、
 「ドラゴンにされた人間は人間を憎んだ。そして、そのドラゴンは本物のドラゴンのほうにつくことにした。こうなると、人間の敗北は決まったようなものだった。人間は降伏して、戦争は幕を閉じ、ドラゴンは人間に、ドラゴン狩りを禁止した。……これで終わりです。」
 緑竜はそういった。ハーネイがここを最初に訪れたとおきに聞いたものとは全く違う内容の話だった。ハーネイは首を傾げて緑竜を見下ろしている。ハーネイは緑竜に訊いた。
 「どうしてそれをありのままに聞かせるとまずいんですか?」
 「こんな話をすると、人間に対するイメージを悪くするドラゴンもいるので。それに、ドラゴン狩りはときに大きなショックを与えることがありますから。」
 「……なるほど。では、」
 「どうしてこんな話をしたか、でしょう?理由はありますよ。」
 緑竜はハーネイの考えを見ぬいて先手をとった。
 「まず、デニーズさんの問題があるんです。あのかたはもともと人間だったんですよね?」
 ハーネイは頷いた。羽毛を持つドラゴンは、元人間にしか有りえない。だからこそ、緑竜はそれを知ったのであり、ハーネイは緑竜がデニーズは人間でないことを言い当てたのを冷静に受け止められたのだ。
 「あなたは、デニーズさんに、自分は人間だったことを思い出させなければなりません。」
 「え?」
 緑竜がいった言葉にハーネイは驚いた。と同時に、当惑や困惑、疑惑が生まれた。デニーズが人間だったことを知ったらどう思うのだろう?生きる意思をなくしてはしまわないだろうか?なぜ、それを思い出させなければならないのか……?
 それがハーネイの表情に表れてしまったのか、緑竜はハーネイにいった。
 「デニーズさんは、きっと、人間だったことを知っても怒りませんよ。あなたといるのが楽しいようですから。人間界で一人でいるよりも、ドラゴン界であなたといるほうがいいようです。で、その理由についてですが……私の推測ですけど……」
 緑竜はいいにくそうに眉をひそめ、いうことに躊躇したようだった。が、言わなければならないことだったのか、ほとんど吐き捨てるような感じでいった。
 「もう一度戦争が始まろうとしています。」
 「……どうしてそう思うんですか?」
 ハーネイは顔をしかめて訊いた。少し現実味がないように思えたからだ。緑竜は落ち込んだ声でいった。
 「まず、人間が私にいったことをよく思い出してみたら、『ドラゴンなんて殺してしまえ』といっていたのを思い出したんです。今になって、それを素直に受け入れたのはばかだなって思います。ドラゴンは本来いいかたばっかりなのに、どうしてそんなことをしなければならないのかって。もう一つは、その人間が来るまでの間、どうも森の調子が悪かったんです。緑色の竜が惨殺されたりしたとき、大きな悲しみが生まれ、それが森の調子を狂わせる原因になるんです。普通ドラゴンなんて惨殺されません。人間の仕業としか思えません。この二つのことをつなげると、人間はドラゴンを殺したがっていることが窺えます。ですから、人間はもう一度戦争をしようとしていると思ったのですが……ちょっと無理がありますかね?」
 「………筋が通ってるところはあります。」
 ハーネイは内心、その推測は眉唾だなと思っていたが、はっきりと否定するのは少し失礼に思い、柔らかくいった。緑竜はほっとしたような表情をし、ハーネイに念押しした。
 「ですから、デニーズさんに人間だったことを思い出させるのですよ?いいですね?」
 「…はい。」
 なんとなく、そう言わなければならない気がして、ハーネイはそういった。
 「では、頼みましたよ。明日から。それでは、おやすみなさい。」
 「……おやすみなさい。」
 そう挨拶を交わして、緑竜はハーネイを見上げるのをやめて、どこかへと消えていった。
 ……明日からウルグのところへ帰らなくちゃいけないなぁ…。緑竜様は改心したんだし。どうなったかぐらい見ないと……。
 ハーネイはそう思って月に一瞥をやり、枝に身を横たわらせて、目を閉じた。

 満月が南中し、下り坂を描き始めたころ。
 「……ぐへえぇぇぇっっ!!」
 デニーズが叫んだ。枝から落ちてしまったのだ。あまり緑竜から離れていないところに落ちたので、緑竜は起き……ということにはならなかった。緑竜はデニーズの悲鳴を聞いても呑気に眠っている。
 「……枝の上で眠るのって難しいなぁ……。経験はある気がするんだけど。」
 そう呟いて、逃げるように地面から離れる。マーメイドの恐怖は拭い去りきれていない。デニーズは今まで眠っていた枝よりも太い枝を探し、そこで寝た。

後書き

ちょっとは上手く書けたかな?ども。隠れながら発信しています、馬です。
かなりノーマルな書き方をしたのでこちらについてはノーコメントということで、電撃に応募しようとしている作品について。
〆切に間に合いそうにない。_│ ̄│○ 部活はあるは受験はあるわ、80Pかかなならんわ。大変大変。いざとなったら書きだめした短編で挑むことになるが、ダイジョブかな?まぁいいや。受賞したいけど無理だろうから気楽にいきます。ノシ(←最近覚えた。以下独り言 っていうか、電車男読んで思ったけど、(ry これってどういう意味だ?わからん。

この小説について

タイトル ドラゴニスト〜語り継がれる「神話」〜
初版 2005年10月22日
改訂 2005年10月22日
小説ID 529
閲覧数 839
合計★ 5
馬野鹿麻呂の写真
ぬし
作家名 ★馬野鹿麻呂
作家ID 13
投稿数 19
★の数 78
活動度 2884
本と小説と獣と竜と鳥とポケモンとデジモンとレジェンズと音楽と数学とスキーと雨と午後ティーと豚肉が餌。

コメント (3)

弓射り 2005年10月23日 22時44分31秒
おーし、弓射り節(つまりは毒舌)いきまーす。

とビビらせたところで(笑) 前回何かを基準に採点する、とかかんとか言ってましたが、正直もう覚えてないので(爆)、うろ覚えですが、セリフに重点を置く採点方式をとってみます。
それ以外の考慮は一切抜きにして、セリフのみ、です。

まず、勝手なイメージで申し訳ないんですが、緑竜はすごい図体のでかい化け物で今現在もイメージしてるので、どうもセリフとかみ合わないんです。これは、まずキャラ作りで何か不徹底な部分があるのではないでしょうか。などと人のせいにする僕もアレですが、さらっと読み流して勝手なイメージを持つ読者はけっこういます。セリフやキャラの名前はキャラを活かす武器ですが、その分特徴をちょっとでもぼかすと、読者と作者のイメージのギャップが生まれてしまいます。「想像力にお任せ」とはよく言いますが、自分が抱く「このキャラはこうなんだよぉおおおお!」という譲れない想いを読者に委ねてはいけまへん!(←馬鹿

そして、長いセリフ。これもかなりクセモノですね。
説明したい! そう、その想いはわかります。されど、読者にはやはり負担なわけですよ。文を読むテンポが乱されてしまいます。
今回の長文といってしまいますが、簡略化すると
・ドラゴンと人間の間での歴史
・人間→ドラゴンへの変化の過程
・ドラゴンの生態  とこんなところでしょうか。これを長い文章でまとめてあるわけですね。
 突然ですが、馬野さんは学生ですよね? それならば、当然「この先生の授業わかりにくい」「この先生はわかりやすい」っていうのはありますよね。
これは例えですが、口頭のみでどんどん授業をすすめる先生相手では、なかなか理解が難しくはありませんか?逆に黒板で板書してくれると、図があったり
因果関係がまとめてあったりして、理解する速度は上がりますよね。
 今回の馬野さんの文を普通のテンポで読み進めていくと、前者の「口頭のみの授業」とほぼ同じことになってしまうのです。つまり理解度も悪くなってしまう。
文章ですから、もちろんもう一度読み直せば済むことなんですが、テンポを乱します。
 
かといって、まさか図を書くわけにはいきませんよね。
そこで一工夫必要であることは理解いただけると思います。
 今回は特に、指示語(あの、その)や文同士の因果関係(原因A→結果Bの繰り返しが数行にぎっしり詰め込んである)も複雑ですし、どうしてもそこが気になりました。

最後に、ピンポイントで指摘ですが、『親はそれを拒んだが、国からの指令を拒みつづけることはすなわち死を意味する』から、直前までドラゴン全体での一般論であったのに、急に特定のドラゴンの話に内容がすりかわってきてしまっています。電撃文庫を目指されるという事で、一度送った物はもう戻ってきません。
入念に読み直しはしたほうがいいですね。これからのためにも。

長くなりました。他の点での評価が知りたい場合は、個人的にアプローチしてください。
【配点】
イメージのかみ合わなさ で【1】
長いセリフの難解さ  で【2】
全体のセリフの総合点 で【3】
間違い 【0】
総合して―――(б゜∀゜)б【2点(普通)】!!!
辛めに付けました。新人つぶしと呼ばないで…orz
弓射り コメントのみ 2005年10月23日 22時57分44秒
ちなみに『(ry』は
僕、昨日おねしょしちゃ(以下略  
などで使う『以下略』って意味です。

長くて、きっつーいコメント書いちゃいました。
僕の言ったことが正しいわけではありません。ぜひ凹まずに(いや、それは無理ですよね、ごめんなさいorz)次回作も書いてくだされ。
電撃を目指している人と交流できるサイトに行ってるのですが、「ええ? こんな上手いのにえらい辛口だな!」って作品をいっぱい見ます。
馬野さんが挑むのはそういう所です。歴戦の猛者が集う地獄の合戦場です。
辛口いわれて、凹んでやめてしまう人はそこで可能性を絶ってしまいます。
是非、僕なんか踏み台にしてさらに面白いドラゴニストを書いていただきたいです。
chanyuan2018.08.11 2018年8月11日 13時10分46秒
chanyuan2018.08.11きません
http://www.ysloutlet.us.com
http://www.canadagoose-jacketsuk.co.uk
http://www.canadagooseoutletss.us.com
http://www.shoesbally.us
http://www.uschristianlouboutinoutlet.us.com
http://www.futbol-baratas.com
http://www.cheap-snapbacks.us.com
http://www.pololacostepaschers.fr
http://www.stuartweitzmanshoes.us
http://www.arcteryx.us.com
http://www.canadagooseoutletco.us.com
http://www.cartierjewelry.us.org
http://www.katespade-outlet.name
http://www.nikeoutlets.us.org
http://www.truereligionjeans.co.uk
http://www.hervelegeroutlet.us.com
http://www.michaelkorswallets.us.org
http://www.ugg-bootsclearance.us.org
http://www.coachoutletfactoryshop.us.com
http://www.pandoracharmsoutlet.us.org
http://nets.nbajerseysstore.us.com
http://www.realmadridjersey.us
http://www.adidascrazy.us.com
http://www.airjordanreleasedates.us.com
http://www.outletcanadagoosestores.us.com
http://www.newbalanceshoes.in.net
http://www.poloralphlaurenoutlets.in.net
http://www.49ersjerseyshop.us
http://www.nikeairforce1.org
http://www.truereligion-jeanssale.us.com
http://www.asicsshoes.net
http://hornets.nbajerseysstore.us.com
http://www.michaelkorsoutleok.us.com
http://www.canadagooseoutlet-online.name
http://www.coachfactoryoutletstores.us.org
http://www.birkenstock-outlet.us.com
http://www.raybanssunglasses.me.uk
http://www.golden-goose.us.org
http://www.longchamphandbagssale.us.com
http://www.poloralphlaurenwholesale.us.com
http://www.palladiumboots.us.com
http://www.uggoutletusa.us.com
http://www.uggbootclearance.net.co
http://www.cheapsoccerjersey.net
http://www.basketballjerseys.us.org
http://www.guessfactory.us
http://kings.nbajerseysstore.us.com
http://www.katespadeoutletco.us.com
http://www.toryburchonlineoutlet.us.com
http://www.michaelkorsoutletsales.us.com
http://www.nikedunk.us
http://www.clarks.us.org
http://www.camelshoes.us
http://www.katespadeoutletkate.us.com
http://www.ralphlaurenpascher.fr
http://www.barcelonajersey.us
http://www.vansshoes.net
http://www.balenciagasneakers.us.org
http://www.uggoutlet.ca
http://www.shoeslouboutin.us
http://www.adidas-wings.in.net
http://www.canadiangooseoutlet.us.com
http://www.michaelkorsoutletz.us.com
http://grizzlies.nbajerseysstore.us.com
http://www.christianlouboutinoutletorg.us.com
http://www.uggsboots.ca
http://www.pandorajewelrystore.com
http://magic.nbajerseysstore.us.com
http://www.michaelkorsoutletfactoryshop.us.com
http://www.suprashoes.us.com
http://www.pradashoesofficial.us
http://www.michaelkorsoutletmks.us.com
http://www.raybanssunglass.us.com
http://www.michaelkorshandbagsmk.org.uk
http://www.nikeshoesfree.us.com
http://www.mulberrybagssale.org.uk
http://www.saucony.us.org
http://www.canadagoosejacketsstore.us.com
http://www.fitflops-sale.org.uk
http://www.cheapmlbjerseys.net
http://www.belstaffjackets.us
http://www.airmaxnike.org.uk
http://www.oakleysunglassesorg.us.org
http://pacers.nbajerseysstore.us.com
http://www.coach-outletclearance.us.com
http://www.mbt-scarpe.it
http://www.giuseppe-zanotti-outlet.org
http://www.uggoutletscheap.us.com
http://www.edhardy.us.com
http://www.nfljerseyss.us.com
http://www.airjordan4retro.us
http://www.supreme.us.org
http://www.canadacoachoutlet.com.co
http://www.uggboots-australia.us.com
http://www.michael-korsoutletuk.me.uk
http://wizards.nbajerseysstore.us.com
http://www.nike-airmax2015.us
http://www.reeboktrainers.me.uk
http://www.outlettoryburch.com.co
http://www.michaelkorshandbagss.us.com

名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。