みんな日記

日記的な内容を延々と書くためのトピックです。
雑談のネタにすらならない些細な出来事や独り言大歓迎!
みんな日記には誰でも書き込めます。
なんでか

なんでか…よく分かりませんが、最近よく先生に指名?されます。

今、学校の保体の授業でクラス全員リレーでタイムを計ったりしてるんですよ。
それでもって、男女代表各4名、グラウンド2周のタイムをリレーでクラス別に競おうみたいな。そんなのがあったんですよ、今日。
女子の代表3人はすんなり決まったんですけどー……。最後の一人が決まらないで、結局、先生に指名されました。しかも何故かアンカー。
更に、先生は私が吹奏楽部と言うことを知っていると言ったのにアンカー。酷ですよね。

あとは、英語の時間にも「じゃあ、理解してそうな白さん。この英語の意味は??」

国語の時間にも「ディベートは…あと一人いるんですよねー…。じゃあ、白さんいきましょう」

音楽の時間にも「白はなんやかんやで音程取れてるから、パートリーダー、任せますよ」

数学の時も、技術の時も…。数えてみればキリがありません。
一体、私に何があるというのでしょうか。どれほど目を逸らしても当てられます。目を合わせても当てられます。毛を抜いてても当てられます。黒板と睨めっこしてても不意打ちを食らいます。

……そんなに当てやすいんですかね、私。
………そんなに当ててほしそうに見えるんですかね、私。


P.S. 的なモノ。

チャットになりすましが出てたようです。友達が自首してくれました。
PC開きっぱ&友達放置で長電話してたことが間違いでした。本当にスイマセンでした。えぇ、一番責任があるのは私ですし。
なので、もし。もしですよ、そのチャットの変な『白林檎』による書き込みを見た方…。不愉快な思いをさせたかと思います。本当にスイマセン!!!!

★白林檎 2010年11月10日 20時10分27秒
Noviembre



この時期、思うことは沢山ある。
勉強・部活・学校生活…そしてあのいろんな思いが詰まった真っ白な紙。
小さい頃はあんな紙切れに書くのが好きだった。
今は残念ながら好きにはなれなくなってしまった。
なぜだろう。

小さい頃は好きだったのに、
いつの間にか好きではなくなったものはいくつあるだろう。
小さい頃のほうが好きなものが多かった気がする。
何も考えないで生きていた気がする。
果たして今はそんなに自由に生きているだろうか。
あぁ、戻れる事なら戻りたい。
あの生き生きとしていた時代に――――


Noviembreはスペイン語で『11月』です。
何が言いたいか分からんですか?私が言いたいのはこの時期の事。







そう、この時期はテストの期間。


…実に悪夢だ(゜д゜)

★亞華羽 2010年11月9日 17時59分39秒
ワンピースフェア

題名どおり、セブンイレブンでワンピースフェアとやらが行われているんだが、一つ気になった点がある
フランキーのグッズだけ売れ残りすぎ
ルフィやらゾロ、チョッパーなんか人気の高い奴らのグッズはすでに品切れ状態なのだが、ウソップ、骨アフロなんかのグッズがちらほらと売れ残っていたりするのが見受けられるわけで
しかし、その二人を上回る売れ残りっぷりを見せつけてくれるのがフランキーなのであった
具体的な例で言うと、商品のペットボトルに各キャラクターのフィギュアキーホルダーが付けられていたのだが、おそらく百本近くあったペットボトルのうち、売れ残っていたのがロビン一本、ウソップ二本、骨アフロ三本
そして、我らがフランキーが九本だったわけで
下手すると一本も売れてなかった可能性も……
ぼくは思った
フランキーが変態じゃなくて、もっと若くりりしい上品なイケメンだったら、売れ残ったりしなかったんだろうなーって
ははは、そんなフランキーなんて死んでもお断りだけどね
といった感じのモンキートークなのであった
眠くて最後適当だけどさ

★鷹崎篤実 2010年11月6日 6時09分12秒
Dear:せんべいさん

確かに、この画面上の言葉だけを見たら軽く感じてしまうかもしれませんね…。
私はせんべいさんのように余命宣告をされたことはありません。
ただ、私の友達が余命宣告を2ヶ月ほど前に(ちょうどせんべいさんと同じ時期に)されました。
助かる事のない病だったらしく、宣告はわずが1ヶ月でした。
彼女は必死に生きようと笑顔で居ました。
私は何をするにもできなく、ただただ彼女の話を聞いてあげることかできなかった。
そして、先月の中旬に彼女は静かに息を引き取りました。
私はその場に立ち会うことができなかった。
まさかその日に先に逝かれるとは思ってもいなく、いつもどうりに学校に行って部活をして…
そんな私にとって当たり前のことをしている間に彼女はこの世から消えていたんです。

私は彼女に最期の言葉すら言ってやる事ができなかった。
だから、届かなくても、この場を借りて彼女への言葉を送りました。
彼女に伝わらなくとも、残された私は少なくともこの思いを胸に生きていこうと思いました。

もし、命を絶とうと悩んでいる人がいるならば私のを読んでから考えてもらいたいですね。
…なんか自分で言ってすごい恥ずかしいですけど。

せんべいさんはお体が弱いのですか?
今は季節の変わり目…といってももう冬のような気温ですけれど、お体にお気をつけてくださいね。
皆さんも、風邪には十分お気をつけて。

★亞華羽 2010年11月5日 19時23分16秒
お騒がせして申し訳ありませんでした。

少し頭に血が上りすぎていたようです。
弓射りさんを始め、多くの方に不快な思いをさせてしまった事を深くお詫び申し上げます。

この日記の書き込みを消したかったのですが、こちらからは消せない事に今気付きました。
もし気付かれましたら、管理者様には私の前回の日記を消して頂けるようお願い申し上げます。

★流魂 レム 2010年11月5日 0時38分23秒
世の中酷いよね



>亞華羽さん。
いつまで生きられるのか知ったこっちゃない とありますが、
余命を宣告されたことはありますか?
やばいよ、あの絶望感は。
2か月ほど前に大病で手術したり大変で、奇跡的にこうして生きてられますけども。
脳も病気でやられて、右半身がちょっとした麻痺で、声もほとんど出なかったりするんですよ。
これで前向きに生きるのはなかなかしんどいです。
スポーツもできず、この文章も左手の人差し指で頑張って打ってますw
あなたの先の記事は正しいことが書かれているとは思いますけども、なぜかどうしても言葉が軽いように感じてしまうのです。
だからどうしろって言う訳でもありませんけど。
死で逃げたくなる状況を経験すると、やっぱり必然と軽く感じてしまうのかもしれませんね。
こういう人がいるんだー、ぐらいに捉えていただけると嬉しいです。


世の中酷いといいますと、
僕は部活の顧問が飲酒運転しやがって懲戒免職で、休部1年。
1年後は最後の夏が終わってるので、退学して転校するっていう悲劇があったのですけども、(その後に病気ってどんだけついてないねん、俺)当時の部活のライバルも転校したというニューが地元新聞に掲載。
彼は僕と近畿大会の決勝を争ったりして、ライバルと同時に友人でもあったのですが、この度顧問から体罰を受け、精神的に折れてしまい、転校を決めたんだとか。
顧問は懲戒免職。竹刀で尻や腕、腰を何度も殴られたそうです。
未来ある選手を、こうして潰してしまう理不尽さに僕はもう怒りというよりも呆れを感じたね。
そんなことがある世の中ってどうなんだろう。
体罰なんて、僕の事例よりもっとひどいことだと思ったり。
いや、多少の体罰は僕は必要だと思いますが、それによって追い詰められていることも計算に入れて実行に移すべきなんじゃなかろうか。
不信になるよね。世の中酷いっす。

★せんべい 2010年11月4日 22時03分43秒
La vida


果たして、私は何処まで生きられるのだろう。
そんなこと、知ったことではない。
知っていたら今と違う人生を歩んでいるだろう。

私は明日、死ぬかもしれない。
もちろん死ぬつもりは無いけれど。

生命を預かる事はとても奇跡的なこと。
人そのものが奇跡そのもの。
こうして、この場で、皆さんと話が出来る事も小さな出来事だけど、奇跡なのです。
出会えたこと自体、奇跡なのです。


私は明日、生きれるかもしれない。
もちろん生きるつもりでいるけれど。

生命を落とす事はとても残酷なこと。
生命を預かる時間は長いけど、失うのは一瞬の事。
皆死にたくて死にたい人なんていない。
死で逃げる事は人生の負けだと思う。

果たして、私はどこまで生きられるのだろう。
そんなこと、知ったことではない。
でもただ1つ、分かる事は――――

ひたすら生き抜いて、人生という道を歩む事。

La vidaはスペイン語で‘生命’という意味です。
貴方のするべきことはなんですか?

★亞華羽 2010年11月4日 20時57分14秒
最近よくあること

俺のターン、ドロー!!
…………くっ、ターンエンドだ!
なにがなんなのかわからない人にはすみません

最近、カードゲームの人口が増えてきてて、古参の立場がないんだよね
あと、オナニー発言はさすがにやめてほしいと思った今日この頃なのでした
オススメの本はセルフです
新訳涼宮ハルヒの憂鬱といっしょによろしく

★鷹崎篤実 2010年11月4日 20時55分11秒
返答

まずは、不快な思いをさせてしまいすみませんでした。

ご指摘のことですが、あの作品のコメント上で指摘しなければ、他にどこで指摘できるんでしょう?
投稿者本人じゃなければ指摘できないというのは意味がよくわかりません、すみません。
過去にも同じような内容の指摘をさせていただいたのですが特に問題になったことも文句を言われたこともありませんので。

言葉の調子が強かったことと名指ししたことにに問題があるのなら、謝罪します。申し訳ないです。
たしかにもっと良いやり方があったように思います、不快な思いをさせてすみませんでした。
知識をひけらかしてるように見えるんでしたら残念です、ただ流魂さんも「言葉」で勝負してる方でしょう、
知らない、間違うのは罪ではありませんが、そのように「穴を探してる」と受け止めるのはどうなんでしょう。
ま、それこそお言葉の通り「余計なお世話」だと思いますが。

あと最後の3行ですが、ご自分の評判を下げるだけなのでやめたほうがいいと思うんですが・・・まぁ、また
余計なお世話ですね。失礼いたしました。流魂さんの作品は昔からたまに拝見してますので、これからも楽しみにしてます。

他に何かありましたら、掲示板をこれ以上汚すのもアレなので、yumiili@hotmail.co.jpのほうにメールしていただけるとありがたいです。

>流魂さん 2010年11月4日 19時33分49秒
弓射りさんへ

そうですか。
すみませんね、馬鹿で。

“韻を踏む”の意味を履き違えていた事は謝ります。
が、それを“人の作品のコメント欄”にて指摘するのは如何なものかと思いますよ?
投稿者本人が私に指摘するなら兎も角。

私は別にあなたの言葉なんて求めてはいません。(少なくとも人の作品上では)
何故そんなに上から目線なのですか。
私とあなたは何の係わり合いもないというのに。

人なら誰だって間違いを犯すものでしょう?
あなたは違うというのですか?
全ての言葉、文法に対して間違った捕らえ方をしているものはひとつもないと?
それは凄い事ですね。

例えば数学の問題に「円周率が3以上であることを証明せよ」という問題があります。
この問題、解法さえ知っていれば小学生でも解ける問題なのですが、この問題の解き方を誤ったからといって、貴方は適当な事を言わないで欲しいというのですか。
間違った覚え方をすることは誰にだってあるでしょうに。

貴方のやっている事は自分の知識をひけらかしたいが為に穴を探しているだけに過ぎません。
間違った事を指摘するなという事ではありませんよ。
ただ、場所を考えてくださいというだけで。

ここはあなたのオナニーの場所じゃない。
はっきり言って余計なお世話です。
取りあえず、人付き合いの何たるかをお勉強してから来て下さいませ。

★流魂 レム 2010年11月4日 13時08分42秒
お初です

えっと。初めまして、白林檎です。
名前呼ぶのが何となく面倒臭かったら、どうにでも呼んでください。

私は主に…実話of詩でいくかと思います。あ、でも創作…いえ、妄想は好きなので、普通のヤツも投稿するかと。

ちなみにデビュー作も投稿したので。よければ、辛口でもつけてあげてください。
自分で言うのもアレですが、割と従順かと思うんで。
たまに反感を抱きますが、言わないのが白林檎式です。

…最後の一文あたりは冗談ですよ、冗談(ケラッ

まー、こんなキャラが定まらない変な奴ですが宜しくお願いします。

ちなみに、私がどんなキャラなのか、分かり次第教えていただくと幸いです。

★白林檎 2010年11月2日 21時44分37秒
…!?

弓さんが…っ気に入ってくれてたなんてっ!!!
びっくりして嬉しくて恥ずかしくてなんかもう駄目です。
見間違いかと思いました、最初。
いやでも、あんな昔のもの、そう思って推していただけたなんて、もう昇天ものです!
ありがとうございます!!!!!!

あ、まだ頭混乱してる!

★ 2010年10月28日 2時23分51秒
夢について

夢はいっぱいありますよ。
南アメリカに取材旅行、行きたいです。
空中都市を見たいんですよ、直にこの目で。
それから、作家になりたいです。
もう20年以上追いかけてます。
そして、出来れば一生、子供たちと関わっていたいです。
合宿所とか学生寮とか。
彼らの話を聞きながら腹いっぱいメシを食わす。
……改めて文字にすると、変な夢ですね〜。

★アクアビット 2010年10月27日 12時06分59秒
おひさしぶりさしぶりです(え?

こんばんはw

なんかテンションもよーわからん私ですが、
小説、4か月ぶりに書きましたw

若干酒気も入って上がり気味な私の文章。


しかし、

どうして自分でも展開が脱線してしまうんだよぉぉぉ!!




好き勝手書いて……なんなんだって言う……





ま、いっか。

★際限なき戯言の女史 2010年10月24日 20時05分59秒
Un rêve


フランス語で『夢』って意味です。


――――貴方の夢はなんですか?
そう聞かれたらなんて答えるんでしょうね。
まぁ将来の夢はこれでもちゃんとありますよ?笑
小さい頃は絶対叶うって思ってたのに、現在ではそんな欠片が消えていく毎日。
まるで、小さなオルゴールの音が壊れて消えてくみたいで。
小さい頃は現実なんてみないで‘夢’だけ見てたんでしょうね。今はそうもいかないものですね。
勉強とかが結構いい例ですよね。
今を見ないで先の未来だけ考えて、結局まじかになってから急いでやるみたいな。
で、結果はよくないって越智ですよね。
でも勉強はいつでも折り返しが付くけど、夢ってのはそう簡単にはいきませんね。
ここ最近そう考える事が多くなりまして。
ま、だからといってどうこうなる話ではないけれど。

でも、私は諦めたくないですね、‘夢’を。
諦めたらそこで終わりです。全部、終わってしまうのです。
そうしたら、もったいないじゃないですか。
たった1回しかない人生だし、オリジナルでいきましょう。

もう一度聞きます。




――――貴方の夢はなんですか?

★亞華羽 2010年10月23日 18時25分04秒
すこし。

風邪引きました。
学校早退しました。
今年二度目。

如何して風邪ってしつこいんでしょうか?
喉が治ったと思えば今度は鼻に来るし、治ったと思えば今度は頭痛…いたちごっこです。

授業進み過ぎてなくて良かったです。いえほんと。

その所為か頭の中にストックしてた長編のストーリーが吹っ飛びまして。長過ぎてメモする気にもなれていなかったのですが、やっぱりメモって大切だと感じましたね。皆さん、風邪に気を付けて下さい。

★井坂空 2010年10月23日 9時48分54秒
なかなか

最近投稿していませんでしたが…。
その間にもたくさんの作品が出されてて、みなさん凄いなぁと思いつつ。

なかなかいいものって仕上げることが出来ませんね。
「いいものを書こう」と思うとどうしても薄っぺらいものになってしまって…。

難しいですね。

まぁ文才のない人間の言い訳ですが←

★刹那 2010年10月15日 17時43分48秒
☆依頼☆

お久しぶりです。
私の事なんて覚えてる人いませんよね……。
突然ですが依頼です。

題名<  >←ご自由にどーぞ

story(名前も自由に考えてください。和風洋風アレンジも52『ご自由に』)

とある大陸の大国には、強大なる王がいた。
王は恐れるものを知らなかった。
軍の会議で突然、王は恐ろしい事を言い出す。
「●●を攻める」
●●は<忌まわしき聖域>という矛盾した名のつけられた土地。
そこに棲むのは、姿さえ見たことのない民。
そこには邪術が存在されるとされ、手に入れたものは覇者となるという、吟遊詩人の有名な唄があった。
しかし、そこに攻めこんだものは姿をみる間もなく、死体さえ残さずに死に、軍は全滅している。
王はそこに攻め込むという。
そもそも、その大陸の宗教として、光の神々と影の神々がいるとされていたのだが、●●が信奉しているのは影とされ、王の治める国では光を信奉している。
光側からは、影は悪とされ、影側からは、光は偽善とされていた。
王はそれを大義名分に、実際は力を手に入れるために攻め込むというのだ。
そして、王はついに●●に攻め込む。
王は奇抜な策をとり、●●は滅びる。
しかし、王は何の力も得ず、狂い死ぬ。
大陸には光を信奉する者しかいなくなり、理のバランスが崩れ、人々は苦しむ。
100年後―――。
王の子孫は、未だに国を支配していたが、国は滅びの瀬戸際にある。
ある日、子孫のところに<世界>となのる者が来る。
世界を境に、この世には光と影があるのだと、<世界>は言い、影はあるべきだという。
起こった子孫は、<世界>を打ち首にした。
<世界>は今際の際に言った。
「汝は怒る。我を殺す。だが許してやろう。
 汝は滅びし民人と逢う。民人と汝の産物がこの世を救う。」
それまで生かしてやろう。と<世界>は言って何かを子孫に与えた。
子孫は暗殺者に刺されても、毒を飲まされても、死ななくなった。
子孫は怪しみながらも殺した<世界>を少し信じるようになる。
そして、時が経ち、子孫は若々しい姿のまま年だけを取った。
子孫は自分の姿がいやになり、臣下に<滅びし民>、●●を探させる。
●●の末裔である女性が見つかり、子孫は無理やり●●の末裔を自分のものにする。
そして、●●の末裔が王の子を産むと、子孫は塵と化して死んだ。末裔も、産褥で亡くなる。
二人の産物、子どもは子孫の遺言で一応、王宮にて育てられる。
子どものAが13歳の少女と成長したある日、王の座を引き継いだ子孫の弟が、Aの命を狙い始める。王の側近たる敬虔な光の信奉者が、なんでも、光の神々の予言を受けたというのだ。(おそらくウソか、幻か、神じゃなくて悪魔にだまされたか)
弟は<世界>の言葉を信じておらず、影と光の混血であるAを殺そうとするが、Aは王宮から逃げ出した。
逃げ出した森の中で、Aは子孫が殺したはずの<世界>に出会う。<世界>は血まみれだったが、Aは不思議と怖くなかった。
「汝は理の均衡を取り戻す。」
Aは王の手から逃れ、世界を救うために旅に出る―――。


的な感じです。
結末とかどうなっちゃってもいいし、物語の骨だけ残してくれれば、性別とかも変えちゃってくれていいです。
和風洋風も問わず。
生粋のファンタジーということで。
だれか書いてもらえないでしょうか。
よろしくお願いします。
私はなかなか書けなくて……。
連絡は、このトピックにお願いします。
複数名いらっしゃる場合は、その方の作品を見て決めるか、それともそれぞれの方に同じ物語の骨からどう変化していくのかを、読んでみるのもいいかなと思っています。

しつこいようですが、よろしくお願いします。

★早房 翡翠 2010年10月14日 11時29分58秒
零の軌跡

激・お久しゅうございます(^^;;
何だかんだでしぶとく生存していた『歩く化学兵器(マテ)』のtakkuりばーすです。

……久々の生存報告でこんなテンション(しかも朝っぱらから)ってのもどうかと思うぞ自分orz


それはまあさておき、先週の金曜日に待ちに待った『英雄伝説 零の軌跡』が某通販ショップから届きましたーーー(≧ω≦)!!
前作・空の軌跡の続編に当たる本作は重厚なストーリーとテンションアゲアゲなBGMはもちろん、魅力的(クセが強いともいう)なキャラクターが数多く出演しているのが一番のポイント。
特に今作の主人公達は警察官ということもあって事件の推理なども行うことがあり、推理モノが好きな方にもオススメです。

……日記でわざわざ宣伝することでもないだろうに自分orz

★takkuりばーす 2010年10月7日 7時17分59秒
無題

職場の雰囲気に嫌気がさして退職。
次の仕事につくまでの合間に、東京から鹿児島までママチャリでいけるか試しました。

職務質問受けること二回、寝不足で道の端で寝ていたら救急車呼ばれそうになったこと二回。
静岡の自転車歩行者に優しくない1号線、
関ヶ原越え、がんばりました。
姫路-岡山間の国道2号線、尾道-広島間の国道2号線、こわい。

ネットカフェを渡り歩いて、雨の日もカッパを着て進んだのですが、諸々の理由で山口県は岩国で挫折。
金と時間、それに伴う精神的ゆとりがあれば、と思います。
一日1万円、片道で15万は必要ですね。
宝くじ二億円当たったらまたやるぞー(をい)

私が前に書いたカキコ消えている。なんでだろ。

それにしても、せんべいさん、退院できてよかったですね。
無理しないでくださいね。

★水原ぶよよ 2010年10月1日 10時37分27秒
≪< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 >≫
名前 [必須]全角10文字以内
タイトル 全角50文字以内
コメント [必須]全角3000文字以内

書式タグについて...(新しいウィンドウで開きます)

※このボタンを押すと確認画面へ進みます。