ぱろしょ学園 - ぱろしょ学園 学外職員緊急会議編

弓射り
ついさっきまで、「衝撃! 弓射りは見た! ぱろしょ常連の実態!」を
お送りしようと思ってましたが、自虐度が濃いのと、大したギャグにもなってないのを
考慮し、ぱろしょ学園風にお送りすることに決めました。決めましたから。

まぁ、オフ会だって、結局は内輪ネタだしね(なんてことを・・・
では、ギャグは苦手ですが、お目こぼしよろしくっ!











・2005年12月某日、イカサビ先生と学校さぼって、某所へ遊びにいく弓射り校長

・耳をすませば絡み

・イカサビ先生、給料アップを狙ってゴマすりのため、いやいや参加

・イカサビ先生 「あの人と一緒にいるとほんと疲れます・・・」

・企画段階でのうっかり発言メール公開

・ 『2005 11/15 火 22:37
   To: 技
   Re:(題名省略)
   本文:
   (関係ないため、前半省略)
   来年の春、大学生になれてるはずの僕とまたオフでもやりませう。
   チャット常連さんなんかを誘って(笑                      』


・弓射り校長は、のちに語る

・「あんなこと、書かなきゃよかった・・・」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜








ぱろしょ★学園
         ↑この星マークは最優先事項とする








〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



・2月のケツのこと

・弓射り校長、リアルの大学受験がおわる (※賢明なる読者諸君へ:深く考えないように)

・チャットで「誰かオフ会の幹事やってくれないっすかねー」とへらへら提案

・イカサビ先生 「任す」

シキ理事長 「やれよ」

・チャット室管理人アスト先生 「言い出しっぺがやれ」

・知らぬ間に幹事

・校長は深く考えなかった

・校長 「アストさん、副幹事やってくれませんか〜?」とへらへら提案

・アスト管理人 「メイド喫茶をプランに入れるなら考える」

・情操教育に悪そうなので却下

霧島応援団長の登場

・ありがたいことに、副幹事快諾

・弓射り校長のプラン提出

・霧島応援団長 「話にならん」

・再度提出

・鼻であしらわれる

・しびれを切らして、霧島団長がお手製のプランを作成

・文句をたれる弓射り校長

・撲殺

・されそうになる


・快諾

・日時は3月25日(土)、場所は新宿に決定

・生徒に体裁が悪いので、「ぱろしょ学園学外職員緊急会議」と題する

・(注:当日のプランや詳しい内容は、トピック一覧にある「2006年春 オフ会をしよう!」に記載)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜









   _、_
(三 ,_ノ` )y━・~~~         小休止









〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




・去る3月24日、ようするにオフ前日

・校長が不安のあまり不眠症

・スピーチの内容を考えすぎて死にそうになる

・翌日(オフ当日)

・発熱

・とにもかくにも、新宿へ到着

・りんごを片手に待機

・通行人の目をひく

・通報

・タイホ

・いくらなんでもホリエモンの保釈金、高すぎるよね

・それはともかく

・霧島応援団長がモンスターボールを片手に登場

・投げる

・中から現れた烏丸 蒼一生徒会長

・烏丸生徒会長 「ポケモン扱い!?」

・マスターとポケモンの間で紛争勃発

・校長がスピーチを始めようとする

・無視

・早くもかみ合わない

・弓射り校長が特殊な波長を感じて、空を見上げる

・UFO

・僕はあの日、それを見失わないよう必死で追いかけた。
それを見失ったら、また単調な毎日の繰り返しへ戻ってしまうのではないかと思った。

・UFO 「イカサビ先生、シキ理事長、シェリングフォード図書室司書 が駅東口でお待ちです」

・校長は走る

・東口には誰もいない

・社会への不安

・ドッキリ

・要するにドッキリ

・度津気理

・校長がデスノートを手に入れた暁には、一番最初に「イカサビS」の名が刻まれるであろう

・4人そろったので、応援団長と生徒会長に合流

・再び『出会いの訓示』(原稿用紙1万枚分)を喋り始めようとする校長

・無視

・職員(理事長含む)と校長の間には大きな壁があるようだ

・リコールの日も近い

・落ち込む校長の前にどこでもドアが現れる

・大山ノブ子「ぼく、ドナえもんですぅ〜」

・明らかにパチモン

・校長「ああ、僕を別の世界へ連れてってくれるのか・・・」

・実はアスト先生の変装

・アスト先生 「あの世へだったらいつでも連れてってやるよ」

・校長の心はボロボロだ

もう期待はしないよ絶対になんて言わないよ絶対に〜♪

・そう歌いながら、唐突に空からふってくるやまけん先生

・上にのってるのはビビンバ先生だ!(V字型水着装着済み)

・JASR○Cが許諾したかどうかは怪しい

・シキ理事長「二番煎じと名付けたのはお前達かぁあああああああ!!!」

・地雷をばらまく

・やまけん先生 「キレてないっすよ、キレてないっす。俺キレさしたら大したもんだあぁぁぁぁ・・・ー」

・お笑い番組の見すぎ

・どーん

・爆着

・新宿住人の目をひきすぎるメンバー

・霧島応援団長 「と、とりあえず場所を移動しましょう」

・そこらで普通の服を調達し、ビビンバ先生に着せる(中身は意地でもV字型水着)

・校長「タイムズスクエアまでご足労ねがいます」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜








   _、_
(三 ,_ノ` )y━・~~~         小休止









〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




・(※新宿駅東口とタイムズスクエアは正反対の方向です)

・シキ理事長 「いやぁ〜、男ばっかりですねぇ〜」

・烏丸生徒会長 「そうですねぇ。りん先生がいれば華があったんですがねぇ〜」

・やまけん先生 「そうですねぇー、いやはやまったく、うっしっし・・・」

・シェリングフォード司書 「そ、そういう話はやめたほうが・・・でも、そうですよねぇ」

・いやらしい会話をするメンバー

・りん先生には悪口、セクハラを感知して、不届き者に雷を落とす能力があるのだ!

・天罰

・全員黒こげ

・ビビンバ先生にV字型の日焼け跡ができる

・タイムズスクエアに到着

・土曜なので、あふれかえる人の波

・シェリングフォード司書 「人がゴミのようですね」

・ムスカが憑依中

・やまけん先生 「幹事幹事! こういう時に迅速に動かなきゃダメだよ!」

・その通りです

・とはいえ、どこも満杯

・食事はできないけど、テラス発見。とりあえずそこに移動

・一応、事前に見つけてました(←自慢

・やまけん先生のもってきたパンで空腹のメンバーは腹ごなし

・やまけん先生「ちょ、まるで飢えたる獣だな・・・」←傍観

・ガルルルルルルルルル・・・

・イカサビ先生が謎の薬液で獣化したメンバーを気付けする

・経験者A氏の後日談 「まるでドリアンのような臭いでした・・・」

・校長が自己紹介を提案(読者の皆さんへ:深く考えないように)

・当日の席並びを公開


       
  / ̄\ / ̄\     ※それぞれの方の先頭文字です
  |    ||   |     シキさんは「シ」で、シェリングフォードさんは「シェ」です。
  \_/ \_/
       シェ



・たしか弓射り校長からはじまって、時計周りに・・・

・自己紹介終了 ←内容はよく憶えてない

・ジュースなどを買いつつ談笑

・ビビンバ先生、ソマソマエポエポの復活を校長に要求

・弓射り校長 「あぁ、いいんじゃな〜い?」

・復活決定(←いい加減)

・霧島応援団長、我慢できずにテラスにいた一般人の子供に宣戦布告

・「ゲットだぜwwwwww」

・いやがる烏丸生徒会長

・シェリングフォード司書を無理やりバトルへ投入

・善戦

・アスト先生「よくやったな小僧。あとは俺様に任せな」

・アスト先生出陣

・ルール違反

・イカサビ先生の作り置きの薬品が爆発し、バトルの結果はうやむやに終わる

・被害者S氏後日談 「なんだか鼻の穴でドリアンを爆発させたような臭いでした」

・霧島応援団長が、時間的にぎりぎりなことに気付く

・幹事の失態 ( ´∀`)ゞ  えへへ・・・

・全員からリンチにあう

・ぼろぼろになりながらも校長が「自己紹介終了の辞」を述べようとする

・霧島応援団長 「時間が押してるんですよ、校長?」

・半ギレ

・それは俺の役目だと抗議するやまけん先生

・構わず続けようとする弓射り校長

・再び惨劇

・気付けば午後2時 (※予定では1時半まででした)

・いざ、新宿歌舞伎町にあるコパボウルへ

・若干一名が引きずられながら行く

・最初から(特に弓射りの行動が)前途多難なこのオフ・・・






一体、どうなってしまうのかっ!?(ガチ○コ風のナレーション)








――――――――――――――――――――――――――――――――――――
仮のあとがき

といったところで、前編を終わりにしたいと思います。
ボウリングは後編から。
なお、ボウリングから唐突に細かい記述がなくなりますが、不肖弓射り、
体調不良により、周りがよく観察できていないためです。
この作品は、おおまかなノンフィクションに面白くするため(あまり面白くなってないけど)
脚色を交えてお送りしていることをご承知置きください。
後半はもっと脚色だらけです。

             弓射り(スズケン)

後書き

申し訳ない、申し訳ない、申し訳ない、申し訳ない、申し訳ない、申し訳ない・・・

この小説について

タイトル ぱろしょ学園 学外職員緊急会議編
初版 2006年5月6日
改訂 2006年5月6日
小説ID 705
閲覧数 1680
合計★ 33
パスワード
編集/削除

コメント (14)

★蓮打 2006年5月6日 16時56分01秒
私は行っていないですが、おもしろーい。箇条書きのおもしろさを再発見。しかしこの作品の次に投稿しようと考えていたのですが、やりづらいですな。V字型水着。
★W.KOHICHI コメントのみ 2006年5月6日 17時48分04秒
実は地理的に東京に近い場所に住んでおり、かつ、当日は暇だったため、オフ会への参加は可能だったがしかし、敢えて行かなかった私はあながち間違ってもいなかったらしいという事がこの作品で実証されたのではなかろうか。
この続きを書いてみたい気はするが、それは参加メンバーにどなたかに託すとしよう。
というか,頑張れ弓射りさん。
★くるぶし! コメントのみ 2006年5月6日 19時33分12秒
マジですかこれ!?マジでか!?行きたかった……

てかところどころマジですか?V字水着とか
★シェリングフォード 2006年5月6日 20時45分34秒
 図書室司書・・・・・・なんて良い響き。
 しかしこれは結構あってますよ。僕は高校では3年連続図書委員なので。弓射りさんは人を見る目がありますね。

 今思うと新入りの僕が良く参加できたなぁと思います。自己紹介なんて何故かトリになってしまって緊張して何も言えませんでしたし。新入りなのにトリって。普通ならビビンバさんかやまけんさんがすべき事なのに(泣き

 後編も楽しみにしています。(特に僕の活躍を・・・・・・
アスト 2006年5月6日 21時54分55秒
微妙に酷い扱いのような気もするけど笑えるので気にしない方向で・・・・・・
★霧島 コメントのみ 2006年5月6日 22時03分54秒
何かが違う気がするwwwwwwww
★シキ コメントのみ 2006年5月6日 22時45分11秒
いや、ちょ、何かおかしいだろ?!wwww
むしろ誰も突っ込まないことに感服。むろんワシもw
★馬野鹿麻呂 コメントのみ 2006年5月7日 0時09分01秒
「来る年は行こうか。否、行けるはずもなし」←心の中のつぶやき
学生と大人って、地位的に一長一短ですよね。
★イカサビS コメントのみ 2006年5月7日 0時24分51秒
え、待って、突っ込めと?!(ぇ

・とりあえず大活躍(おもに薬害)してるので余は満足じゃ。
・この調子で次回も
・弓射り校長「前半活躍した分、後半はいいよね」
・マヂですか。
・何も言わず不敵な笑みで去る校長
・イカサビ先生は旅に出た

・後日、樹海にて迷子になっているところを保護される
・オチなし
ぱろ学風に感想(?)でした
★ひかる 2006年5月8日 0時29分12秒
ギャグは苦手だなんて、とんでもない。面白かったですよ。
オフのレポートに限らずぱろしょ学園シリーズを増やしてくださると嬉しいです。

それにしても、行かなくて良かった・・・・・・。
<ひかる まぜるなきけん 有毒ガス「きまずいくうき」がはっせいします>
★りん コメントのみ 2006年5月8日 22時20分48秒
ふん、この一般庶民どもが!このっ!バリバリバリ…(雷落とし)
てか、りん、何様!?(^^;)

なんかりんが居ない間にしっかり何かが起こっていたんですねっ。
てかー!
いやらしい会話って…セクハラって…悪口って…。
りん、何を言われてたんかしら(どきどき)

後半が楽しみ〜♪
★冬野 燕 2006年5月15日 17時50分30秒
りんご、とモンスターボール。
……新手の連想ゲームですか!?

まぁ、街中でりんごを持っていたら怪しさ全開ですよね。
食べるならまだしも……むしゃむしゃ。
本当にりんごを持って立っていたのなら、ものっすごい度胸ですよね!
すいません、食い意地を張ってしまってw
★ビビンバ吉田 2006年5月28日 19時33分34秒
後半まだカナー。
待ってます。
V字型水着装着で。
匿名 2017年3月5日 12時07分01秒
名前 全角10文字以内
コメント 全角3000文字以内 書式タグは利用できません
[必須]

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。